1/9(土)・16(土)・23(土)・30(土) 2021年1月のウィークエンド・シネマ

 

毎週土曜日午後2時からの映画上映会。2021年1月は、特別展開催にあわせ、映画「命のビザ」を上映。1940年、ナチスドイツとソ連が対峙する、戦乱の北ヨーロッパ。リトアニアで追い詰められていたユダヤ難民の唯一の希望は、日本通過のビザ。日本領事・杉原千畝は本省や周囲の反対をおして、ビザ発行を決断。極限状況の中、人にあるべき道を実行した日本領事のドキュメンタリードラマ。


期間: 2021/1/9(土)・16(土)・23(土)・30(土)
時間: 14:00(終了時間は上映作品により異なる)
会場: ピースおおさか 1階講堂(大阪市中央区大阪城2-1)
料金: ピースおおさか入館料 大人¥250、高校生¥150、中学生以下無料(各日定員140名、当日先着順)
問 : 06-6947-7208(ピースおおさか)
URL: http://www.peace-osaka.or.jp

1
8/1~ 美神降臨~≪復活(ルネッサンス)≫の時「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」初出品
8/1~ 美神降臨~≪復活(ルネッサンス)≫の時「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」初出品
8月 1 – 12月 14 全日
8/1~ 美神降臨~≪復活(ルネッサンス)≫の時「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」初出品
天災、疫病、戦禍…。人間の歴史は、多くの苦難を乗り越えながらいかに「生命の輝き」を実現させるか、その試練の集積でもある。人々はそこに美術・藝術を通じて奇跡を求め、その力を信じたのである。 この度、絹谷幸二天空美術館が全人類へ贈る大いなるメッセージ《復活》。疲弊した人心に勇気を与え、森羅万象が千変万化する豊饒なるイメージ世界へ万人を誘う。初出品の旋廻する巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」堂々の降臨! 期間: 2020/8/1(土)~12/14(月)※火曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館) 時間: 10:00~18:00、金曜・土曜・祝前日は10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで) 会場: 絹谷幸二 天空美術館(大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビルタワーウエスト27階) 料金: 大人¥1000、大・高・中学生¥600、小学生以下無料 問 : 06-6440-3760(絹谷幸二 天空美術館、開館時間内) URL: https://www.kinutani-tenku.jp/
8/29~ 令和2年秋季展「国焼茶碗はおもしろい ‐茶人たちが採り上げた各地の茶陶-」
8/29~ 令和2年秋季展「国焼茶碗はおもしろい ‐茶人たちが採り上げた各地の茶陶-」
8月 29 – 12月 13 全日
8/29~ 令和2年秋季展「国焼茶碗はおもしろい ‐茶人たちが採り上げた各地の茶陶-」
わが国で焼かれた茶碗、とりわけ各地方の地名や窯名をとって呼ばれている茶碗「国焼茶碗」。その魅力は、日本各地に存在する窯のそれぞれの成り立ちによる多様性である。本展では、茶人に愛された国焼茶碗を中心に、茶道具・懐石道具をおよそ50点を展示。喫茶の歴史とともに花開いた国焼の数々を楽しもう。 写真:高取焼沓形茶碗 期間: 2020/8/29(土)~12/13(日)※月曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館) 時間: 10:00~16:30(入館は16:00まで)、9/4(金)・10/2(金)・11/6(金)・12/4(金)は19:00まで開館(入館は18:30まで) 会場: 湯木美術館(大阪市中央区平野町3-3-9) 料金: 一般¥700、大学生¥400、高校生¥300 問 : 06-6203-0188(湯木美術館) URL: http://www.yuki-museum.or.jp/
9/3~ 山王美術館 秋・冬季コレクション展2020 人びとの生活を彩る愛おしい生命たち「いきもの展」
9/3~ 山王美術館 秋・冬季コレクション展2020 人びとの生活を彩る愛おしい生命たち「いきもの展」
9月 3 2020 – 1月 31 2021 全日
9/3~ 山王美術館 秋・冬季コレクション展2020 人びとの生活を彩る愛おしい生命たち「いきもの展」
山王美術館収蔵品のなかより、「いきもの」が描かれている作品ばかりに焦点を当て、その魅力を伝える展覧会。私たちの生活に様々な形で溶け込み、深い愛情や潤い、彩りを与えてくれる「いきもの」を描いた作品を、真正面からとらえた「ザ!いきもの」や、これ、どこにいきものいるの?と思うような「風景の中のいきもの」など10のテーマに分けて展示。いきものの愛らしい姿、表情はもちろん、画家のいきものへのまなざし、感性、技法の多様さなどを見比べて鑑賞しよう。 期間: 2020/9/3(木)~2021/1/31(日)※月~水曜(祝日は開館)、12/28(月)~1/1(金祝)休館 時間: 11:00~17:00(入場は16:30まで) 会場: 山王美術館(大阪市浪速区湊町1-2-3 ホテルモントレグラスミア大阪22階) 料金: 一般¥1000、大高生¥500(中学生以下、保護者同伴に限り2名まで無料) 問 : 06-6645-7111(ホテルモントレグラスミア大阪代表) URL: https://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum/
9/18~   北加賀屋の美術館によって マスクをつけられたモナリザ、さえも
9/18~   北加賀屋の美術館によって マスクをつけられたモナリザ、さえも
9月 18 – 12月 20 全日
9/18~   北加賀屋の美術館によって マスクをつけられたモナリザ、さえも
ゴッホの肖像画に扮するセルフポートレイト写真「肖像/ゴッホ」(1985年)以来、 国際的に活躍している森村泰昌の私設美術館、モリムラ@ミュージアムの企画展第4弾が開催される。展覧会タイトルは、20世紀以降の美術史に大きな影響を与えたマルセル・デュシャンの代表作から着想を得たもの。 本展はパロディや遊びの要素を含みつつ、新しい生活様式、今世のなかで起こっている事態を冷静に見つ直した時に感じられる「異常性」をテーマとしている。 © 2020, MORIMURA-AT-MUSEUM 期間: 2020/9/18(金)~12/20(日)期間中の金・土・日曜日のみ開館 時間: 12:00~18:00 会場: モリムラ@ミュージアム(大阪市北加賀屋5-5-36 2階) 料金: 一般・大学生¥600、中高生¥200、小学生以下無料 問 : morimuraatmuseum@gmail.com URL: https://www.morimura-at-museum.org/
9/19~ 逸翁美術館2020展示Ⅲ「歌舞伎の中の女たち -姫・妻・悪女-」
9/19~ 逸翁美術館2020展示Ⅲ「歌舞伎の中の女たち -姫・妻・悪女-」
9月 19 – 12月 6 全日
9/19~ 逸翁美術館2020展示Ⅲ「歌舞伎の中の女たち -姫・妻・悪女-」
女方とは男性ばかりで演じる歌舞伎の中の女性の役、またそれを演じる俳優のことで、その中にはさまざまな役柄がある。本展ではこのような女方を描いた浮世絵から、衣装が表わす意味や、役の性根を読み解いていく。浮世絵に描かれるのも、現代の舞台で演じるのも全て男性だということを忘れてしまいそうな究極の「女方芸」に触れてみよう。 期間: 2020/9/19(土)~12/6(日)※月曜休館(祝日の場合は開館、翌火曜休館)、10/19(月)~30(金)は展示替えのため休館 時間: 10:00~17:00(入館は16:20まで) 会場: 逸翁美術館 展示室(池田市栄本町12-27) 料金: 一般¥700、高大生¥500、中学生以下無料 問 : 072-751-3865(逸翁美術館) URL: http://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/exhibition/2420/
10/1〜 特別展「先住民の宝」
10/1〜 特別展「先住民の宝」
10月 1 – 12月 15 全日
10/1〜 特別展「先住民の宝」
世界には、現在70カ国以上の国々に、約3億7,000万人の先住民が暮らしており、その民族の数は少なくとも5,000と言われている。本特別展でいう宝とは、圧政や差別に苦しみながらも、日々を力強く、そして希望を失わず生きてきた彼らにとっての心の拠り所であり、民族としての誇りである。先住民の思いをのせた約740点におよぶ展示品とともに、先住民の世界を紹介する。期間中には、講演会やワークショップなど関連催しも多数開催される。 期間: 2020/10/1(木)~12/15(火)※5/6(水)時点での予定 ※水曜休館 時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 国立民族学博物館 特別展示館(吹田市千里万博公園10-1) 料金: 一般¥880、大学生¥450、高校生以下無料(本館展示もご覧になれます) 問 : 06-6876-2151(国立民族学博物館) URL: http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20200319takara/index
10/10~ くずし字入門講座
10/10~ くずし字入門講座
10月 10 – 12月 12 全日
10/10~ くずし字入門講座
くずし字を初めて学ぶ方を対象に、江戸時代の江戸と大坂の風俗を絵入りで比較した『街廼噂(ちまたのうわさ)』を素材として、くずし字を学びながら当時の人びとの暮らしについて知識を深められる、全3回の講座。講師は、大阪大学大学院経済学研究科助手・鈴木敦子。 期間: 2020/10/10(土)・11/14(土)・12/12(土) 時間: 14:00~15:30(質疑応答含む90分)、受付13:30~ 会場: 大阪府立中之島図書館 本館3階 レンタルスペース2 ※12/12(土)は別館2階 貸会議室(大阪市北区中之島1-2-10) 料金: 初回参加時にテキスト代として¥1500 問 : 06-6203-0474(図書館代表)(大阪府立中之島図書館指定管理者 株式会社アスウェル) URL: https://www.nakanoshima-library.jp/
10/10~ ピースおおさか特別展「引揚港・舞鶴と大阪~ひとりの男が伝えたメッセージ~」
10/10~ ピースおおさか特別展「引揚港・舞鶴と大阪~ひとりの男が伝えたメッセージ~」
10月 10 – 12月 27 全日
10/10~ ピースおおさか特別展「引揚港・舞鶴と大阪~ひとりの男が伝えたメッセージ~」
戦後75年の今年、舞鶴引揚記念館の協力のもと、引揚港・舞鶴の歴史をはじめ、中国や朝鮮半島、シベリアなどからの海外引揚について写真や解説パネルで紹介。また、大阪から全国のシベリア抑留者の家族へ安否情報を伝えるため、700通以上に及ぶはがきを送った坂井仁一郎さんについても紹介する。 期間: 2020/10/10(土)~12/27(日)※月曜休館 時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで) 会場: ピースおおさか 1階特別展示室(大阪市中央区大阪城2-1) 料金: ピースおおさか入館料 大人¥250、高校生¥150、中学生以下無料 問 : 06-6947-7208(ピースおおさか) URL: http://www.peace-osaka.or.jp
10/10~ 令和2年度大阪府立狭山池博物館特別展「発掘された土木技術-大和川流域の開発と水制-」
10/10~ 令和2年度大阪府立狭山池博物館特別展「発掘された土木技術-大和川流域の開発と水制-」
10月 10 – 12月 6 全日
10/10~ 令和2年度大阪府立狭山池博物館特別展「発掘された土木技術-大和川流域の開発と水制-」
近世では一般的な治水目的の技術であり、水の流れを制御する河川構造物のひとつ「水制」。その出現は古墳時代にさかのぼり、大阪平野とその周辺では考古資料により、近年まで多くの水制遺構が確認できる。 本展では、大阪平野の開発には治水が大きな課題であり、それには水制の研究が重要な位置を占めることを紹介。忘れられた土木遺産、水制の歴史をたどりつつ、大和川流域の開発の歴史を紹介する。また、10/25(日)と11/21(土)には歴史セミナー(事前申込制、10/10(土)到着分まで、詳細は博物館歴史セミナー担当まで)の開催も。 期間: 2020/10/10(土)~12/6(日)※月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館) 時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪府立狭山池博物館特別展示室(大阪狭山市池尻中2) 料金: 入館無料 問 : 072-367-8891(大阪府立狭山池博物館) URL: http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/
10/12~ 大阪中之島美術館 開館プレイベント
10/12~ 大阪中之島美術館 開館プレイベント
10月 12 2020 – 3月 31 2021 全日
10/12~ 大阪中之島美術館 開館プレイベント
2022年早春に開館を迎える大阪中之島美術館のプレイベントとして2つの市民参加型プロジェクトが始動。開館の期待感を高める企画への応募で、新しい美術館のスタートをお祝いしよう! 問: 06-6469-5194(大阪中之島美術館準備室、平日9:00~17:30) 「コレクションへのラブレター」を大募集! 大阪中之島美術館では5700点を超えるコレクションを収蔵。その中から代表的な約100点を選び、作品や作家に対する「想い」や、作品にまつわる思い出などを「ラブレター」として募集。ウェブサイトや広報物への掲載、また美術館内外のさまざまな場所で紹介する。応募特典もあり。 募集期間:2020/10/12(月)~2021/3/1(月) URL: http://www.nakka-art.jp/event/loveletter/ みなさんの「ホームビデオ」を募集します! 大阪中之島美術館の構想から約40年。時を同じくして発展した家庭用ビデオカメラ。街や路地の風景、家族や子供たちの姿、学校行事、休日の家族の風景、お祭りなどの様子といった、日々の生活や遊びなどが収録されたビデオテープや映像データを募集。さまざまな思いのつまったホームビデオを新進気鋭のアーティストたちの新たな息吹により、映像作品として再生。新しい美術館で公開される。参加作家:荒木悠、林勇気、柳瀬安里(五十音順) 募集期間:2020/10/12(月)~2021/3/31(水) URL: http://www.nakka-art.jp/event/homevideo/
10/28~ 【オンライン開催】オンラインで体験する 奈良こころ旅2020~仏をたずね、奈良をひもとく
10/28~ 【オンライン開催】オンラインで体験する 奈良こころ旅2020~仏をたずね、奈良をひもとく
10月 28 – 12月 23 全日
10/28~ 【オンライン開催】オンラインで体験する 奈良こころ旅2020~仏をたずね、奈良をひもとく
おうちにいながら楽しむ、ためになる、そんなバーチャルな旅をオンラインで体験してみては。行き先は「奈良」。案内役は俳人で、奈良市観光大使の倉橋みどりさんと、気鋭の仏師立花麟士さん。“奈良愛”と“ほとけ愛”あふれるふたりが初タッグを組み、普段の観光旅行では見えてこない奈良の地を「祈り」をテーマに丁寧に巡るシリーズ。本講座のためにプロが撮影したお寺や仏さまは、空撮やふだんは拝観できない角度からの撮影で、参拝経験のあるお寺でも「初体験」を楽しめる。各お寺の住職も登場し、貴重な話も聞ける。こころは奈良の地へおうちにいながらGO TO気分! 第1回 10/28(水) 白洲正子も魅了された国宝・十一面観音を訪ねて~桜井・聖林寺 第2回 11/25(水) 日本最古の大仏さま、ここに在り~明日香・飛鳥寺 第3回 12/23(水) ここだけの仏さまがずらり~斑鳩・法輪寺 期間: 2020/10/28(水)・11/25(水)・12/23(水) 時間: 各日20:00~21:10(約70分) 会場: オンライン動画通信アプリZoomによるオンライン開催 料金: 1回¥2500(メールにて事前配信のオリジナル解説ノート付) 問 : 050-3488-1543(みのおてならい事務局) URL: https://minohjuku.jimdo.com/2020goto/
10/31~ 大阪歴史博物館 特別展「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」
10/31~ 大阪歴史博物館 特別展「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」
10月 31 – 12月 14 全日
10/31~ 大阪歴史博物館 特別展「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」
従来から高く評価されている、桃山時代から江戸時代にかけて活躍した埋忠一門の刀剣・刀装具を紹介すると同時に、埋忠一門が手がけた、仕立て直しや金具制作、名刀の記録といった「それ以外」の活動に着目し、当時の時代背景からその実像を探る。桃山時代の京都で新しくみずみずしい造形を刀剣・刀装具にもたらした、埋忠一門の多彩な活動をふりかえることで、それらが現在に残した影響の大きさを改めて評価する。 また、11/7(土)には特別展記念フォーラム「刀剣彫刻を語る」、11/14(土)には白銀師によるトークショー「鎺(はばき)の見方、作り方」の関連イベントを開催(いずれも定員100名、参加費無料、ただしイベント参加券付日時指定券が必要)。 期間: 2020/10/31(土)~12/14(月)※火曜休館(11/3(火祝)は開館、11/4(水)は休館) 時間: 9:30~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで) 会場: 大阪歴史博物館6階特別展示室(大阪市中央区大手前4-1-32) 料金: 日時指定券、イベント参加券付日時指定券 いずれも大人¥1900、高校・大学生¥1200(中学生以下無料) ※日時指定券は無料対象者を含むすべての方(未就学児を除く)が必要になります。 問 : 06-6946-5728(大阪歴史博物館) URL: https://umetada2020-2021.jp/
10/31~  聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり― 聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展
10/31~  聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり― 聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展
10月 31 – 12月 13 全日
10/31~  聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり― 聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展
日本の礎を築いた優れた政治家として、また、日本仏教の黎明を導いた開祖として、幅広い人々から敬愛されてきた聖徳太子。本展では、香雪美術館所蔵の聖徳太子にまつわる作品の多くを初公開。なかでも修理を終えたばかりの重要文化財《聖徳太子像》と《聖徳太子絵伝》の2点をクローズアップ。たくさんの発見と成果をもたらした修理の全貌を、関連の深い作品とともに、「太子の伝記」「作品の来歴」「作品の修理」の3つのものがたりに乗せて紹介する。 期間: 2020/10/31(土)~12/13(日)※月曜休館(祝日の場合は開館、翌火曜休館) 時間: 10:00~17:00(11/12(木)・12/3(木)は19:30まで)※いずれも入館は閉館の30分前まで 会場: 中之島香雪美術館(大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階) 料金: [前売]一般\1000、高大生\500、小中生\200[当日]一般\1200、高大生\700、小中生\400 問 : 06-6210-3766(中之島香雪美術館) URL: https://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/
11/3~ H@L 原画展 ―絵本の世界―
11/3~ H@L 原画展 ―絵本の世界―
11月 3 – 12月 27 全日
11/3~ H@L 原画展 ―絵本の世界―
堺市在住の絵本作家・H@L(ハル)の原画展。H@Lは第24回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本部門「大賞」を受賞ののち『モイモイのポッケ』で絵本デビュー。みんなでH@Lの絵本の楽しい世界へ飛び込もう! 期間: 2020/11/3(火祝)~12/27(日)※月曜(祝日の場合は翌火曜)休館 時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪府立大型児童館ビッグバン(堺市南区茶山台1-9-1) 料金: 入館料 大人¥1000、小中学生¥800、幼児(3歳以上)¥600 問 : 072-294-0999(大阪府立大型児童館ビッグバン) URL: https://www.bigbang-osaka.or.jp
11/11~ 大阪歴史博物館 特集展示「大阪の灯火具」
11/11~ 大阪歴史博物館 特集展示「大阪の灯火具」
11月 11 2020 – 2月 11 2021 全日
11/11~ 大阪歴史博物館 特集展示「大阪の灯火具」
人類が最初に得た明かりは落雷など自然発生的な火であったが、発火道具の発明と燃料の確保により、人々は自由に明かりを使えるようになった。明かりは人々の夜間活動を可能にし、灯火具の普及はまちの繁栄をしめす一つの要素となった。大阪市内の遺跡からも、まちの発展とともにさまざまな灯火具が見つかっている。本展では、大阪市文化財協会・大阪市教育委員会による大阪市内の発掘調査で見つかった、奈良時代から江戸時代にかけての灯明皿や発火道具などの考古資料をはじめ、当館所蔵の民具や文献資料をあわせて展示し、古代から近世にかけて大阪に暮らした人と明かりのかかわりを紹介する。 写真:近世の灯火具/江戸時代(19世紀前半)中之島蔵屋敷跡 大阪市教育委員会蔵 期間: 2020/11/11(水)~2021/1/11(月祝)※火曜、年末年始(12/28(月)~1/4(月))休館 時間: 9:30~17:00(11/13(金)~12/11(金)の金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで) 会場: 大阪歴史博物館8階特集展示室(大阪市中央区大手前4-1-32) 料金: 大人¥600、高校・大学生¥400、中学生以下は無料 問 : 06-6946-5728(大阪歴史博物館) URL: http://www.mus-his.city.osaka.jp/
11/13~ グループ展「星の百年」
11/13~ グループ展「星の百年」
11月 13 – 12月 12 全日
11/13~ グループ展「星の百年」
自身の中にある言葉や心象風景を起点に、異国の童話や幻想的な場所を連想させる風景や人物をモチーフとした作品を制作する、小沢さかえ。戦争に組み込まれていった無名の若者たちの葛藤や内面の苦しみなどの戦闘行為以外にエピソードを丹念に調査し、劇画調の画面で表す、後藤靖香。実在のものや、歴史・風土を下地に、具象化した架空の生物をモチーフとした作品を制作する、新藤杏子の3名によるグループ展。天文民俗学者の野尻抱影を中心に、天文学、民俗学、民話、怪異など…野尻を取り巻く様々なキーワードから着想し、制作した新作の絵画作品を発表。後藤靖香の個展「真珠星」を同時開催。 期間: 2020/11/13(金)~12/12(土)※日・月曜、祝日休廊 時間: 12:00~19:00 会場: TEZUKAYAMA GALLERY(大阪市西区南堀江1-9-27 山崎ビル2階) 料金: 入場無料 問 : 06-6534-3993(TEZUKAYAMA GALLERY) URL: https://tezukayama-g.com/
11/13~  後藤靖香 個展「真珠星」
11/13~  後藤靖香 個展「真珠星」
11月 13 – 12月 12 全日
11/13~  後藤靖香 個展「真珠星」
幼少期より自身の祖父や大祖父の戦争体験を聞いて育ったことから、戦争に組み込まれていった無名の若者たちの葛藤や内面の苦しみ、公の歴史では記されて来なかった戦闘行為以外の無数のエピソードを丹念に調査し、劇画調の画風で大画面のキャンバスに表すスタイルで高い評価を得ている、後藤靖香。約5年ぶりの個展となる今展では、天文民俗学者の野尻抱影をテーマに、約20mに及ぶ大型のペインティング作品を中心とした新作を多数発表。 また、後藤靖香、小沢さかえ、新藤杏子の3名によるグループ展「星の百年」を同時開催。 期間: 2020/11/13(金)~12/12(土)※日・月曜、祝日休廊 時間: 12:00~19:00 会場: TEZUKAYAMA GALLERY(大阪市西区南堀江1-9-27 山崎ビル2階) 料金: 入場無料 問 : 06-6534-3993(TEZUKAYAMA GALLERY) URL: https://tezukayama-g.com/
11/16~ Hi ship!project企画展「水の都・大阪の防災を知る」
11/16~ Hi ship!project企画展「水の都・大阪の防災を知る」
11月 16 – 12月 30 全日
11/16~ Hi ship!project企画展「水の都・大阪の防災を知る」
かつて様々な水害に見舞われながらも「水の都・大阪」として、川や海と共に暮らすことを選んだ、大阪ならではの防災について紹介。国内有数の治水施設や、その施設を日々点検する人、いつか起こるかもしれない災害に備えての準備など「水辺の防災」をテーマに展示する。もしもの時、少しの知識があれば、あなたやあなたの大切な人を守ることができるかもしれない。本展がそうしたきっかけになることを思い開催される企画展。 期間: 2020/11/16(月)~12/30(水) 時間: 10:00~17:00 会場: 川の駅「はちけんや」地下1階(大阪市中央区北浜東1-2) 料金: 無料 問 : 06-6942-0555(大阪水上バス内) URL: http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=24103
11/17~ 上野王香「種葬」
11/17~ 上野王香「種葬」
11月 17 – 12月 5 全日
11/17~ 上野王香「種葬」
主に雑誌や本の印刷物を用いて、ストーリー性あるコラージュ作品を手がける上野王香の個展。 私はおばあちゃんに教わった通り、とうもろこしの種を蒔いてみたけど そこから芽はでなかった。 発掘された骨のまわりには、この辺りの野生の花の化石化した種子が散らばっていた。 この100年の間に野菜の種子の94%が消滅してしまった。 期間: 2020/11/17(火)~12/5(土)※日・月曜休み 時間: 12:00~19:00(土曜日は18:00まで、最終日は17:00まで) 会場: Calo Bookshop & Cafe(大阪市西区江戸堀1丁目8-24 若狭ビル5階) 料金: 入場無料 問 : 06-6447-4777(Calo Bookshop & Cafe) URL: http://www.calobookshop.com
11/20~  JP POP UNDERGROUND
11/20~  JP POP UNDERGROUND
11月 20 – 12月 6 全日
11/20~  JP POP UNDERGROUND
渋谷の現代アートギャラリー「NANZUKA」のキュレーションによるグループ展。本展は、昨年NYとLAにある「Jeffery Deitch ギャラリー」を巡回した「Tokyo Pop Underground」および、今年7月に渋谷PARCOの「PARCO MUSEUM TOKYO」で開催した「GLOBAL POP UNDERGROUND」のコンセプトを踏襲した、一連の企画展の最終章となる。 心斎橋パルコでは、11/20(金)のオープンに際しまして、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、店内の混雑を避けるため、事前予約制でのご入店とさせていただきます。実施期間やご予約方法についての詳細は心斎橋PARCOホームページにてお知らせいたします。 期間: 2020/11/20(金)~12/6(日) 時間: 10:00~20:00(最終日は18時閉場、入場は閉場の30分前まで)※営業時間は変更になる場合がございます。 会場: 心斎橋PARCO 14階PARCO EVENT HALL(大阪市中央区心斎橋筋1-8-3) 料金: 一般¥500、学生¥400、小学生以下無料 URL: https://shinsaibashi.parco.jp/
11/20~  MR. BRAINWASH EXHIBITION “LIFE IS BEAUTIFUL”
11/20~  MR. BRAINWASH EXHIBITION “LIFE IS BEAUTIFUL”
11月 20 – 12月 6 全日
11/20~  MR. BRAINWASH EXHIBITION “LIFE IS BEAUTIFUL”
あのバンクシーによってアーティストになった男・MR.BRAINWASH(ミスターブレインウォッシュ)による、日本初となる大規模展覧会。MR.BRAINWASHはバンクシー初監督にして、アカデミー賞ノミネートのドキュメンタリー映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』への出演をきっかけに、本格的に活動を始めたストリートアーティスト。世界を熱狂させた、エネルギッシュでユニークなアートの数々を多数展示予定。 心斎橋パルコでは、11/20(金)のオープンに際しまして、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、店内の混雑を避けるため、事前予約制でのご入店とさせていただきます。実施期間やご予約方法についての詳細は心斎橋PARCOホームページにてお知らせいたします。 期間: 2020/11/20(火)~12/6(日) 時間: 10:00~20:00(最終日は18時閉場、入場は閉場の30分前まで)※営業時間は変更になる場合がございます。 会場: 心斎橋PARCO 14階SPACE14(大阪市中央区心斎橋筋1-8-3) 料金: 一般¥1000、学生¥700、小学生以下無料 URL: https://shinsaibashi.parco.jp/
11/20~  Reality & Fantasy The World of Tom of Finland
11/20~  Reality & Fantasy The World of Tom of Finland
11月 20 – 12月 7 全日
11/20~  Reality & Fantasy The World of Tom of Finland
ゲイを描いたアートでLGBTQの権利を訴えたフィンランドの作家TOM OF FINLAND(トム・オブ・フィンランド)の日本初の個展を渋谷PARCO・GALLERY Xに次いで開催。本年はTOM OF FINLAND生誕100周年の記念すべき年となる。 心斎橋パルコでは、11/20(金)のオープンに際しまして、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、店内の混雑を避けるため、事前予約制でのご入店とさせていただきます。実施期間やご予約方法についての詳細は心斎橋PARCOホームページにてお知らせいたします。 期間: 2020/11/20(火)~12/7(月) 時間: 10:00~20:00(最終日は18時閉場、入場は閉場の30分前まで)※営業時間は変更になる場合がございます。 会場: 心斎橋PARCO 10階EVENT SPACE(大阪市中央区心斎橋筋1-8-3) 料金: ¥500 ※未就学児入場不可 URL: https://shinsaibashi.parco.jp/
11/20~  いつでも どこでも お話を
11/20~  いつでも どこでも お話を
11月 20 – 12月 4 全日
11/20~  いつでも どこでも お話を
いにしえから庶民の文化として語り継がれてきた「民話」や「童話」には時代を超えた人間の喜びや悲しみ、また怒りや優しさ、知恵が満ち溢れている。本イベントは、子どもから大人まで幅広く楽しめる昔話や、いろいろなお話を素話で語る。 11/20(金)動物が登場する愉快な民話と童話 「蛙ぼたもち」「とらになった男」「じろきちおおかみ」など 11/27(金)空想の世界へようこそ!だれもが楽しめる民話と童話 「てんまのとらやん」「かじかびょうぶ」「若がえりの水」など 12/4(金)世界の民話と童話を楽しもう 「九百九十九枚の金貨」(トルコ)「さんねん峠」(朝鮮)「ハイエナを市場につれてきたリス」(アフリカ)など 期間: 2020/11/20(金)・27(金)・12/4(金) 時間: 各回13:00~14:30(受付12:30~) 会場: 大阪府立中之島図書館本館3階レンタルスペース2(大阪市北区中之島1-2-10) 料金: 無料 問 : 06-6203-0474(図書館代表)(大阪府立中之島図書館指定管理者 株式会社アスウェル) URL: https://www.nakanoshima-library.jp/
11/21〜  millitsuka個展「TELEPORT」
11/21〜  millitsuka個展「TELEPORT」
11月 21 – 12月 6 全日
11/21〜  millitsuka個展「TELEPORT」
散歩をしまくることにより、理想の状況や空間を収集してイラストを描くイラストレーター・millitsukaの関西初となる個展。 期間: 2020/11/21(土)〜12/6(日)※月曜休館(11/23(月祝)は営業) 時間: 平日13:00~20:00、土日祝13:00~18:00 会場: FOLK old book store(大阪市中央区平野町1-2-1) 料金: 入場無料 問 : 06-7172-5980(FOLK old book store) URL: http://www.folkbookstore.com/
11/21〜  安藤智「popping」
11/21〜  安藤智「popping」
11月 21 – 12月 5 全日
11/21〜  安藤智「popping」
天満にあるギャラリースペースhitotoでは約1年半ぶり4回目となる安藤智の個展。 From the Exhibitor 自粛中に引っ越しをし、出かける場所も無く、暇な時は新しい町をたくさん歩いて過ごしました。気候の良い季節で色んな花が満開だったことや、それぐらいしか外での楽しみがなかったこともあり、その時間は思いがけず面白く、その時に見た景色や、撮っていた写真が今回はモチーフとして多く登場しています。 期間: 2020/11/21(土)〜12/5(土)※火・水曜休み 時間: 13:00~19:00 会場: hitoto(大阪市北区天神橋5-7-12天五共栄ビル301) 料金: 入場無料 問 : info@hitoto.info URL: https://hitoto.info
11/21~ 大阪市立東洋陶磁美術館 特別展「黒田泰蔵」
11/21~ 大阪市立東洋陶磁美術館 特別展「黒田泰蔵」
11月 21 2020 – 7月 25 2021 全日
11/21~ 大阪市立東洋陶磁美術館 特別展「黒田泰蔵」
静謐な白磁の造形で世界的に知られている黒田泰蔵。黒田の白磁作品は、薄く緊張感のある輪郭線をもちながら、表面には柔らかく美しい弧を描く轆轤目が見られ、見る者にそれぞれの作品の確かな存在感を印象づける。本展では、イセ文化基金所蔵品と大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品を中心に、黒田泰蔵の白磁作品約60点を展示。梅瓶を意識した作品から、轆轤の回転運動をそのままに、直線と円とで構成される「円筒」まで、作家を代表する造形によって黒田泰蔵の世界を紹介する。 同時開催:特集展「柿右衛門―Yumeuzurasセレクション」 黒田泰蔵 壺 白磁 2019年 高15.1cm 径16.5cm イセ文化基金所蔵 Photograph by T. MINAMOTO 期間: 2020/11/21(土)~2021/7/25(日)※月曜(祝日は開館)、11/24(火)、12/28(月)~1/4(月)、1/12(火)、5/6(木)休館 時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区中之島1-1-26) 料金: 一般¥1400、高大生¥700(中学生以下無料) 問 : 06-6223-0055(大阪市立東洋陶磁美術館) URL: http://www.moco.or.jp/ ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
11/21~  大阪市立東洋陶磁美術館 特集展「柿右衛門―Yumeuzurasセレクション」
11/21~  大阪市立東洋陶磁美術館 特集展「柿右衛門―Yumeuzurasセレクション」
11月 21 2020 – 7月 25 2021 全日
11/21~  大阪市立東洋陶磁美術館 特集展「柿右衛門―Yumeuzurasセレクション」
柿右衛門様式とよばれる磁器は、17世紀後半の有田において、主に輸出向け製品としてつくられ、丁寧に成形された姿と、乳白色の素地、余白をとりながら愛らしく生き生きと描かれた動植物などの色絵による図様を特徴とする。本展では、掌のなかで愛玩できる小さな作品を中心に構成されている「Yumeuzurasコレクション」を紹介。コレクターが「カワイイ」柿右衛門に目を向けて形成した同コレクションから、選りすぐりの約54点を展示する。 同時開催:特別展「黒田泰蔵」 ※前期(2020/11/21(土)~2021/3/28(日))・後期(2021/3/30(火)~7/25(日)で一部作品の展示替えを行います。 色絵 梅鶉文 輪花小皿(いろえ うめうずらもん りんかこざら) 江戸時代・1680-1700年代 肥前・有田窯(柿右衛門様式) (左)高3.0㎝、口径13.5㎝(右)高3.0㎝、口径13.4㎝ Yumeuzurasコレクション 写真:野村淳 期間: 2020/11/21(土)~2021/7/25(日)※月曜(祝日は開館)、11/24(火)、12/28(月)~1/4(月)、1/12(火)、5/6(木)休館 時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区中之島1-1-26) 料金: 一般¥1400、高大生¥700(中学生以下無料) 問 : 06-6223-0055(大阪市立東洋陶磁美術館) URL: http://www.moco.or.jp/ ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
12/1~  大阪城天守閣企画展示「逆賊の日本史」
12/1~  大阪城天守閣企画展示「逆賊の日本史」
12月 1 2020 – 1月 27 2021 全日
12/1~  大阪城天守閣企画展示「逆賊の日本史」
日本の歴史上「逆賊」とされた人物を取り上げる。戦国時代や幕末・明治維新の時代を中心に、大阪城天守閣が収蔵する屏風絵や錦絵、古文書などの資料を駆使しつつ、悪役・敵役のイメージが強い逆賊たちの活躍、虚実入り混じった人物像や意外な魅力、同時代や後世の評価などに注目。 期間: 2020/12/1(火)~2021/1/27(水) 時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪城天守閣3階展示室(大阪市中央区大阪城1-1) 料金: 天守閣入館料大人¥600、中学生以下無料 問 : 06-6941-3044(大阪城天守閣) URL: https://www.osakacastle.net/
2
12/2~  大阪城天守閣企画展示「ヒデヨシ外伝」
12/2~  大阪城天守閣企画展示「ヒデヨシ外伝」
12月 2 2020 – 1月 28 2021 全日
12/2~  大阪城天守閣企画展示「ヒデヨシ外伝」
貧しい家に生まれ育ちながら、天下人にまで成り上がった豊臣秀吉。特異な一生を送っただけに、残されたエピソードも豊富である。出世の糸口をつかんだエピソード、天下統一戦でのエピソード、朝鮮出兵にまつわるエピソード、家族とのエピソード、食べ物のエピソード、などなど、ちょっとしたこばなしで秀吉の生涯をたどる。 期間: 2020/12/2(水)~2021/1/28(木) 時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪城天守閣4階展示室(大阪市中央区大阪城1-1) 料金: 天守閣入館料大人¥600、中学生以下無料 問 : 06-6941-3044(大阪城天守閣) URL: https://www.osakacastle.net/
3
4
5
12/5~ 2020年12月のウィークエンド・シネマ
12/5~ 2020年12月のウィークエンド・シネマ
12月 5 – 12月 26 全日
12/5~ 2020年12月のウィークエンド・シネマ
毎週土曜日午後2時からの映画上映会。2020年12月は特別展開催にあわせ、ドキュメンタリー作品「戦後日本の原風景 Vol.7 京都にもあった戦後」を上映。終戦直後の京都の姿や人々の生活、舞鶴港の引揚の様子などの映像が、当時をよく知る体験者の解説とともに紹介されている。 期間: 2020/12/5(土)・12(土)・19(土)・26(土) 時間: 14:00(終了時間は上映作品により異なる) 会場: ピースおおさか 1階講堂(大阪市中央区大阪城2-1) 料金: ピースおおさか入館料 大人¥250、高校生¥150、中学生以下無料(各日定員140名、当日先着順) 問 : 06-6947-7208(ピースおおさか) URL: http://www.peace-osaka.or.jp
12/5~  「これおいしいで、食べてみて」
12/5~  「これおいしいで、食べてみて」
12月 5 – 12月 13 全日
12/5~  「これおいしいで、食べてみて」
少しの違和感のある出来事や人間が気になり、日々イラストを描いているfujita mizukiの個展。今展は、居心地の良い喫茶店の絵が集まる。会期中6日(日)と7日(月)14:00~17:00には、似顔絵を描くイベントも開催。 [作家コメント] 米寿を迎える私の祖父が、珈琲を飲むのを楽しみに喫茶店に行きます。 老若男女、人を惹きつける喫茶店。そんな居心地の良い喫茶店の絵を描きました。 古き良き店から新しい店まで、皆さんもなにかを求めて行ってみてはどうでしょうか。 期間: 2020/12/5(土)~13(日)※12/8(火)~10(木)は休廊 時間: 13:00~19:00(最終日は17:00まで) 会場: GALLERY SAGE(大阪市西区川口4-5-17) 料金: 入場無料 問 : 090-5066-2806(GALLERY SAGE) URL: http://www.gallery-sage.jp/2020/12.html
6
7
12/7~  令和2年度 中級・古文書講座
12/7~  令和2年度 中級・古文書講座
12月 7 2020 – 1月 26 2021 全日
12/7~  令和2年度 中級・古文書講座
大阪府立中之島図書館所蔵の道修町三丁目文書を解読することにより、江戸時代の大坂の町のようすを知っていただくことを目的とした講座。受講にはくずし字の解読など、古文書の初歩的な知識が必要。講師:奈良県立大学 野高宏之教授 期間: 2020/12/7(月)・14(月)・21(月)、2021/1/18(月)・26(火) 時間: 全日程14:00~15:30(受付13:30~) 会場: 大阪府立中之島図書館別館2階貸会議室(大阪市北区中之島1-2-10) 料金: 初回にテキスト代(5回分)¥3000※定員先着40名、事前申込制 問 : 06-6203-0474(図書館代表)(大阪府立中之島図書館指定管理者 株式会社アスウェル) URL: https://www.nakanoshima-library.jp/
8
12/8~ 尾柳佳枝「ひらたい面」
12/8~ 尾柳佳枝「ひらたい面」
12月 8 – 12月 26 全日
12/8~ 尾柳佳枝「ひらたい面」
長らく使い続けてきたアクリルガッシュ、オイルパステル、色鉛筆などから、最近、油絵にも挑戦している絵描き・尾柳佳枝の作品展。 絵を見るのがどんどん好きになってきています。自分の絵はもちろん、いろんな絵を見ることで感じる喜びが年々大きくなってきていて、ちょっとおかしいんじゃないかと思うほどのしあわせな気持ちになることもたまにあります。ひらたい面のことなのにすごいことだと思います。 期間: 2020/12/8(火)~26(土)※日・月曜休み 時間: 12:00~19:00(土曜日は18:00まで、最終日は17:00まで) 会場: Calo Bookshop & Cafe(大阪市西区江戸堀1丁目8-24 若狭ビル5階) 料金: 入場無料 問 : 06-6447-4777(Calo Bookshop & Cafe) URL: http://www.calobookshop.com
9
12/9~   大阪歴史博物館 常設展示「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城をどうみたか―」
12/9~   大阪歴史博物館 常設展示「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城をどうみたか―」
12月 9 2020 – 2月 15 2021 全日
12/9~   大阪歴史博物館 常設展示「徳川大坂城400年―なにわの人々は錦城をどうみたか―」
今年は元和6年(1620)の江戸幕府による大坂城再築工事の開始からちょうど400年にあたる記念の年である。江戸時代の大坂といえば「天下の台所」、「商人の町」と説明されることが多いが、武士もまた大坂にとって重要な存在であった。その大坂で武士が拠点とした大坂城は、社会のなかでどのような意味を持ったのだろうか。本展では再築工事の普請の分担箇所を記載した絵図や、大坂城の瓦などの出土品、錦絵などを展示し、江戸時代に「錦城」と呼ばれ人びとに親しまれた大坂城をさまざまな観点から紹介する。また1/24(日)には、第一線の研究者を集め、最新の研究や地質・発掘調査の成果を紹介する「博学連携シンポジウム 徳川大坂城400年」を開催。 写真:大坂城普請丁場割之図 江戸時代 大阪府立中之島図書館蔵 期間: 2020/12/9(水)~2021/2/15(月)※火曜、12/28(月)~1/4(月)は休館 時間: 9:30~17:00(12/11(金)は20:00まで、入館は閉館の30分前まで) 会場: 大阪歴史博物館9階常設展示室 近世フロア「まちの生活」コーナー(大阪市中央区大手前4-1-32) 料金: 大人¥600、高校・大学生¥400(常設展示観覧料でご覧になれます) 問 : 06-6946-5728(大阪歴史博物館) URL: http://www.mus-his.city.osaka.jp/
12/9~   浅田政志写真展『私の家族』
12/9~   浅田政志写真展『私の家族』
12月 9 – 12月 21 全日
12/9~   浅田政志写真展『私の家族』
自分の家族と自らがセルフタイマーで写る写真集『浅田家』など、家族をテーマにしたユニークで心温まる写真を撮影。今年、写真集が原案となった映画『浅田家!』が公開され、ますます注目を集める写真家、浅田政志による代表作から新作まで約150点以上の作品が一堂に。 写真:『浅田家』消防士 2006年 期間: 2020/12/9(水)~21(月) 時間: 10:00~20:00(18(金)~20(日)は21:00まで、最終日は18:00まで、入場は閉場の30分前まで) 会場: 阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー(大阪市北区角田町8-7) 料金: 一般¥800、大・高・中学生¥500、小学生以下無料 問 : 06-6313-1381(阪急うめだ本店代表電話) URL: https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_asadamasashi/index.html
10
11
12/11~  猫色色2020
12/11~  猫色色2020
12月 11 – 12月 13 全日
12/11~  猫色色2020
人気猫写真家「立ち猫」で有名な山本正義氏が主催する恒例の猫イベント。猫の写真展示はもちろん、本やポストカードなど、猫グッズの販売も。 出展者:山本正義(写真・雑貨)、阪靖之(写真)、半田徹雄(写真・絵画)、Suginyan(写真)、松嶋安恵(写真)、町田奈穂(写真)、Hirotaka(写真)、Yoshiko Kanzaki(写真・雑貨)、栄ちゃんと愉快な仲間たち(写真・雑貨)、大畑幸信ex豆さん(持ち帰りフード・雑貨)、浜本ふうこ(墨絵) 期間: 2020/12/11(金)~13(日) 時間: 11:00~19:00(最終日は17:00まで) 会場: ギャラリー1616(大阪市浪速区恵美須東1-16-16) 料金: 入場無料 問 : miki@atelier1616.com URL: http://www.atelier1616.com
12
12/12〜  mahodoのXmas
12/12〜  mahodoのXmas
12月 12 – 12月 27 全日
12/12〜  mahodoのXmas
mahoudouのartあさいしんじ(長野)、musicあんどさきこ(志々島)、artはまぐちさくらこ(京都)3人がクリスマスのためのプレゼントのような、きらきらときめく作品を展示販売。ドローイング、バッチ、音楽アルバム、セラミックZINE、服、漫画、絵本、雑貨など。100円~!のクリスマスマーケットコーナーも。12日ははまぐちの似顔絵・占い、あんどの音楽やさん(音のマッサージand音の処方箋)も開催。 期間: 2020/12/12(土)〜27(日)※月曜休館 時間: 平日13:00~20:00、土日祝13:00~18:00 会場: FOLK old book store(大阪市中央区平野町1-2-1) 料金: 入場無料 問 : 06-7172-5980(FOLK old book store) URL: http://www.folkbookstore.com/
12/12〜  渡部真由美「ナンセンスオーナメンツ」
12/12〜  渡部真由美「ナンセンスオーナメンツ」
12月 12 – 12月 26 全日
12/12〜  渡部真由美「ナンセンスオーナメンツ」
「意味のない、役に立たない、使えないオーナメントたち」 ドローイング、ペインティング、オブジェなどジャンルを問わず制作する渡部真由美。天満にあるギャラリースペースhitotoではおよそ3年ぶり、3回目の開催となる個展。平面や立体、様々な素材を使って制作された新作約50点を展示する。 期間: 2020/12/12(土)〜26(土)※火・水曜休み 時間: 13:00~19:00 会場: hitoto(大阪市北区天神橋5-7-12天五共栄ビル301) 料金: 入場無料 問 : info@hitoto.info URL: https://hitoto.info
12/12~ SCHOOL OF WACK
12/12~ SCHOOL OF WACK
12月 12 – 12月 27 全日
12/12~ SCHOOL OF WACK
今年8月に渋谷PARCOの「PARCO MUSEUM TOKYO」にて開催し好評を博した展覧会。BiSH、EMPiRE、BiS、CARRY LOOSE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAgg、音楽プロダクションWACK所属グループすべての総勢40人のメンバーたちと代表・渡辺淳之介が送る初の展覧会。 心斎橋パルコでは、11/20(金)のオープンに際しまして、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、店内の混雑を避けるため、事前予約制でのご入店とさせていただきます。実施期間やご予約方法についての詳細は心斎橋PARCOホームページにてお知らせいたします。 期間: 2020/12/12(土)~27(日) 時間: 10:00~20:00(最終日は18時閉場、入場は閉場の30分前まで)※営業時間は変更になる場合がございます。 会場: 心斎橋PARCO 14階PARCO EVENT HALL(大阪市中央区心斎橋筋1-8-3) 料金: 後日、心斎橋PARCOホームページにてお知らせ URL: https://shinsaibashi.parco.jp/
12/12~  FUTATSUKUKURI 冬の展示即売会『 今年もハレの日のしたく 』
12/12~  FUTATSUKUKURI 冬の展示即売会『 今年もハレの日のしたく 』
12月 12 – 12月 25 全日
12/12~  FUTATSUKUKURI 冬の展示即売会『 今年もハレの日のしたく 』
記憶や憧れにデザインを加えて新しい価値を生み出す、服飾ブランド・フタツククリがお送りする冬の展示即売会。昨年開催の「ハレの日のしたく」が『今年もハレの日のしたく』となって帰ってくる。フタツククリの原点回帰のようなこの展示、クリスマスやお正月に向けて、気の許せる服飾小物や一点物のお洋服などいかが? 期間: 2020/12/12(土)~25(金) 時間: 13:00~19:00 会場: NEW PURE +(大阪市中央区淡路町1-1-4) 料金: 入場無料 問 : 06-6226-8574(NEW PURE +) URL: https://www.instagram.com/new_pure_plus/?hl=ja
13
14
15
12/15〜 「the Airing -好事家S氏の写真コレクション展- 」
12/15〜 「the Airing -好事家S氏の写真コレクション展- 」
12月 15 – 12月 20 全日
12/15〜 「the Airing -好事家S氏の写真コレクション展- 」
写真コレクターS氏の協力のもと、彼のプライベート・コレクションを公開。ウジェーヌ・アジェ、 エドワード・ウェストン、シーラ・メッツナー、ジェリー・ユルズマン、 ジャンルー・シーフ、セイケトミオ、ビル・ブラント、ヤン・ソーデック、 ユージン・スミス、リリアン・バスマン、ロベール・ドアノーらの作品のほか、 日替わりで入れ替えを行う作品を含め約15点を展覧する。 期間: 2020/12/15(火)〜20(日) 時間: 11:00~19:00 会場: ギャラリー・ソラリス(大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館地下1階) 料金: ¥500 問 : hello@solaris-g.com(ギャラリー・ソラリス) URL: https://solaris-g.com/portfolio_page/201215/
16
17
12/17  水の都大阪の浪曲 完成記念講演会
12/17  水の都大阪の浪曲 完成記念講演会
12月 17 全日
12/17  水の都大阪の浪曲 完成記念講演会
地元・大阪の人たちも知っているようで知らない、大阪と水の関係を大阪大学招聘教授・髙島幸次先生が解説。思わず誰かに話したくなるネタがいっぱい。また、創作浪曲「水の都の大阪めぐり」を初披露。水都・大阪を時空を超えてめぐる主人公・中之島橋蔵の旅に、人気浪曲師の春野恵子さんがリズミカルな節回しでみなさまを誘う。 第一部 基調講演 「大阪がホンマに水の都だったころ」大阪大学招聘教授:髙島幸次 第二部 浪曲お披露目 ①ショート鼎談「ここだけの創作浪曲裏話」春野恵子(浪曲師)×米井敬人(浪曲台本)×髙島幸次(監修)、②浪曲「水の都の大阪めぐり」口演:春野恵子/曲師:一風亭初月 期間: 2020/12/17(木) 時間: 開場17:30、開演18:30 会場: 大阪市中央公会堂3階中集会室(大阪市北区中之島1-1-27) 料金: 無料 ※定員先着200名、事前申込制(メールまたはFAXにて、氏名・年齢・携帯電話番号、メールアドレスまたはFAX番号を送付) 問 : info@b-a-p.com(水都大阪公演会事務局(ビッグアップル・プロデュース内)) URL: https://www.suito-osaka.jp/event/entry_detail.php?id=436
18
19
12/19  咲くやこの花賞受賞記念「笹岡由梨子の大阪ワンダーランド」
12/19  咲くやこの花賞受賞記念「笹岡由梨子の大阪ワンダーランド」
12月 19 – 12月 20 全日
12/19  咲くやこの花賞受賞記念「笹岡由梨子の大阪ワンダーランド」
令和元年度咲くやこの花賞美術部門「現代美術」受賞者である笹岡由梨子さんを迎え、第1部では、笹岡さん自身初のライブ映像パフォーマンス、第2部では、「アート」という視点で大阪の魅力をとらえる笹岡由梨子さんと、「観光」という視点で大阪の魅力を発信している大阪観光局理事長の溝畑宏さんのトークをお届け。2025年大阪・関西万博に向け、新たな大阪の魅力を再発見する。また、12/24(木)からはYouTube「咲くやこの花賞チャンネル」でのオンライン配信も実施。場所や時間を問わず気軽に楽しめる。 期間: 2020/12/19(土)、オンライン配信は2020/12/24(木)12:00~ 時間: 開演17:00 会場: STUDIO PARTITA(スタジオ パルティッタ)・クリエイティブセンター大阪(大阪市住之江区北加賀屋4-1-55 名村造船跡地) 料金: 参加無料(定員200名、要事前申込※申込み多数の場合は抽選) 問 : 06-6372-6707(咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会事務局、平日10:00~17:30) URL: http://www.sakuya-konohana.com/
12/19~ ふたり展 ー空白の白昼夢ー
12/19~ ふたり展 ー空白の白昼夢ー
12月 19 – 12月 27 全日
12/19~ ふたり展 ー空白の白昼夢ー
京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業の大津安以と、同大学の美術学部工芸科漆工専攻卒業、大学院美術研究科工芸専攻卒業の木下栞の二人によるギャラリーセージにて2度目となる二人展。 [大津安以(おおつあい/絵画)コメント] 「コロナ禍でぽっかりできた“空白”期間。 この空白に何があったのか…。 飾らずありのままを制作によって記そうと思う。」 [木下栞(きのしたしおり/造形)コメント] 「現実と夢が重なる瞬間 私は一体何処に居るのだろうか まるで悪夢のような事が起きている ここは一体何処なのだろうか ピントの合わないレンズ越しに 見えた世界は現実だろうか それとも夢なのだろうか」 期間: 2020/12/19(土)~27(日)※12/22(火)~24(木)は休廊 時間: 13:00~19:00(最終日は17:00まで) 会場: GALLERY SAGE(大阪市西区川口4-5-17) 料金: 入場無料 問 : 090-5066-2806(GALLERY SAGE) URL: http://www.gallery-sage.jp/2020/12.html
12/19~  天空(そら)をいろどる いのちのつながり 〜親子で描き上げた合作『生命輝く』初出品〜
12/19~  天空(そら)をいろどる いのちのつながり 〜親子で描き上げた合作『生命輝く』初出品〜
12月 19 2020 – 6月 28 2021 全日
12/19~  天空(そら)をいろどる いのちのつながり 〜親子で描き上げた合作『生命輝く』初出品〜
絹谷幸二と日本画家である二女・絹谷香菜子氏と親子で描き上げた合作『生命輝く』のほか、人間の生きる智慧を説く『般若心経』をテーマとした、対となる『自画像・夢』、『漆黒の自画像』を初出品する。 新しい日常へ向かう今だからこそ、家族や親子、そして生命のつながりの大切さを見つめなおし、まばゆい色彩で力強く、生命への賛美を描いた絹谷作品が紡ぐ“いのちのつながり”を巡る。 期間: 2020/12/19(土)~2021/6/28(月)※火曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館) 時間: 10:00~18:00、金曜・土曜・祝前日は10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで) 会場: 絹谷幸二 天空美術館(大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビルタワーウエスト27階) 料金: 大人¥1000、大・高・中学生¥600、小学生以下無料 問 : 06-6440-3760(絹谷幸二 天空美術館、開館時間内) URL: https://www.kinutani-tenku.jp/
20
12/20 第48回 ユーラシア・カフェ「モスクワ演劇留学記」
12/20 第48回 ユーラシア・カフェ「モスクワ演劇留学記」
12月 20 全日
12/20 第48回 ユーラシア・カフェ「モスクワ演劇留学記」
今世界中でベースとされている俳優教育システムは、ロシア生まれのスタニスラフスキーシステムというものである。日本とは違い、演劇大学を卒業しなければプロの俳優になれないロシアでは、現地の学生の中でも、演劇大学生の生活は珍しいようである。そこでは一体どのような訓練が行われているのか。モスクワの舞台芸術大学俳優コースに2年留学し、今年の8月に帰国した前田晴子さんが、実際の動画や写真、簡単な実技を交え語る。 期間: 2020/12/20(日) 時間: 14:00~16:00 会場: 日本ユーラシア協会大阪府連(大阪市中央区谷町7-3-4 新谷町第3ビル313号) 料金: ¥500(事前申込制) 問 : 06-6763-0877(日本ユーラシア協会大阪府連) URL: https://jes-osaka.jimdofree.com/
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

関連記事

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. 登録されている記事はございません。

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る