10/10(土)~11/29(日) テーマ展 秀吉の生涯

 

庶民から身をおこして戦国乱世を統一した豊臣秀吉は、日本史上でも屈指の人気と知名度を誇る人物である。虚実入り混じって伝わる彼のほんとうの経歴・業績はいかなるもので、どのような人々が彼の躍進を支えていたのか。本展では大阪城天守閣の収蔵する数々の名品や新出資料を通して秀吉の生涯を追い、魅力の尽きないその人物像に迫る。


期間: 2020/10/10(土)~11/29(日)
時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
会場: 大阪城天守閣3・4階展示室(大阪市中央区大阪城1-1)
料金: 天守閣入館料大人¥600、中学生以下無料
問 : 06-6941-3044(大阪城天守閣)
URL: https://www.osakacastle.net/

1
3/1~ 重要文化財 大阪城の櫓YAGURA特別公開
3/1~ 重要文化財 大阪城の櫓YAGURA特別公開
3月 1 – 11月 29 全日
3/1~ 重要文化財 大阪城の櫓YAGURA特別公開
重要文化財の古建造物(多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵)の長期特別公開を実施。櫓の公開を機に、大阪城内に残る櫓の創建や再建、修復の取組みなどに改めて注目し、大阪城がこれまで歩んできた多彩で豊かな歴史に触れてみては。 写真:千貫櫓 期間: 2020/3/1(日)~11/29(日)期間中の土日祝、8/1(土)~16(日)は連日公開 ※6/6(土)より再開 時間: 10:00~16:30(最終入場16:00) 会場: 【チケット売り場】大阪城西の丸庭園前券売所(大阪市中央区大阪城2) 料金: 【櫓共通券】多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵3棟分の入場料大人¥700、小人(中学生以下)¥300【セット券】3棟入場料+大阪城天守閣入館料大人¥1200 ※セット券の小人料金はなし 問 : 06-6755-4146(大阪城パークセンター) URL: https://www.osakacastle.net/ ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
6/2〜 特別展「天目―中国黒釉の美」
6/2〜 特別展「天目―中国黒釉の美」
6月 2 – 11月 8 全日
6/2〜 特別展「天目―中国黒釉の美」
中国陶磁の歴史において、重要な系譜の一つである天目をはじめとする黒釉陶磁にスポットをあて、日本伝世の油滴天目で唯一国宝に指定されている作品を含む当館所蔵品に、個人所蔵の作品を加えた唐時代から宋・金時代の作品計24点により、中国黒釉の世界とその美に迫る。なお、同時開催の特集展「現代の天目―伝統と創造」では、近現代の作家による天目作品を通して、伝統と創造による天目の多彩な表現を紹介。 国宝・油滴天目 南宋時代・12~13世紀/建窯 高7.5cm、口径12.2cm 大阪市立東洋陶磁美術館(住友グループ寄贈/安宅コレクション) 撮影:西川茂 期間: 2020/6/2(火)~11/8(日)※月曜(8/10(月祝)、9/21(月祝)は開館)、8/11(火)、9/23(水)は休館 時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区中之島1-1-26) 料金: 一般¥1400、高大生¥700、中学生以下無料 問 : 06-6223-0055(大阪市立東洋陶磁美術館) URL: http://www.moco.or.jp/ ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
7/4~ 【みのおてならいオンライン】倉橋みどりさんの「いのち輝く一句に出会う~はじめての人のための百句鑑賞講座」
7/4~ 【みのおてならいオンライン】倉橋みどりさんの「いのち輝く一句に出会う~はじめての人のための百句鑑賞講座」
7月 4 – 11月 21 全日
7/4~ 【みのおてならいオンライン】倉橋みどりさんの「いのち輝く一句に出会う~はじめての人のための百句鑑賞講座」
オンラインによる俳句鑑賞入門講座。講師は俳人協会幹事であり、NPO法人文化創造アルカ代表の俳人・倉橋みどりさん。5月に開催された第1シリーズに続き、古今の名句百句の鑑賞を目指す第2シリーズを開講。各回ごとの参加が可能。 <いのち輝く一句に出会う~各回テーマ> 7/4(土)第1回 花と樹と鳥と虫~四季のいきもの(終了) 7/18(土)第2回 風と雨と山と海~四季の風景(終了) 8/22(土)第3回 家族との日々 9/19(土)第4回 友への思い 10/17(土)第5回 地域の祭りと行事 10/31(土)第6回 別れを詠む~辞世と忌日 11/21(土)第7回 恋の一瞬、愛の永遠 期間: 2020/7/4(土)・18(土)、8/22(土)、9/19(土)、10/17・31(土)、11/21(土) 時間: 各回10:30~(約80分) 会場: Zoomによるオンライン開催、または箕面市内の生涯学習施設での視聴 料金: 1回¥800、2回以上の参加¥750×参加回数 問 : 050-3488-1543(みのおてならい事務局) URL: https://minohjuku.jimdo.com/20200704/
7/4~ ウィークエンド・シネマ 戦後75年特別企画
7/4~ ウィークエンド・シネマ 戦後75年特別企画
7月 4 – 11月 28 全日
7/4~ ウィークエンド・シネマ 戦後75年特別企画
毎週土曜日午後2時からの映画上映会。太平洋戦争70年の2011年に制作されたNHKスペシャル「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」を5ヵ月連続上映。 【上映作品】7月『“外交敗戦”孤立への道』(49分)、8月『巨大組織“陸軍”暴走のメカニズム』(49分)、9月『“熱狂”はこうして作られた』(49分)、10月『開戦・リーダーたちの迷走』(49分)、11月『果てしなき戦線拡大の悲劇』(58分) 期間: 2020/7/4(土)~11/28(土)毎週土曜日 ※8/15・22、9/12は除く 時間: 14:00(終了時間は上映作品により異なる) 会場: ピースおおさか 1階講堂(大阪市中央区大阪城2-1) 料金: 参加費無料(申込不要、当日先着順)、ピースおおさか入館料別途必要 大人¥250、高校生¥150、中学生以下無料 問 : 06-6947-7208(ピースおおさか) URL: http://www.peace-osaka.or.jp ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
7/22~ 企画展示 秀吉 天下人への足どり―資料と写真でたどる―
7/22~ 企画展示 秀吉 天下人への足どり―資料と写真でたどる―
7月 22 – 10月 8 全日
7/22~ 企画展示 秀吉 天下人への足どり―資料と写真でたどる―
豊臣秀吉は今の愛知県内に生まれ、織田信長に仕えて頭角をあらわし、信長なきあとは数々のライバルを退け天下統一を成しとげた。今回は、こうした秀吉の出世の歩みにかかわる資料を、ゆかりの地の写真とともに紹介。現在実施中の「若き日の秀吉ゆかりの地スタンプラリー」とあわせて楽しもう。 期間: 2020/7/22(水)~10/8(木) 時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪城天守閣4階展示室(大阪市中央区大阪城1-1) 料金: 天守閣入館料大人¥600、中学生以下無料 問 : 06-6941-3044(大阪城天守閣) URL: https://www.osakacastle.net/ ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
7/23~ 企画展「歳時記と祝い事」※会期延長
7/23~ 企画展「歳時記と祝い事」※会期延長
7月 23 – 10月 4 全日
7/23~ 企画展「歳時記と祝い事」※会期延長
これまでに収集した館蔵品の中から「歳時記(さいじき)」と「祝い事(いわいごと)」に関連する絵画資料、染織資料、工芸品、節句飾りなどを展示。季節にあわせて飾られた掛軸や屏風、節句飾りや年中行事に用いられた漆器、贈答用の袱紗、通過儀礼の際に身にまとった宮参りや婚礼の衣装など「ハレの日」を彩った100点余りが展示される。五節句や年中行事、人の一生の節目にあたる儀礼など、大阪の人々が大切に守ってきた生活文化に触れてみては。 また、9/16(水)からは、新収蔵品「職人尽くし」屏風を初公開。街で活動する多種多様な職人や商人が描かれ、街の賑わいやそこに暮らす人々の日常がいきいきと伝わってくる魅力的な資料である。 写真:「職人尽くし」屏風(八曲一双)作者不明 期間: 2020/7/23(木祝)~10/4(日)※毎週火曜、9/7(月)~11(金)休館 時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館 企画展示室(大阪市北区天神橋6-4-20 住まい情報センタービル8階) 料金: 企画展のみ¥300、常設展とのセット券 一般¥800・高大生¥500 問 : 06-6242-1170(大阪くらしの今昔館) URL: http://konjyakukan.com
7/23~ 大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)完成記念 夏の展示 大坂冬の陣・夏の陣図屏風~豊臣vs徳川 激闘の記憶~
7/23~ 大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)完成記念 夏の展示 大坂冬の陣・夏の陣図屏風~豊臣vs徳川 激闘の記憶~
7月 23 – 10月 7 全日
7/23~ 大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)完成記念 夏の展示 大坂冬の陣・夏の陣図屏風~豊臣vs徳川 激闘の記憶~
江戸時代後期の模写本が東京国立博物館に所蔵されるのみで、原本は行方不明となっている、慶長19年(1614)の大坂冬の陣の様子を描いた大坂冬の陣図屏風。本展では、凸版印刷が取り組んだ復元プロジェクトの成果である大坂冬の陣図屏風(デジタル想定復元)を関西で初めてお披露目し、大阪城天守閣が所蔵する大坂夏の陣図屏風(重要文化財)とともに展示する。 写真:大坂冬の陣図屏風(肉筆模写)(左隻) 期間: 2020/7/23(木祝)~10/7(水) 時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪城天守閣3階展示室(大阪市中央区大阪城1-1) 料金: 天守閣入館料大人¥600、中学生以下無料 問 : 06-6941-3044(大阪城天守閣) URL: https://www.osakacastle.net/ ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
8/1~ 美神降臨~≪復活(ルネッサンス)≫の時「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」初出品
8/1~ 美神降臨~≪復活(ルネッサンス)≫の時「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」初出品
8月 1 – 12月 14 全日
8/1~ 美神降臨~≪復活(ルネッサンス)≫の時「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」初出品
天災、疫病、戦禍…。人間の歴史は、多くの苦難を乗り越えながらいかに「生命の輝き」を実現させるか、その試練の集積でもある。人々はそこに美術・藝術を通じて奇跡を求め、その力を信じたのである。 この度、絹谷幸二天空美術館が全人類へ贈る大いなるメッセージ《復活》。疲弊した人心に勇気を与え、森羅万象が千変万化する豊饒なるイメージ世界へ万人を誘う。初出品の旋廻する巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」堂々の降臨! 期間: 2020/8/1(土)~12/14(月)※火曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館) 時間: 10:00~18:00、金曜・土曜・祝前日は10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで) 会場: 絹谷幸二 天空美術館(大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビルタワーウエスト27階) 料金: 大人¥1000、大・高・中学生¥600、小学生以下無料 問 : 06-6440-3760(絹谷幸二 天空美術館、開館時間内) URL: https://www.kinutani-tenku.jp/
8/26~ 特集展示「新発見!なにわの考古学2020」
8/26~ 特集展示「新発見!なにわの考古学2020」
8月 26 – 11月 9 全日
8/26~ 特集展示「新発見!なにわの考古学2020」
瀬戸内地域産の瓦質土器 江戸時代(19世紀) 広島藩大坂蔵屋敷跡 大阪市教育委員会蔵 令和元年(2019)度に大阪市文化財協会・大阪市教育委員会が行った大阪市内の遺跡発掘調査・報告のうち、古代の石で組まれた暗渠(あんきょ)と出土遺物(難波宮跡)、中世の祭祀に関わって埋納された土師器(鷺洲遺跡)、近世の瀬戸内各地の多様な陶磁器・瓦類(広島藩大坂蔵屋敷跡)といった成果を含め、約250点の出土資料を発掘調査の写真パネルとともに紹介。展示を通じて、出土資料が語りかける新発見の大阪の歴史に触れてみよう。 期間: 2020/8/26(水)~11/9(月)※火曜休館、9/22(火祝)・11/3(火祝)は開館、9/23(水)・11/4(水)は休館 時間: 9:30~17:00、11/6(金)は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで) 会場: 大阪歴史博物館8階特集展示室(大阪市中央区大手前4-1-32) 料金: 大人¥600、高校・大学生¥400、中学生以下は無料 問 : 06-6946-5728(大阪歴史博物館) URL: http://www.mus-his.city.osaka.jp/ ※施設への入館または利用にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、公式サイトにて掲載されているお願い事項等を必ずご確認ください。
8/29~ 令和2年秋季展「国焼茶碗はおもしろい ‐茶人たちが採り上げた各地の茶陶-」
8/29~ 令和2年秋季展「国焼茶碗はおもしろい ‐茶人たちが採り上げた各地の茶陶-」
8月 29 – 12月 13 全日
8/29~ 令和2年秋季展「国焼茶碗はおもしろい ‐茶人たちが採り上げた各地の茶陶-」
わが国で焼かれた茶碗、とりわけ各地方の地名や窯名をとって呼ばれている茶碗「国焼茶碗」。その魅力は、日本各地に存在する窯のそれぞれの成り立ちによる多様性である。本展では、茶人に愛された国焼茶碗を中心に、茶道具・懐石道具をおよそ50点を展示。喫茶の歴史とともに花開いた国焼の数々を楽しもう。 写真:高取焼沓形茶碗 期間: 2020/8/29(土)~12/13(日)※月曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館) 時間: 10:00~16:30(入館は16:00まで)、9/4(金)・10/2(金)・11/6(金)・12/4(金)は19:00まで開館(入館は18:30まで) 会場: 湯木美術館(大阪市中央区平野町3-3-9) 料金: 一般¥700、大学生¥400、高校生¥300 問 : 06-6203-0188(湯木美術館) URL: http://www.yuki-museum.or.jp/
2
3
9/3~ 山王美術館 秋・冬季コレクション展2020 人びとの生活を彩る愛おしい生命たち「いきもの展」
9/3~ 山王美術館 秋・冬季コレクション展2020 人びとの生活を彩る愛おしい生命たち「いきもの展」
9月 3 2020 – 1月 31 2021 全日
9/3~ 山王美術館 秋・冬季コレクション展2020 人びとの生活を彩る愛おしい生命たち「いきもの展」
山王美術館収蔵品のなかより、「いきもの」が描かれている作品ばかりに焦点を当て、その魅力を伝える展覧会。私たちの生活に様々な形で溶け込み、深い愛情や潤い、彩りを与えてくれる「いきもの」を描いた作品を、真正面からとらえた「ザ!いきもの」や、これ、どこにいきものいるの?と思うような「風景の中のいきもの」など10のテーマに分けて展示。いきものの愛らしい姿、表情はもちろん、画家のいきものへのまなざし、感性、技法の多様さなどを見比べて鑑賞しよう。 期間: 2020/9/3(木)~2021/1/31(日)※月~水曜(祝日は開館)、12/28(月)~1/1(金祝)休館 時間: 11:00~17:00(入場は16:30まで) 会場: 山王美術館(大阪市浪速区湊町1-2-3 ホテルモントレグラスミア大阪22階) 料金: 一般¥1000、大高生¥500(中学生以下、保護者同伴に限り2名まで無料) 問 : 06-6645-7111(ホテルモントレグラスミア大阪代表) URL: https://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum/
9/3~ 梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
9/3~ 梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
9月 3 – 12月 1 全日
9/3~ 梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
多数の学術調査に参加した知の先覚者であり、みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫。本展では梅棹忠夫が残したアーカイブズ資料のなかから、著書『知的生産の技術』(1969年)の直筆原稿のほか、海外での調査記録など実物資料を展示。また、AIも利用した先駆的なデジタル・アーカイブズを実際に体験できる。期間中にはセミナー等関連イベントも開催。 ※新型コロナウイルス感染症の予防のため会期・イベント等を変更・中止する場合があります。事前にHPでご確認ください。また、オンライン予約でのご来館にご協力ください。 期間: 2020/9/3(木)~12/1(火)※水曜休館 時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 国立民族学博物館 本館企画展示場(吹田市千里万博公園10-1) 料金: 一般¥580、大学生¥250、高校生以下無料 問 : 06-6876-2151(国立民族学博物館) URL: https://www.minpaku.ac.jp/
4
9/4~ 雨展~あらぶる雨・めぐみの雨~
9/4~ 雨展~あらぶる雨・めぐみの雨~
9月 4 – 10月 18 全日
9/4~ 雨展~あらぶる雨・めぐみの雨~
身近な存在だが、とても大きな力を持っている「雨」。時には猛威を振るい、時には私たちの暮らしに欠かせない水を供給してくれる。企画展「雨展」では、「あらぶる雨」と「めぐみの雨」に注目し、雨の特性、雨の科学、雨と暮らし、雨と防災など、様々なトピックを取り上げ展示。みなさんが普段見ているのとは少し違った視点から、雨の不思議に迫る。 期間: 2020/9/4(金)~10/18(日) 時間: 10:00~17:00 会場: 川の駅「はちけんや」地下1階(大阪市中央区北浜東1-2) 料金: 無料 問 : 06-6942-0555(大阪水上バス内) URL: http://www.a-rr.net/jp/jawanet/
5
6
7
8
9/8~ 伝統芸能塾 まっちゃまちサロンPLUS
9/8~ 伝統芸能塾 まっちゃまちサロンPLUS
9月 8 – 12月 1 全日
9/8~ 伝統芸能塾 まっちゃまちサロンPLUS
国登録文化財の指定を受けた山本能楽堂にて各芸能の第一線で活躍する演者が、知れば知るほど面白くなる伝統芸能の魅力を紹介する人気講座。 9月「能」講師:観世流能楽師シテ方 山本章弘 10月「落語」講師:桂吉坊 11月「能」講師:下掛宝生流能楽師ワキ方 安田登 12月「狂言」講師:14:00大蔵流能楽師狂言方 善竹隆平、19:00大蔵流能楽師狂言方 茂山千之丞 ※演目の上演はございません。 期間: 2020/9/8(火)・10/6(火)・11/2(月)・12/1(火) 時間: ①14:00②19:00(各90分) 会場: 山本能楽堂(大阪市中央区徳井町1-3-6) 料金: ¥1000 問 : 06-6943-9454(山本能楽堂、平日10:00~17:00) URL: http://www.noh-theater.com/
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
9/19〜 朝光ワカコ「first thing in the morning」
9/19〜 朝光ワカコ「first thing in the morning」
9月 19 – 10月 3 全日
9/19〜 朝光ワカコ「first thing in the morning」
天満にあるギャラリースペースhitotoで初となる美術作家・イラストレーター、朝光ワカコの個展を開催。主な仕事に『去年の雪』(江國香織 著)、『彼女の家出』(平松洋子 著)の装丁画など。 期間: 2020/9/19(土)〜10/3(土)※火・水曜休み 時間: 13:00~19:00 会場: hitoto(大阪市北区天神橋5-7-12天五共栄ビル301) 料金: 入場無料 問 : info@hitoto.info URL: https://hitoto.info
9/19~ OSAKA あれこれ街歩き講座
9/19~ OSAKA あれこれ街歩き講座
9月 19 – 11月 21 全日
9/19~ OSAKA あれこれ街歩き講座
大阪府立大学大阪検定客員研究員を講師に迎え、改めて大阪のまちの新たな発見をして欲しい、という想いを込めた講座を開催。かつて“天下の台所”、“東洋のマンチェスター”と呼ばれた『おおさか』。金融の視点、絵師が描いた『浪花百景』、北尾鐐之助が歩いた『近代大阪』をキーワードに様々な視点から大阪の街を学ぶ。 期間: 2020/9/19(土)・10/17(土)・11/21(土) 時間: 13:00~15:00(質疑応答含む)、受付13:00~ 会場: 大阪府立中之島図書館 別館2階 貸会議室(大阪市北区中之島1-2-10) 料金: 各回¥500(定員各回40名、要事前申込) 問 : 06-6203-0474(図書館代表)(大阪府立中之島図書館指定管理者 株式会社アスウェル) URL: https://www.nakanoshima-library.jp/
9/19~ 逸翁美術館2020展示Ⅲ「歌舞伎の中の女たち -姫・妻・悪女-」
9/19~ 逸翁美術館2020展示Ⅲ「歌舞伎の中の女たち -姫・妻・悪女-」
9月 19 – 12月 6 全日
9/19~ 逸翁美術館2020展示Ⅲ「歌舞伎の中の女たち -姫・妻・悪女-」
女方とは男性ばかりで演じる歌舞伎の中の女性の役、またそれを演じる俳優のことで、その中にはさまざまな役柄がある。本展ではこのような女方を描いた浮世絵から、衣装が表わす意味や、役の性根を読み解いていく。浮世絵に描かれるのも、現代の舞台で演じるのも全て男性だということを忘れてしまいそうな究極の「女方芸」に触れてみよう。 期間: 2020/9/19(土)~12/6(日)※月曜休館(祝日の場合は開館、翌火曜休館)、10/19(月)~30(金)は展示替えのため休館 時間: 10:00~17:00(入館は16:20まで) 会場: 逸翁美術館 展示室(池田市栄本町12-27) 料金: 一般¥700、高大生¥500、中学生以下無料 問 : 072-751-3865(逸翁美術館) URL: http://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/exhibition/2420/
20
21
22
9/22~ IDEABOOKS ARTBOOK EXHIBITION
9/22~ IDEABOOKS ARTBOOK EXHIBITION
9月 22 – 10月 3 全日
9/22~ IDEABOOKS ARTBOOK EXHIBITION
アムステルダムのインディー系アートブックディストリビューターが取り扱う、欧州を中心に中東やアジアなど世界中の、美術、建築、デザイン、写真などのビジュアルブックを手にとって見ることができ、購入もできる。 期間: 2020/9/22(火)~10/3(土)※日・月曜休み 時間: 12:00~19:00(土曜日は18:00まで、最終日は15:00まで) 会場: Calo Bookshop & Cafe(大阪市西区江戸堀1丁目8-24 若狭ビル5階) 料金: 入場無料 問 : 06-6447-4777(Calo Bookshop & Cafe) URL: http://www.calobookshop.com
23
24
9/24~ 「ガンディーと旅するインド」展
9/24~ 「ガンディーと旅するインド」展
9月 24 – 10月 7 全日
9/24~ 「ガンディーと旅するインド」展
マハートマー・ガンディー生誕150年を記念して開催。インド建国の父・ガンディーの教えと理想とは…。息をのむような現代インドの風景、多様性に富む文化と言語を紹介する写真や書籍の展示をとおして、ガンディーの思想をたどる旅に出よう! 期間: 2020/9/24(木)~10/7(水)※日曜・祝日休館 時間: 9:00~20:00(土曜日は17:00まで) 会場: 大阪府立中之島図書館 本館2階 レンタルスペース1(大阪市北区中之島1-2-10) 料金: 無料 問 : 06-6203-0474(図書館代表)(大阪府立中之島図書館指定管理者 株式会社アスウェル) URL: https://www.nakanoshima-library.jp/
25
26
9/26~ emiumigumi 2020 new collection ” SUN WAVE “ 04 ~刺繍ものがたり~
9/26~ emiumigumi 2020 new collection ” SUN WAVE “ 04 ~刺繍ものがたり~
9月 26 – 10月 11 全日
9/26~ emiumigumi 2020 new collection " SUN WAVE “ 04 ~刺繍ものがたり~
刺繍デザイナー田村恵美さんが手掛ける emiumigumiの個展を開催。2020年のコレクションタイトルでありテーマでもある”SUN WAVE”は、1年を通じてインスタレーションのように新しい作品を次々と発表していく取り組みの一環である。 期間: 2020/9/26(土)~10/11(日)※水曜休み 時間: 13:00~19:00 会場: NEW PURE +(大阪市中央区淡路町1-1-4) 料金: 入場無料 問 : 06-6226-8574(NEW PURE +) URL: https://www.instagram.com/new_pure_plus/?hl=ja
9/26~ 休日の朝の能講座「能活」
9/26~ 休日の朝の能講座「能活」
9月 26 – 10月 24 全日
9/26~ 休日の朝の能講座「能活」
各回演目、テーマを絞り、少し踏み込んだ解説が好評の能講座。休日の朝、伝統芸能に触れ一日を有意義に過ごそう。 9月「葵上(あおいのうえ)」の巻/講師:シテ方 前田和子、小鼓 荒木建作、大鼓 森山泰幸 10月「お囃子」の巻/講師:笛 斉藤敦、小鼓 古田知英、大鼓 守家由訓、太鼓 中田弘美 期間: 2020/9/26(土)・10/24(土) 時間: 10:30~11:30 会場: 山本能楽堂(大阪市中央区徳井町1-3-6) 料金: ¥1000 問 : 06-6943-9454(山本能楽堂、平日10:00~17:00) URL: http://www.noh-theater.com/
27
28
29
9/29~ 長崎彰太 個展 空飛ぶ円盤
9/29~ 長崎彰太 個展 空飛ぶ円盤
9月 29 – 10月 11 全日
9/29~ 長崎彰太 個展 空飛ぶ円盤
真鍮で雑貨や文房具を作る作家・⻑崎彰太の個展。今回はUFOをモチーフにしたプラスチック製のフリスビー、照明、画鋲など様々な作品を展示販売。 期間: 2020/9/29(火)~10/11(日)※月曜休み 時間: 平日13:00~20:00、土日13:00~18:00 会場: FOLK old book store(大阪市中央区平野町1-2-1) 料金: 入場無料 問 : 06-7172-5980(FOLK old book store) URL: http://www.folkbookstore.com/
30
9/30~ 高円宮妃久子殿下写真展「遊風の鳥たち」
9/30~ 高円宮妃久子殿下写真展「遊風の鳥たち」
9月 30 – 10月 14 全日
9/30~ 高円宮妃久子殿下写真展「遊風の鳥たち」
鳥についてのご造脂が深く、イギリスに本部を置く国際環境NGO「バードライフ・インターナショナル」の名誉総裁を務められるなど、自然環境保全にお力を注がれていらっしゃる高円宮妃久子殿下。高円宮妃久子殿下が撮影された迫力ある姿や可愛らしい姿など、さまざまな魅力にあふれている野鳥たちの写真を展示する。 期間: 2020/9/30(水)~10/14(水) 時間: 11:00~19:00(入場は18:30まで) 会場: あべのハルカス24階 大阪芸術大学スカイキャンパス(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43) 料金: 一般¥500 問 : 06-6654-5557(大阪芸術大学 スカイキャンパス事務局) URL: https://www.osaka-geidai.ac.jp/whatsnew/art_exhibition_yufunotori_new2

関連記事

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. 登録されている記事はございません。

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る