5/29(金)・30(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映終了日は劇場によって異なりますので、公式サイトまたは劇場HPにてご確認ください。

5/29(金)

栄光のマイヨジョーヌ

オーストラリアのプロ・サイクリング・ロードレースチーム「グリーンエッジ」の結成から国際レースに挑んだ5年の軌跡に密着したドキュメンタリー。メンバーそれぞれがその深い人間性を糧にレースに挑み、発足当初はちぐはぐだったチームからまさかのチャンピオンが誕生する。
上映館: OSCシネマ

5/29(金)

Mommy/マミー

カナダの俊英グザヴィエ・ドラン監督作品。2015年、架空の国、カナダで起こった現実???ユーモラスな親子の日常を舞台に、全宇宙共通のテーマ「母と子」の深い愛情と葛藤を描く人間ドラマ。
上映館: OSCシネマ

5/29(金)

MERU メルー

ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁“シャークスフィン”。この難攻不落の直登ダイレクトルートに挑んで敗れた3人の一流クライマーたちが、過去や葛藤を乗り越え、再び過酷な大自然に立ち向かっていく姿を描いた、壮大なスケールの山岳ヒューマン・ドキュメンタリー。監督:ジミー・チン、エリザベス・C・バサルヘリィ
上映館: OSCシネマ

5/29(金)

フリーソロ

人類史上最大の挑戦と呼ばれる前人未到のクライミング、その驚異の全貌に世界中が息をのんだ傑作ドキュメンタリー。世界屈指の美しくも危険な断崖絶壁に挑む若きクライマー、アレックス・オノルドの姿をダイナミックに捉え、息ののまずにはいられない興奮と目眩を誘う”生きるか、死ぬか”の極限映像。監督:エリザベス・チャイ・バサルヘリィ&ジミー・チン
上映館: OSCシネマ

5/29(金)

たかが世界の終わり

カナダのグザビエ・ドラン監督が、劇作家ジャン=リュック・ラガルスの舞台劇「まさに世界の終わり」を原作に、マリオン・コティヤール、レア・セドゥー、ギャスパー・ウリエルらフランス映画界を代表する実力派キャストで撮りあげた人間ドラマ。自分の死期が近いことを伝えるため12年ぶりに帰郷した若手作家の苦悩と家族の葛藤や愛を描く。
上映館: OSCシネマ

5/29(金)

弥生、三月 君を愛した30年

「同期のサクラ」「家政婦のミタ」など、数々の大ヒットドラマを生み出してきた稀代の脚本家・遊川和彦描く、<運命で結ばれた二人の30年>を<3月だけ>で紡ぐ激動のラブストーリー。昭和、平成、令和と時代を跨ぎ、運命に翻弄されながらも運命を信じた二人の30年に、きっと涙する。出演:波瑠、成田凌、杉咲花、岡田健史、小澤征悦、黒木瞳 上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば / あべのアポロシネマ
© 2020「弥生、三月」製作委員会

5/29(金)

ミッドサマー【R15+】

『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督最新作。恐怖の歴史を覆す、暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に、天才的な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、観る者を魅惑する極彩色の映像美が一体となり、永遠に忘れられない結末に到達した“フェスティバル・スリラー”。5人の学生が招かれたのは、白夜に照らされた狂気の祭だった――。
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば / あべのアポロシネマ
©2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

5/29(金)

貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-

「PRINCE OF LEGEND」が、装いも新たにスクリーンに帰ってくる!!前作で様々な抗争の末、貴族・ドリーとなった一介の土木業者・安藤シンタロウ。今作ではドリー率いるエレガントな貴族たちが“伝説”の称号を巡り、王子たちと空前の大バトルを繰り広げる。白濱亜嵐率いる“貴族”と片寄涼太率いる“王子”が火花を散らす。
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば
© 2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

5/29(金)

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR

2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』の第三期TVシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』で描かれたふたりの新人監視官の物語が本作でついに完結。変わりゆく世界で真実を追い求める慎導灼、炯・ミハイル・イグナトフが辿り着く先にあるものとは—。
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/29(金)

劇場版「SHIROBAKO」

清濁あわせのむアニメーション業界の日常、実情、実態を時に柔らかく時に厳しく、赤裸々に描いたテレビアニメーション「SHIROBAKO」待望の新作・劇場版。監督:水島努、原作:武蔵野アニメーション、キャラクターデザイン・総作画監督:関口可奈味
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば /梅田ブルク7[6/1(月)~]

5/29(金)

火口のふたり【R18+】

直木賞作家・白石一文による著作の初の映画化。結婚式を5日後に控えた女と再会を果たした男の極限の愛を描く。身体に刻まれた快楽の記憶と葛藤の果てに、ふたりが辿り着いた先は―。監督:荒井晴彦/出演:柄本佑、瀧内公美
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/29(金)

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん

アヌシー国際映画祭・観客賞、東京アニメアワードフェスティバルグランプリ受賞作品がついに日本公開!19世紀ロシア。大好きな祖父が北極探検の途中消息を絶ったことを悩む14歳の少女サーシャ。 地に堕ちた祖父の汚名を晴らすべく一歩を踏み出した少女の行く先には─。監督: レミ・シャイエ
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/29(金)

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~

Twitter世界トレンドNo.1ドラマ、奇跡の映画化!田中圭・吉田鋼太郎・林遣都に加え沢村一樹・志尊淳が新たに参戦!!永遠の愛を誓ったあの日から1年が過ぎ、上海・香港転勤を経て帰国した春田。黒澤をはじめおなじみメンバーが顔を揃えて迎えるなか、新プロジェクトの発足により牧との心の距離が離れていってしまう…。おっさんたちの愛の頂上決戦(ラブ・バトルロワイアル)、ついに完結。監督:瑠東東一郎、脚本:徳尾浩司
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/29(金)

シン・ゴジラ

総監督・脚本は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎が准監督で、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出す。出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/29(金)

君の膵臓をたべたい

刺激的なタイトルと物語の美しさのギャップで、ベストセラー小説となった住野よるの小説を実写映画化した青春ドラマ。想像を超える結末と、タイトルに隠された本当の意味とは―――。監督:月川翔/出演:浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗旬
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/29(金)

オズの魔法使(1939)

ヴィクター・フレミングが監督を務め、アメリカの童話作家L・フランク・ボームの童話を色彩(テクニカラー)映画化。出演:ジュディ・ガーランド
上映館: TOHO梅田

5/29(金)

ベン・ハー(1959)

ルー・ウォーレスによる同名ベストセラー小説の3度目の映画化。西暦1世紀の初め、ローマ帝国支配下のエルサレムに生まれたユダヤ人貴族の息子ベン・ハーの波乱に富んだ半生を、イエス・キリストの生涯と絡ませて描いた歴史スペクタクル大作。監督:ウィリアム・ワイラー
上映館: TOHO梅田

5/29(金)

タワーリング・インフェルノ(1974)

サンフランシスコにそびえ立つ地上138階の超高層ビル“グラス・タワー”落成式の日、発電機の故障から発火、たちまちビルは炎の地獄と化した。20世紀フォックスとワーナー・ブラザースがそれぞれに企画していたビル火災の映画を合作、オールスター・キャストで映像化した掛値なしのパニック超大作。
上映館: TOHO梅田

5/29(金)

リオ・ブラボー(1959)

颯爽たるファースト・シーンに始まり、計算されたアクションを散りばめた、歌あり恋ありの痛快西部劇。監督・製作:ハワード・ホークス
上映館: TOHO梅田

5/29(金)

スパイダーマン:ホームカミング

サム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』、マーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演の『アメイジング・スパイダーマン』に続く、3度目の映画化となる新たな「スパイダーマン」。主人公スパイダーマン=ピーター・パーカー役は、『インポッシブル』のトム・ホランドが務める。監督:ジョン・ワッツ
上映館: TOHOなんば

5/29(金)

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム

スパイダーマン=ピーター・パーカー役をトム・ホランドが演じた『スパイダーマン:ホームカミング』の続編。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、高校生のピーター・パーカーの新たな戦いと成長を描く。監督は、前作に続いてジョン・ワッツが務めた。
上映館: TOHOなんば

5/29(金)

ローマの休日(1953)

永遠の都ローマを舞台に、欧州歴訪中の小国の王女アンとアメリカ人新聞記者ジョーとのロマンティックで切ない恋を描いたラヴ・ストーリー。世界を魅了したオードリーの可憐な美しさは、世紀が変わった今もまったく色褪せない。
上映館: TOHOなんば

5/29(金)

エデンの東(1955)

旧約聖書のカインとアベルの物語をベースにジョン・スタインベックの同名小説を、名匠エリア・カザン監督が映画化した青春ドラマ。1917年のアメリカ・カリフォルニア北部の町サリナスを舞台に、ジェームズ・ディーン演じる孤独な青年キャルの苦悩や家族との確執を描く。
上映館: TOHOなんば

5/29(金)

俺たちに明日はない(1967)

デイヴィッド・ニューマンとロバート・ベントンの脚本から「逃亡地帯」のアーサー・ペンが監督した青春もの。出演は製作もかねて「カレードマン 大胆不敵」のウォーレン・ベイティ、「夕陽よ急げ」のフェイ・ダナウェイ、「アメリカ上陸作戦」のマイケル・J・ポラード、「水曜ならいいわ」のジーン・ハックマン、エステル・パーソンズほか。
上映館: TOHOなんば

5/29(金)

ブレードランナー ファイナル・カット

SF映画の金字塔「ブレードランナー」を、初公開から25年を迎えた2007年にリドリー・スコット監督自らが再編集とデジタル修正を施してよみがえらせたファイナルカット版。
上映館: TOHOなんば

5/29(金)

AKIRA(IMAX)

1982年「ヤングマガジン」で連載が開始されたコミックを、原作者・大友克洋自らが監督を務め、1988年にアニメーション映画化。最高機密「アキラ」を中心に、暴走族の少年たちや軍隊がネオ東京で繰り広げる戦いを描き、当時では考えられない期間と労力、最高の技法を費やした伝説的作品が4Kリマスター版で再臨。
上映館: TOHOなんば

5/29(金)

鉄道員(ぽっぽや)/志村けんさん追悼(1999)

浅田次郎の直木賞受賞作をの同名小説を、高倉健主演で映画化した人生ドラマ。北海道の雪深い町の駅舎を舞台に、鉄道員として生きたひとりの男の姿を綴る。出演に、小林稔侍、大竹しのぶ、広末涼子。
上映館: あべのアポロシネマ

5/29(金)

プロメア【前日譚映像付き】

今石洋之監督×中島かずき脚本による初のオリジナル劇場アニメーション。炎を操る人種の出現から30年、攻撃的な一部の面々が〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。〈マッドバーニッシュ〉のリーダー・リオと、高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉の新人隊員・ガロの熱き魂がぶつかりあう、二人の戦いの結末は――。声の出演に松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人。
上映館: 梅田ブルク7[6/1(月)~] / あべのアポロシネマ

5/29(金)

星屑の町

劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰によるユニット「星屑の会」による舞台「星屑の町」シリーズ。25年にわたり愛され続けた人気舞台が、ハローナイツのメンバー変わらず、ヒロインにのんを迎え遂に映画化。懐かしい昭和歌謡の名曲にのせて、見たことのない最高のステージが幕を開ける。
上映館: あべのアポロシネマ

5/29(金)

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明【R15+】

つくしあきひとの同名コミックを原作とするテレビアニメ「メイドインアビス」の劇場版。隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴「アビス」。アビスの縁に築かれた街「オース」に暮らす孤児のリコが仲間とともに繰り広げる冒険活劇。監督:小島正幸
上映館: あべのアポロシネマ

5/29(金)

時をかける少女/大林宣彦監督追悼(1983)

筒井康隆の名作SF小説を映画化した青春ファンタジー。本作が映画初主演となる原田知世がヒロインを好演し、大ブレイクを果たした。
上映館: あべのアポロシネマ

5/29(金)

ねらわれた学園/大林宣彦監督追悼(1981)

SF作家・眉村卓の少年少女向け同名ベストセラー小説を、薬師丸ひろ子主演で実写映画化した青春ファンタジー。
上映館: あべのアポロシネマ

5/29(金)

ケアニン~こころに咲く花~

介護現場の現実を描いた『ケアニン〜あなたでよかった〜』の続編。前作と同じスタッフ、メインキャストにより、今作では大型介護施設に舞台を移し、慣れないルールに戸惑いながらも奮闘する介護福祉士と、入所してきた妻とその夫との関わりを通して介護の在り方を描く感動作。
上映館: あべのアポロシネマ

5/29(金)

Fukushima 50

2011年3月11日午後2時46分。東日本大震災発生。福島第一原発を襲う、史上最大の危機―原発内で戦い続けた50人の作業員たち。本当は何が起きていたのか?何が真実か?家族を、そしてふるさとを想う人々の知られざるドラマが、ついに明らかになる。原作:門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」/出演:佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直人、火野正平
上映館: あべのアポロシネマ

5/29(金)

CURED キュアード

アイルランドの新人監督デヴィッド・フレインが新たに創造した、ゾンビ・ウイルスのパンデミックが収束した“その後”を描く異色の近未来スリラー。元感染者は真の人間性を取り戻し、市民に受け入れられるのか…現在の世界情勢に照らし合わせ、観る者に問いかける衝撃作。
上映館: シネ・リーブル梅田
© Tilted Pictures Limited 2017

5/29(金)

最高の花婿 アンコール

敬虔なカトリック教徒夫妻の4人の娘たちが、それぞれアラブ人、ユダヤ人、中国人、コートジボワール人と結婚したことから起こる異文化バトルをユーモアたっぷりに描き、記録的大ヒットとなったフランス映画『最高の花婿』待望の続編。今度は婿たちが大反乱!?欠点だらけだが憎めない、あの多国籍ファミリーが、さらなる大騒動と事件を抱えて帰ってきた。監督:フィリップ・ドゥ・ショーブロン
上映館: シネ・リーブル梅田
©2018 LES FILMS DU PREMIER – LES FILMS DU 24 – TF1 FILMS PRODUCTION

5/29(金)

恐竜が教えてくれたこと

オランダの小さな島での七日間のバカンス。パパを知らないテスとぼくの人生を変える七日間が、そこには確かに存在していた…。大切な人との思い出が色とりどりにつながっていく、児童文学の名著「ぼくとテスの秘密の七日間」を映画化。監督:ステフェン・ワウテルロウト
上映館: シネ・リーブル梅田
©2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH

5/29(金)

在りし日の歌

『薄氷の殺人』のワン・ジンチュンと『黒衣の刺客』のヨン・メイを主演に、中国第六世代の名匠ワン・シャオシュアイが織り成す、珠玉の人間ドラマ。変貌し続ける社会の片隅で、喜びも悲しみも分かち合い、時を重ねる夫婦30年の物語。第69回ベルリン国際映画祭で最優秀男優賞と最優秀女優賞をダブル受賞。
上映館: テアトル梅田
© Dongchun Films Production

5/29(金)

悲しみより、もっと悲しい物語【PG12】

クォン・サンウ主演、2009年の韓国映画『悲しみよりもっと悲しい物語』を、台湾の新世代監督ギャビン・リンがリメイク。台湾で大ヒットを記録したラブストーリー。孤独を抱え出会った男女の悲恋の物語を、台湾らしいみずみずしい描写で軽やかに綴る。
上映館: シネマート心斎橋

5/29(金)

暗数殺人

韓国全土に衝撃を与えた実際の事件を基に、ミステリアスな殺人犯と未解決事件を追う刑事の息詰まる攻防を描くサスペンスミステリー。刑事役に名優キム・ユンソク、連続殺人を告白し刑事を翻弄する謎めいた男をチュ・ジフンが演じ強烈な存在感を放つ。監督:キム・テギュン
上映館: シネマート心斎橋
© 2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

5/29(金)

人間の時間【R18+】

様々な年齢と職業の人間が退役した軍艦に乗り合いクルーズ旅行をする中で、海を航海していた軍艦が異次元に辿り着くことにより、取り残された乗客たちが生き残りをかけて様々な悲劇的事件を起こしていく様を描いた、キム・ギドク史上最も不穏で過激なファンタジー作品。日韓の人気俳優が豪華共演。
上映館: シネマート心斎橋

5/29(金)

娘は戦場で生まれた

第72回カンヌ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞。いまだ解決をみない未曽有の戦地シリアで、死と隣り合わせの中、娘のためにカメラを回し続ける母の姿を捉えた、緊迫のドキュメンタリー。
上映館: シネマート心斎橋

5/30(土)

グリーン・ライ ~エコの嘘~

スーパーで見かける「環境に優しい」商品の真実を探るため、ヴェルナー・ブーテ監督は、グリーンウォッシングの専門家カトリン・ハートマンとともに世界一周の旅に出発、体当たり取材を敢行。言葉の裏側に隠された残酷な真実に迫るオーストリアのドキュメンタリー。
上映館: 第七藝術劇場

5/30(土)

春を告げる町

東日本大震災直後に全町避難を余儀なくされ、東京電力や自衛隊の前線基地になった福島県双葉郡広野町。あれから9年――「復興五輪」をかかげる2020年東京オリンピックの聖火リレーは、この町からスタートする。「復興」とは何か?広野町の人びとの現在の姿を追う。監督:島田隆一
上映館: 第七藝術劇場

5/30(土)

OP PICTURES+フェス 傑作選

年間36作品コンスタントにピンク映画を製作する「OP PICTURES」が、従来のR18+作品とは別に、世界観はそのままに老若男女問わず楽しめるR15+バージョンの作品をお届けするプロジェクト「OP PICTURES+」。2019年上映作品の中から厳選4作品を日替わりで上映。
上映館: シアターセブン

6/1(月)

存在のない子供たち【PG12】

両親を訴えたい。こんな世の中に僕を産んだから。長編デビュー作「キャラメル」が高い評価を得たレバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、貧しさゆえに親からまともな愛情も受けることができずに生きる12歳の少年の目線を通し、中東の貧困・移民問題を抉り出した人間ドラマ。
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

COLD WAR あの歌、2つの心

ポーランドの名匠、『イーダ』のパヴェウ・パヴリコフスキ監督が、1950年代の冷戦下のポーランドで時代に翻弄される恋人たちの姿を描く。モノクロなのに鮮烈な映像と心情を奏でる名歌で綴る、“心と五感を刺激する極上のラブストーリー。
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

幸福なラザロ

監督は『夏をゆく人々』を手がけ、マーティン・スコセッシが才能を絶賛した、イタリアを代表する女性監督アリーチェ・ロルヴァケル。現代の聖人ラザロを、実際にあった詐欺事件を通して描く、観る者の価値観が試される美しき衝撃作。
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

CLIMAX クライマックス【R18+】

雪が降る山奥の廃墟に集まった22人のダンサー。彼らは、知らず知らずにLSD入りのサングリアを飲み、集団ドラッグ中毒に陥る。抜け出すことも逃げ出すこともできない――その狂乱とカオスの一晩を、視覚&聴覚を刺激する圧巻の熱量と興奮で描き切った97分間。監督:ギャスパー・ノエ
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

若おかみは小学生!

数多くのスタジオジブリ作品で作画監督を務めた高坂希太郎が監督を手掛け、大人気児童文学シリーズをアニメ映画化。小学6年生の女の子・おっこが、温泉旅館の若おかみとして、不思議な仲間に助けられながら成長していく姿を描く笑いと涙の物語。おっこの声を人気子役・小林星蘭が担当。
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

ホテル・ムンバイ【R15+】

2008年、インドの五つ星ホテルで起きた無差別テロからの脱出劇を、オーストラリア人監督アンソニー・マラスが当時の記録を徹底的にリサーチし映画化。惨状と化した“楽園”を救った、“五つ星”の勇気とは?出演:デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ、ティルダ・コブハム・ハーヴェイ
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

クリード チャンプを継ぐ男

シルベスター・スタローンを一躍スターに押し上げたボクシング映画の名作『ロッキー』シリーズの新たな物語。本作ではロッキーのライバルにして盟友、アポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソンが主人公となり、かつての英雄ロッキーとともにチャンピオンを目指す。アドニス役にマイケル・B・ジョーダン、監督・脚本はライアン・クーグラー。
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

クリード 炎の宿敵

ロッキーと激闘を繰り広げたアポロ・クリードの息子を主人公に据えた『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。イワン・ドラコの息子との時代を超えた因縁の対決を描く。出演:シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、監督:スティーブン・ケープル・Jr.
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

初恋

30以上の映画祭から招待され各国で熱いスタンディングオベーションを浴びた三池崇史監督オリジナル作が日本に凱旋。余命宣告を受けた天才プロボクサーが体験する、新宿歌舞伎町で巻き起こる濃密な一晩を描く―。出演:窪田正孝、大森南朋、染谷将太、小西桜子、ベッキー、三浦貴大
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆

幾度となく迎えたデジタルワールドと人間世界の危機を乗り越え、人間とデジモンの共生への足がかりが見え始めていた。そんな中、世界中で再び巻き起こる異変を前に、大学生となった太一たちが集結。“選ばれし子どもたち”が大人になる少し前、“八神太一とアグモンたち”の最後の物語。
上映館: 梅田ブルク7

6/1(月)

許された子どもたち

その衝撃的なタイトルと内容により物議を醸した監督作『先生を流産させる会』で長編デビューを果たした内藤瑛亮が、再び自主映画のフィールドで世に放つ待望の新作。実際に起きたいじめによる死亡事件に着想を得た物語。
上映館: テアトル梅田

6/1(月)

フレディ・M・ムーラー監督特集 マウンテン・トリロジー

ヌーヴォー・シネマ・スイスの旗手として知られる名匠フレディ・M・ムーラー。1985年にロカルノ国際映画祭で金豹賞を獲得し、世界にムーラーの名を轟かせた『山の焚火』デジタルリマスター版をはじめ、『我ら山人たち』『緑の山』の3作品を一挙上映。
上映館: シネ・ヌーヴォ

6/1(月)

こおろぎ

青山真治監督が2006年に手がけた長編作品で、限定的な上映のみで長らく日の目を見ることがなかった幻の作品。西伊豆を舞台に、目が不自由で口も利けない男と、その男を「飼っている」女のミステリアスな物語。出演:鈴木京香、山崎努、安藤政信、伊藤歩、光石研、斉藤陽一郎、尾野真千子、小澤征悦
上映館: シネ・ヌーヴォ

6/1(月)

エッシャー 視覚の魔術師

トリックアートで世界的に知られるオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャーの、知られざる波乱に満ちた人生と、今なお人々を魅了し続ける作品に迫るドキュメンタリー。彼の日記、家族や収集家の証言等を手掛かりに、創作の足跡を丹念に辿り、エッシャーの創造力の源泉を探る。
上映館: シネ・ヌーヴォ

6/1(月)

音楽【PG12】

原作は漫画家・大橋裕之の「音楽と漫画」。楽器を触ったこともない不良学生たちが、思いつきでバンドを組むことから始まるロック奇譚を、岩井澤健治監督が実写の動きをトレースする“ロトスコープ”という手法で、40,000枚超の作画を全て手描きし、製作期間7年以上かけてアニメ映像化。坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人の豪華声優陣で、無謀とも思える挑戦の全貌が明らかとなる。
上映館: 梅田ブルク7 / シネ・ヌーヴォ

6/2(火)

THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~【大きな音で音楽が聞きたいんや特集】

ロックバンド「THE COLLECTORS」が、2017年12月に閉店したライブハウス「新宿JAM」で、閉店直前に開催したライブを軸に、1980年代の東京モッズシーンを記録したドキュメンタリー。ラストライブへと向かう「THE COLLECTORS」の姿や、「新宿JAM」にゆかりのある人びとの証言などを織り交ぜ、東京モッズカルチャーに迫る。監督:川口潤
上映館: シネマート心斎橋

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. 登録されている記事はございません。

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る