11/1(金)・2(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記上映終了日は劇場によって異なりますので、公式サイトまたは劇場HPにてご確認ください。

11/1(金)

マチネの終わりに

福山雅治✕石田ゆり子初共演、芥川賞作家・平野啓一郎の小説を原作にした切なくも美しい大人のラブストーリー。ラブストーリーでありながら、人生の苦悩、世界の分断や対立といったテーマを織り交ぜ、登場人物たちの心情の変化を緻密に描き出す。 監督:西谷弘
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / あべのアポロシネマ
©2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

11/1(金)

閉鎖病棟-それぞれの朝-【PG12】

精神科医でもある作家・帚木蓬生の、山本周五郎賞に輝いた小説を、『愛を乞うひと』『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督・脚本により映画化。生きながらえた元死刑囚・梶木(笑福亭鶴瓶)。幻聴に苦しむ元サラリーマン・チュウさん(綾野剛)。父親からDVを受ける女子高生・由紀(小松菜奈)は家族や世間から遠ざけられながらも心を通い合わせる。そんなある日、殺人事件が院内で起こってしまうー。
上映館: OSCシネマ / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ
©2019「閉鎖病棟」製作委員会 ©1994 Hahakigi Hosei /Shinchosha ©1994 帚木蓬生/新潮社

11/1(金)

最初の晩餐

父の通夜の夜、母が仕出し屋を突然キャンセルし、出した「通夜ぶるまい」は目玉焼き。それは1冊のノートに残された父の思い出の味。父との時間が蘇り、家族も知らなかった秘密が浮き彫りになっていく…。出演:染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏、監督・脚本・編集:常盤司郎
上映館: なんばパークスシネマ / テアトル梅田
©2019『最初の晩餐』製作委員会

11/1(金)

喝 風太郎!!

「サラリーマン金太郎」「俺の空」で知られる、本宮ひろ志原作コミックを、市原隼人主演で映画化。破天荒で貧乏な僧侶・風太郎が、悩み迷う人々に喝を入れる修行エンターテインメント!監督は『あいが、そいで、こい』の柴田啓佑。
上映館: TOHOなんば
© 本宮ひろ志/集英社 ©2019 株式会社浜友商事

11/1(金)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント【R15+】

「BMW」「フォルクスワーゲン」といった世界の一流企業のコマーシャル制作に携わり、ドキュメンタリー作家としても活躍するハーマン・ヴァスケ監督が、デビッド・ボウイ、クエンティン・タランティーノ、ホーキング博士、北野武など1000人以上の世界の著名人に尋ねた「クリエイティブ論」。本作では107名に厳選、「あなたはなぜクリエイティブなのですか」千差万別の言葉から、幸せな人生を送るためのヒントが見えてくる―。
上映館: シネ・リーブル梅田
© 2018 Emotional Network

11/1(金)

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。【R15+】

スティーヴン・キング原作のホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』続編。小さな田舎町で再び起きた連続児童失踪事件。ルーザーズ・クラブの仲間たち。27年前に固く誓い合った<約束>を果たすため町に戻って来る。だが、“それ”は、より変幻自在に姿を変えて、彼らを追い詰めて行くのだった…。27年前の連続児童失踪事件の真相とは?そして“それ”の正体、目的とは? 監督:アンディ・ムスキエティ 出演:ジェームズ・マカヴォイ
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ

11/1(金)

ブラック校則

佐藤勝利(Sexy Zone)映画単独初主演!髙橋海人(King & Prince)映画初出演!僕らは、戦う!「男女は1m以上離れる」「下着は白のみ着用可」…など世の中にはびこるブラック校則と。恋するあの子を救うために!本当の自由を手に入れるために!監督:菅原伸太郎
上映館: OSCシネマ / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ

11/1(金)

NO SMOKING

デビュー50周年を迎えた音楽家・細野晴臣の軌跡と知られざる創作活動に迫ったドキュメンタリー。監督:佐渡岳利、ナレーション:星野源、出演:細野晴臣、ヴァン・ダイク・パークス、小山田圭吾、坂本龍一、高橋幸宏
上映館: なんばパークスシネマ / シネ・リーブル梅田

11/1(金)〜14(木)

レオン 完全版(1994)【PG12】/午前十時の映画祭10-FINAL

NYを舞台に、幼い弟を殺された12才の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)が、凄腕の殺し屋レオン(ジャン・レノ)と共に復讐に挑む。極悪捜査官を演じるゲイリー・オールドマンの怪演も見どころ。初公開版よりも22分長い完全版。監督:リュック・ベッソン★11/15(金)~28(木)はOSCシネマで上映
上映館: TOHOなんば

11/1(金)〜14(木)

テルマ&ルイーズ(1991)/午前十時の映画祭10-FINAL

主婦のテルマ(ジーナ・デイヴィス)とウェイトレスのルイーズ(スーザン・サランドン)は親友同士。ドライブの途中、酔って襲いかかってきた男を射殺してしまい、指名手配を受けたふたりは荒野をメキシコへと向かうが―。監督:リドリー・スコット ★11/15(金)~28(木)はTOHOなんばで上映
上映館: OSCシネマ

11/1(金)

CLIMAX クライマックス【R18+】

雪が降る山奥の廃墟に集まった22人のダンサー。彼らは、知らず知らずにLSD入りのサングリアを飲み、集団ドラッグ中毒に陥る。抜け出すことも逃げ出すこともできない――その狂乱とカオスの一晩を、視覚&聴覚を刺激する圧巻の熱量と興奮で描き切った97分間。監督:ギャスパー・ノエ
上映館: シネ・リーブル梅田

11/1(金)

不実な女と官能詩人【R18+】

生涯で2500人の女性と関係を持ったと言われ、後に“エロスの祭司”と称される、フランスの象徴主義の詩人ピエール・ルイス。彼の死後に見つかった大量のポルノ写真のモデルの中に、親友の妻マリーの姿があった―。これは誠実で奔放な愛と官能の真実の物語。監督:ルー・ジュネ
上映館: シネ・リーブル梅田

11/1(金)

解放区【R18+】

友人の自殺を直視したドキュメンタリー映画『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が国内外で反響を呼び、また俳優としても活躍の場を拡げる太田信吾が、再開発に揺れる大阪は西成区・釜ヶ崎に漂着する若者をリアリティあふれる描写で表現した初の長編劇映画。
上映館: テアトル梅田/ シネマート心斎橋(11/15〜)/ 第七藝術劇場(11/16〜)

11/1(金)1週間限定上映

どすこい!すけひら

どすこい体型だったヒロインが昏睡状態から目覚めると、誰もがうらやむナイスバディに大変身!主演は韓国出身で、日韓ともに人気を誇る知英、ほか草川拓弥(超特急)、金子大地、りゅうちぇる、竹中直人らが出演。監督は『あのコの、トリコ。』の新鋭監督・宮脇亮。“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる三角関係ラブコメディ。
上映館: シネマート心斎橋

11/1(金)

ブルーアワーにぶっ飛ばす

クリエイターの発掘と支援を目的とした「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」で審査員特別賞を受賞した企画「ブルーアワー(仮)」を映画化。毒っ気溢れる夏帆×天真爛漫なシム・ウンギョンが共演。監督・脚本:箱田優子、製作:中西一雄
上映館: シネマート心斎橋

11/1(金)

マイ・ビューティフル・デイズ

『ラ・ラ・ランド』プロデューサー製作脚本。『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ主演。感情をうまくコントロールできない男子学生が密かに恋心を抱いたのは美しい英語教師だった―。英語教師役には本作でサウス・バイ・サウスウエスト映画祭 最優秀女優賞を受賞したリリー・レーブ。監督・脚本:ジュリア・ハート
上映館: シネマート心斎橋

11/1(金)

8番目の男

映画初主演パク・ヒョンシク×実力派女優ムン・ソリ。2008年に韓国で初めて導入された国民参与裁判。実在事件を基に描く、普通の人々が真実に挑んだリーガル・サスペンス・ストーリー。監督・脚本:ホン・スンワン
上映館: シネマート心斎橋

11/2(土)

セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~

国境を越え、過去を乗り越えた友情の絆「フィリピン水道建設プロジェクト」。感動の実話を映画化。原作は小嶋忠良「マロンパティの精水 いのちの水の物語」(PHP研究所)。出演:辻美優(elfin’)、赤井英和
上映館: 第七藝術劇場

11/2(土)

細い目

伝説の映画『タレンタイム~優しい歌』のヤスミン・アフマド監督が贈るもうひとつの傑作。民族、宗教、言語が混ざり合う多民族国家マレーシアで、2人の男女のが奇跡をおこす、忘れられない初恋の物語。主演は、ヤスミン監督のミューズ、当時17歳のシャリファ・アマニと映画初出演のン・チューセン。
上映館: 第七藝術劇場

11/2(土)

いつかのふたり

レザークラフトを通して母と娘の気持ちの繋がりをコミカルに描く親子協奏曲。シングルマザーの母親役に中島ひろ子、娘役に新人・南乃彩希。監督は本作が劇場用映画デビューとなる新鋭・長尾元。★11/2(土)16:10の回上映後に舞台挨拶予定(中島ひろ子、長尾元監督、棚橋公子プロデューサー)
上映館: シアターセブン

11/2(土)

タレンタイム~優しい歌

アジアの宝物、今は亡きヤスミン・アフマド監督の最高傑作にして遺作となった『タレンタイム〜優しい歌』待望のアンコール上映。音楽コンクール“タレンタイム”に挑む生徒たちの、民族や宗教の壁を越えた恋の歓びや友情を描く、みずみずしい青春物語。
上映館: シアターセブン

11/2(土)

MOOSIC LAB 2018 アンコール特集

全4プログラム 日替わり上映!『書くが、まま』、『松永天馬殺人事件』&『脱がない男』、『いつか輝いていた彼女は』&『朝にかえる』、『満月の夜には思い出して』★11/3(日)『松永天馬殺人事件』『脱がない男』20:40の回上映後、松永天馬監督による舞台挨拶予定 ★11/5(火)『満月の夜には思い出して』20:40の回上映後、川北ゆめき監督による舞台挨拶予定
上映館: シアターセブン

11/2(土)

帰れない二人

総移動距離7,700km! 激動の21世紀中国。北京五輪開催、三峡ダム完成、経済の急成長……現代中国を背景に描き出す、変わりゆく17年の月日の中で、変わらぬ想いを抱えた女と男による愛の物語。監督は『罪の手ざわり』『山河ノスタルジア』などの中国の名匠ジャ・ジャンクー。出演:チャオ・タオ、リャオ・ファン
上映館: シネ・ヌーヴォ

11/2(土)

劇場版 そして、生きる

有村架純&坂口健太郎主演のWOWOWオリジナルドラマ「そして、生きる」を再編集した劇場版。日本の東北と東京、そしてフィリピンを舞台に、東日本大震災後のボランティア活動で出会った主人公の瞳子と清隆の2人が、運命に翻弄されながらも生き抜く姿を描く。監督:月川翔、脚本:岡田惠和
上映館: シネ・ヌーヴォ

11/2(土)

ジョアン・ジルベルトを探して

「イパネマの娘」 「想いあふれて」など、数々の名曲を生み出し、その類稀なるギター演奏と甘美な歌声によって世界中にその名を知らしめた“ボサノヴァの神様”ジョアン・ジルベルト。彼を巡る旅の記録であり、目にも耳にも心地良い音楽ドキュメンタリー。監督:ジョルジュ・ガショ
上映館: シネ・ヌーヴォ

11/2(土)・3(日)のみ上映

枝葉のこと

前作『魅力の人間』で第34回ぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞した、二ノ宮隆太郎監督・主演作。監督自らの実体験を基に、一人の若者の、人生を変えなくてはいけないと感じるその瞬間を切り取った、まったく独創的な「私小説的」青春映画。
上映館: 第七藝術劇場

11/3(日)のみ限定上映

君に泳げ!

アジアを虜にするプリンス、イ・ジョンソク&ソ・イングク豪華W主演!恋もレースも負けられない…青春トライアングル・ラブストーリー!監督:チョ・ヨンソン★14:10より上映・1400円均一
上映館: シネマート心斎橋

11/4(月祝)

名もなき野良犬の輪舞【PG12】

カンヌ国際映画祭をはじめ、2017年の映画祭を席巻した、新時代の韓国ノワール。ソル・ギョング×イム・シワン共演。「信頼」と「裏切」りのなかで踊る、悲しき男たちの運命。★14:10より上映・1400円均一
上映館: シネマート心斎橋

11/4(月祝)

アジアの純真

2002年、北朝鮮による拉致問題で日本国内に反朝鮮感情が高まるなか、不当な暴力により姉を奪われた孤独な在日朝鮮人の少女と、その殺害現場を見て見ぬふりをしてしまった気弱な日本人高校生の少年が出会い、2人は怒りと屈辱を抱えたまま旅に出る―。監督:片嶋一貴 ★11/4(月祝)16:30の回上映後、井上淳一(本作脚本)トークショー予定
上映館: シアターセブン

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. ① カラヴァッジョ展【招待券 5組10名様】 会期:2019年12月26日(木)~2020年2月1…
  2. ① プラレール博 in OSAKA ~超デカッ!プラレールトンネル登場!~【招待券 5組10名様】 …
  3. 「第3回あかねの部屋2nd」にロケの神様・タージンがゲストに登場! 学生時代に出会った芸能界ウラ話と…

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る