5/6(月振休)~5/12(日)公開作品

 

5/6(月振休)~5/12(日)公開

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。その他の上映館は公式サイトでご確認ください
上映終了日は劇場によって異なりますので、公式または劇場サイトにてご確認ください
★ミニシアターなどで上映される過去作品も含まれています※その場合「公開日」=「上映日」
★全国順次公開作品は、市内上映館での「上映初日」を「公開日」とします

5/10(金)

轢き逃げ -最高の最悪な日-

水谷豊が監督・脚本を努めた完全オリジナルのヒューマンドラマ。あるひき逃げ事件をきっかけに、交差する登場人物たちのさまよう魂を描く。
上映館: OSCシネマ / 梅田ブルク7 / なんばパークス

5/10(金)

チア男子!!

『桐島、部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウ原作。男子チアリーディングに挑んだ7人の青春感動物語。W主演:横浜流星、中尾暢樹、監督:風間太樹
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/10(金)

初恋~お父さん、チビがいなくなりました

倍賞千恵子&藤竜也、映画初共演。西炯子の人気コミックを『毎日かあさん』『マエストロ!』の小林聖太郎監督が実写化。長年連れ添った夫婦の秘めた想いと愛を描く。
上映館: 梅田ブルク7 / なんばパークス

5/10(金)

ラ・ヨローナ ~泣く女~

『死霊館』シリーズ最新作。ジェームズ・ワンが製作に携り、中南米に伝わる怪談を映画化したホラー。生き延びたければ、決して水に近づいてはいけない。
上映館: OSCシネマ / なんばパークス / あべのアポロシネマ

5/10(金)

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

荒木哲郎監督×WIT STUDIOによる「甲鉄城のカバネリ」最新作。構成:大河内一楼
上映館: OSCシネマ / なんばパークス

5/10(金)

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

踊りたい。国や家族を棄ててでもー。バレエ界を劇的に生きた伝説的ダンサー、ルドルフ・ヌレエフの半生を映画化した伝記ドラマ。監督:レイフ・ファインズ
上映館: OSCシネマ

5/10(金)

僕に、会いたかった

記憶を失った男を、島の人々の優しさが包む。家族の絆と再生を描いた感動の物語。
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/10(金)

オーヴァーロード【R15+】

J・J・エイブラムス製作。第二次世界大戦下、ナチス占領下のフランスに送り込まれた米軍・落下傘部隊がナチスの研究所で遭遇したものとは…。
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

5/10(金)

映画 としまえん

東京都内老舗遊園地・としまえんが全面協力!「逃げられない」恐怖が観客を襲う、閲覧注意の絶叫ホラー映画。北原里英、NGT48卒業後映画初主演!
上映館: 梅田ブルク7

5/10(金)

パパは奮闘中!

ある日突然、妻が家出!仕事と育児に悪戦苦闘する父と子供たちの愛と絆の物語。父親役にフランスの人気俳優ロマン・デュリス。
上映館: シネリーブル梅田

5/10(金)

芳華 Youth【PG!2】

“中国のスピルバーグ”とも評される、巨匠フォン・シャオガンが、激動の70年代に懸命に生きる若者たちの美しく切ない青春の日々を描く。
上映館: テアトル梅田

5/10(金)

HOMIE KEI〜チカーノになった日本人〜

アメリカ極悪刑務所を生き抜いた壮絶な人生を描くドキュメンタリー映画。7年に渡る取材を経て遂に完成!監督:サカマキマサ
上映館: シネリーブル梅田

5/11(土)

波乗りオフィスへようこそ

世界の旅から戻ってきた関口知宏が、日本の徳島県美波町で映画初主演。「地方創生」「働き方改革」など今の日本が抱える身近な課題を体感し、心が満たされる人生へのヒントをくれる作品。監督:明石知幸
上映館: 第七藝術劇場

5/11(土)

バーニング 劇場版

村上春樹原作、『オアシス』『ペパーミント・キャンディー』などのイ・チャンドン監督が、ユ・アイン、スティーブン・ユァン共演で贈る究極のミステリー。
上映館: 第七藝術劇場 / シアターセブン(5/18〜)

5/11(土)

脂肪の塊

ある女性の記憶喪失と記憶再生を斬新に視覚化したトラウマ必至の異色サスペンス。出演:みやび、田山由起、監督・脚本・作曲:天野友二朗
上映館: シアターセブン

5/11(土)

ベトナムを懐う

ニューヨークで暮らす3世代のベトナム人たちを描いた人気舞台の映画化作品。監督は『超人X.』『輝ける日々に(「サニー」ベトナム版)』のグエン· クアン·ズン。
上映館: シネ・ヌーヴォ

5/11(土)

漂うがごとく

ハノイを舞台に、満たされない想いを抱えて彷徨う現代のベトナム人女性を描いた、第66回ヴェネツィア国際映画祭の国際批評家連盟賞受賞作。監督:ブイ・タク・チュエン
上映館: シネ・ヌーヴォ

関連記事

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. 国立国際美術館「抽象世界」 会期: 2019/5/25(土)~8/4(日) 招待券 ペア5組10…
  2. 新緑の気持ちいい5月、 「服部緑地乗馬センター」の乗馬体験 がおすすめです! &n…
  3. 日頃よりフリーペーパー『大阪スケジュール』のご愛読、誠にありがとうございます…

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る