2/26(金)・27(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映終了日は劇場によって異なりますので、公式サイトまたは劇場HPにてご確認ください。

2/26(金)

ステージ・マザー【PG12】

ゲイでドラァグクイーンの息子の急死により、彼が経営するバーを相続することになってしまった超保守的な初老の女性。破綻寸前のバーの再建に立ち上がり、息子が自分らしく生きた街で、自分らしさとは何か、生きるとは何かを見つめ直す姿を描いた人間ドラマ。主人公をジャッキー・ウィーヴァーが演じるほか、ルーシー・リュー、エイドリアン・グレニアー、マイア・テイラーが出演。監督:トム・フィッツジェラルド
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば
©2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

2/26(金)

ガンズ・アキンボ【R15 +】

クソリプで日々の鬱憤をはらすゲーム会社のプログラマーの男性が、ある日両手に拳銃が固定されデスゲームに強制参加。最凶の殺し屋と戦って24時間以内に勝ち、彼女を救うことができるのか!?圧倒的火力で放つエクストリーム・ガン・アクション。主人公を『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフ、最凶の殺し屋を『レディ・オア・ノット』のサマラ・ウィーヴィングが演じる。監督:ジェイソン・レイ・ハウデン
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば
©2019 Supermix UG (haftungsbeschräenkt).All rights reserved.

2/26(金)

リーサル・ストーム

『マッドマックス』『リーサル・ウェポン』シリーズのメル・ギブソン主演最新作。超巨大ハリケーンが接近するプエルトリコに最凶の強盗団が襲来。迎え撃つのは地元の警察官と“最終兵器”の元警察署長。ハリケーンの到来により屋外脱出が不可能な極限状態のなか、マンションに押し入ってくる強盗団と熾烈な戦いを繰り広げる。共演にエミール・ハーシュ、ケイト・ボスワース、デヴィッド・ザヤス。監督:マイケル・ポーリッシュ
上映館: 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ
©2020 by Force of Nature Film, LLC, and FON Film Production, LLC

2/26(金)

カポネ

伝説のギャング、アル・カポネの知られざる最晩年をトム・ハーディ主演で映画化。長い服役生活を終え隠遁生活を送るカポネ。カリスマ性は失われ、認知症を患っているもFBI捜査官は仮病を疑い執拗な監視を行っていた。やがて病状が悪化し奇行を繰り返す。はたしてカポネは、本当に身も心も壊れてしまったのか。それとも――。史上最も有名なギャングスターのパブリックイメージを根底から覆す実録ドラマ。共演にマット・ディロン、ジャック・ロウデン、カイル・マクラクラン。監督:ジョシュ・トランク
上映館: なんばパークスシネマ / シネ・リーブル梅田
©2020 FONZO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2/26(金)

劇場版ポルノグラファー~プレイバック~

官能小説の「口述代筆」という今までに無い設定で人気を博した、丸木戸マキのBLコミックを実写化し話題をよんだドラマ「ポルノグラファー」シリーズの劇場版。原作コミックのシリーズ3作目「續・ポルノグラファー プレイバック」をもとに、竹財輝之助演じる主人公の官能小説家と、猪塚健太演じる大学生が互いを想いながらもすれ違い、2人の未来について葛藤する姿を美しくも切なく描く。監督:三木康一郎
上映館: OSCシネマ / なんばパークスシネマ
©2021松竹株式会社 ©丸木戸マキ/祥伝社

2/26(金)

プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険

ドイツ生まれのフィギュア玩具、プレイモービルの世界を舞台にした長編アドベンチャーアニメ。プレイモービルの展示会場に迷い込んだ、冒険心あふれるマーラと姉のことが大好きな弟チャーリーは、プレイモービルの世界に吸い込まれてしまう。悪の皇帝にさらわれた弟とともにもとの世界に帰ることができるのか!?監督は『アナと雪の女王』のヘッド・アニメーターで、長年にわたりディズニー・アニメに携わってきたリノ・ディサルボ。
上映館: なんばパークスシネマ
©2019-2.9FILM HOLDING ltd-MORGEN PRODUCTION GmbH

2/26(金)

あのこは貴族

山内マリコによる同名小説を、『グッド・ストライプス』の岨手由貴子監督により映画化。都会の異なる環境を生きる2人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描く人間ドラマ。主人公の箱入り娘・華子役を門脇麦、地方から上京し自力で生きる美紀役を水原希子が演じるほか、高良健吾、石橋静河、山下リオが共演。
上映館: なんばパークスシネマ / テアトル梅田
©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

2/27(土)

写真の女

小さな写真館で写真の加工修正=レタッチを行う女性恐怖症の男が、体に傷がある女と出会い、画像処理で傷のない美しい姿を生み出す。理想の自分と現実の自分の精神混乱に陥った女と男の愛の行方を描く。脚本・監督は、本作が長編デビューとなるCMディレクターの串田壮史。主演に永井秀樹と大滝樹。
上映館: 第七藝術劇場
©2020「写真の女」PYRAMID FILM INC.

2/26(金)

半径1メートルの君~上を向いて歩こう~

コロナ禍でも「エンタメの炎を絶やさない―――」という志に共鳴した8組24名の俳優×吉本興業芸人×クリエイターによる“心の濃厚接触”を描いた短編8作品のオムニバス映画。ナインティナイン岡村隆史×JO1豆原一成×丑尾健太郎『本日は、お日柄もよく』、霜降り明星粗品初脚本&初監督×海宝直人×ミキ亜生『同度のカノン』、倉科カナ×チュートリアル徳井義実×高須光聖『やさしい人』など全8話。
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば

2/26(金)

GET OVER JAM Project THE MOVIE

世界で日本のアニソンジャンルを開拓し、アニソンシンガーのレジェンドと称されるスーパーユニット「JAM Project(JAPAN ANIMATIONSONG MAKERS PROJECT)」。現メンバーは影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹で、2020年の結成20周年を記念した初のドキュメンタリー。メンバー自身でさえ知らなかったと驚く“誰もみたことのないJAM Project”の姿を映し出す。監督:大澤嘉工
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば

2/26(金)

スカイライン -逆襲-

地球人を“収穫”するため飛来したエイリアンとの戦いを描いたSFアクション『スカイライン』シリーズの第3弾。突如現れた宇宙船によってわずか3日間で征服された地球。それから15年、人類は逆襲を開始、前人未踏の宇宙を舞台に人類VSエイリアンのラストステージが幕を開ける。監督はシリーズ第1作目『スカイライン-征服-』の脚本・製作を担当し、前作『スカイライン-奪還-』で監督デビューを果たしたリオム・オドネル。
上映館: 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ

2/26(金)

Tokyo 7th シスターズ 僕らは青空になる

“アイドル氷河期”に突入した2034年を舞台にしたスマートフォン向けアイドル育成&リズムアドベンチャーゲーム「Tokyo 7th シスターズ」。ゲームの総監督、茂木伸太郎が原案・脚本・音楽プロデュースを手がけ、ゲーム内では描かれていない新作オリジナルエピソードでアニメ化。「アイドルはもう終わった」とされた国際指定娯楽都市区画Tokyo-7thを舞台に、新しい「シスターズ」の活躍を描く。
上映館: 梅田ブルク7

2/26(金)

ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日

ドイツ、フランス、南アフリカの共同制作で、多くのドキュメンタリー作品を手掛けるジル・ド・メストルがメガホンをとり、11歳の少女と小さなホワイトライオンの友情と少女の家族の再生を通し、南アフリカの社会問題であるトロフィー・ハンティングのひとつ“缶詰狩り”を描いたドラマ。撮影に3年以上をかけ、オーディションで選ばれた主人公演じるダニア・デ・ヴィラーズとライオンの友情や南アフリカの大自然をCGなしで映し出す。
上映館: シネ・リーブル梅田

2/27(土)

地球で最も安全な場所を探して

英国出⾝スイス在住の核物理学者で、国際的に廃棄物貯蔵問題専⾨家としても⾼名なチャールズ・マッコンビーが世界各地で増え続ける核廃棄物いわゆる“核のごみ”問題を解決するため、同胞たちと問題に取り組む姿をスイス⼈のエドガー・ハーゲン監督が撮影したドキュメンタリー。2⼈はアメリカ・ユッカマウンテン、英国・セラフィールド、中国・ゴビ砂漠、⻘森県六ケ所村、スウェーデン、スイスなど世界各地の最終処分場やその候補地を巡る旅に出る。
上映館: 第七藝術劇場

2/27(土)

バルタザールどこへ行く

巨匠ロベール・ブレッソン監督作。聖なるロバ”バルタザール”をめぐる現代の寓話を映画化。ドストエフスキーの長編小説『白痴』の挿話から着想を受け、一匹のロバと、少女マリーとの数奇な運命を描きだす。
上映館: シネ・ヌーヴォ

2/27(土)

少女ムシェット

巨匠ロベール・ブレッソンが傑作『バルタザールどこへ行く』の直後に手がけた作品で、一人の少女の悲運な運命をまざまざと描きだす。原作はフランスの作家ジョルジュ・ベルナノスの小説。原作にあった冷酷さを忠実に映像化し、少女の悲惨さが極まるラストシーンは、映画史に残る名場面として今も語り継がれる。
上映館: シネ・ヌーヴォ

2/27(土)

FUNAN フナン

フランス生まれでカンボジアにルーツを持つドゥニ・ドー監督が自身の母親の体験をもとに、1970年代、武装組織クメール・ルージュに支配された激動のカンボジアを生き抜いた家族の物語を描いた長編アニメーション。第42回アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得、エミール賞では脚本賞とサウンドデザイン賞を受賞。
上映館: シネ・ヌーヴォ

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

   

今月のマルシェ

イベントカレンダー

相互リンク

ページ上部へ戻る