大阪府内イベントカレンダー

下記【カテゴリ】から見たい項目(ステージ、カルチャー、なんばグランド花月など)にチェックを入れると、カレンダーにまとめて表示できます 各イベントの詳細は下記のリンクをクリック! イベント カルチャー ステージ なんばグランド花月 天満天神繁昌亭 動楽亭 此花千鳥亭
1
Glico創立100周年 江崎記念館特別展「江崎利一と健康」展
Glico創立100周年 江崎記念館特別展「江崎利一と健康」展
2月 25 – 9月 30 終日
Glico創立100周年 江崎記念館特別展「江崎利一と健康」展
創業者・江崎利一が有明海で栄養素グリコーゲンと出会い「栄養菓子グリコ」を創製、三越百貨店で販売して100周年。利一の「健康への想い」とそれを実現するための「創意工夫」の精神を当時の貴重な資料を通して紹介。また、「第二の栄養菓子・ビスコ」、「Pos-Ca」、「GABA」、「アーモンド効果」「SUNAO」などの、創業精神『食品による国民の体位向上』を受け継ぐ「健康」を訴求したGlicoの商品と「これからのGlicoの取組」についても資料を通して紹介する。 期間: 2022/2/25(金)~9/30(金)休館:第1、第3土曜日以外の土曜、日曜・祝日 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、開館日程の変更や、来館人数の制限(完全予約制)などがございますので、開館詳細については必ず当館ホームページをご確認ください 時間: 10:00~16:00 会場: 江崎グリコ株式会社 江崎記念館(大阪市西淀川区歌島4-6-5) 料金: 入館無料 問 : 06‐6477-8257 URL: https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/ezakikinenkan/
OSKレビューカフェin ブルックリンパーラー
OSKレビューカフェin ブルックリンパーラー
7月 1 – 10月 31 終日
OSKレビューカフェin ブルックリンパーラー
<p style=”text-align: center;”><a href=”http://osakaschedule.jp/wp-content/uploads/2022/05/4711b25b963ef456acf3ecc70a0d780b.jpg”><img class=”aligncenter wp-image-58201″ src=”http://osakaschedule.jp/wp-content/uploads/2022/05/4711b25b963ef456acf3ecc70a0d780b.jpg” alt=”” width=”500″ height=”713″ /></a>OSK日本歌劇団</p> LEDパネル演出やライブ配信にも対応した、OSK日本歌劇団のレビュー専用スペース「OSK Revue Café in Brooklyn Parlor OSAKA」。劇団員が、ラテンやジャズなど様々なジャンルで魅力をお届けする。 <hr /> 期間: 2022/7/1(金)~10/31(月) 時間: ①11:30~12:20 ②14:00~14:50 ③16:30~17:20 ④19:00~19:50 会場: OSK Revue Café in Brooklynparlor OSAKA(大阪市中央区西心斎橋2-2-3 Edge 心斎橋 B1F) 料金: S席¥6000、VIP席¥6500、S席OSKプレート付き¥8500、VIP席OSKプレート付き¥9000 ※当日券は¥500加算 問 : 06-6251-3091/contact@osk-revue.com URL: <a href=”https://www.osk-revue.com/” target=”_blank” rel=”noopener”>https://www.osk-revue.com/</a>
文化勲章受章・開館5周年記念特別展「永遠にあたらしい!! 人類最古の壁画技法アフレスコ」 後期展 “創意の源泉 デッサン”特設コーナー開設
文化勲章受章・開館5周年記念特別展「永遠にあたらしい!! 人類最古の壁画技法アフレスコ」 後期展 “創意の源泉 デッサン”特設コーナー開設
7月 1 – 12月 11 終日
文化勲章受章・開館5周年記念特別展「永遠にあたらしい!! 人類最古の壁画技法アフレスコ」 後期展 “創意の源泉 デッサン”特設コーナー開設
絹谷幸二の2021年度文化勲章受章を記念し、絹谷幸二天空美術館では、昨年12月より絹谷藝術の原点である「アフレスコ」に焦点を当てた特別展「永遠に新しい!! 人類最古の壁画技法 アフレスコ」を開催している。この度、後期展示では、その創意の源泉と言えるデッサンにスポットを当てた特設コーナーも追加開設し、絹谷藝術のさらなる核心へと迫る。 期間: 2022/7/1(金)~12/11(日)※火曜休館(ただし祝日の場合は開館し翌平日が休館) 時間: 10:00~18:00、金・土曜、祝前日は10:00~20:00(いずれも入館は閉館の30分前まで) 会場: 絹谷幸二 天空美術館(大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビルタワーウエスト27F) 料金: ¥1000(中・高生、大学生¥600、小学生以下無料) 問 : 06-6440-3760(開館時間内/火曜休館) URL: https://www.kinutani-tenku.jp/
テオ・ヤンセン展
テオ・ヤンセン展
7月 9 – 9月 25 終日
テオ・ヤンセン展
《アニマリス・オムニア・セグンダ》2018年 ⒸTheo Jansen 風を食べて動く生命体「ストランド(砂浜)ビースト(生命体)」が大阪初上陸! オランダのアーティスト、テオ・ヤンセン(1948~)が、故国の海面上昇問題を解決するために生み出した「ストランドビースト」は、作者亡き後も自立して砂浜で生き延びることを目指し、歩行、方向転換、危険察知などの機能を備え、さまざまな環境に適応していくべく進化し続けている。本展では、日本初公開を含む10作品以上を展示。実際に動く巨大なストランドビーストを体感できるほか、その構造や動きの仕組みを明らかにし、テオ・ヤンセンが創り出す世界の魅力に迫る。また、操作体験やミニビーストを組み立てるワークショップなど、関連イベントも予定されている。全作品撮影(写真・動画)OK。 期間: 2022/7/9(土)~9/25(日)会期中無休 時間: 10:00~18:00(最終入場17:30) 会場: 大阪南港ATC Gallery (大阪市住之江区南港北2-1-10 ITM棟2F) 料金: [ペア券] 一般2枚セット¥2500、[親子券] 一般1人+小・中学生1人のセット¥1600 ※ペア券・親子券共に販売期間は7/8まで(オンラインでのみ販売) [前売] 一般¥1400、高校・大学生¥900、小・中学生¥400 ※販売期間7/8まで [当日] 一般¥1600、高校・大学生¥1100、小・中学生¥600 問 : 050-5542-8600(ハローダイヤル) URL: https://www.mbs.jp/theojansen-osaka/
ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
7月 16 – 9月 25 終日
ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
ヨハネス・ フェルメール 《 窓辺で手紙を読む女 》1657-59 年頃 ドレスデン国立古典絵画館 左)修復前  ©Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Herbert Boswank 2015 右)修復中  ©Gemäldegalerie Alte Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden, Photo by Wolfgang Kreische 17世紀のオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作《窓辺で手紙を読む女》。2019年5月、長年塗りつぶされていた壁面のキューピッドの画中画が修復され、所蔵館以外で世界初公開! また、フェルメールだけでなく、レンブラント、メツー、ファン・ライスダールなど、ドレスデン国立古典絵画館が所蔵する17世紀オランダを代表する画家たちの名品約70点を展示する。 期間: 2022/7/16(土)~9/25(日)休館:月曜(8/15、9/19は開館)、7/19(火) 時間: 9:30〜17:00(入館16:30まで) 会場: 大阪市立美術館(大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内) 料金: [前売] 一般¥1900、高大生¥1300 ※前売券販売6/1~7/15 [当日]一般¥2100、高大生¥1500 ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方は無料(介護者1名を含む)いずれも要証明 問 : 06-6771-4874 (大阪市立美術館) URL: https://www.dresden-vermeer.jp/
特別展「大地のハンター展~陸の上にも4億年~」
特別展「大地のハンター展~陸の上にも4億年~」
7月 16 – 9月 25 終日
特別展「大地のハンター展~陸の上にも4億年~」
大阪市立自然史博物館にすごいハンター大集合! 陸に上がって4億年のうちに多様化したハンター(捕食者)。本展では、絶滅したものから現生のものまで、多彩なハンターの標本を多数展示。動物が生きていくために必要な営みである「捕食(捕らえて食べる)」に注目し、彼らの顎や歯、ハンティングテクニックなど、様々なハンターの起源と進化を紹介。生態系におけるハンターの役割と重要性を解き明かし、ハンターが生きる自然の素晴らしさ、そして地球環境のこれからを考える。※国立科学博物館(東京・上野)で開催の同展(2021年3月9日~6月13日)とは、一部展示内容が異なります。 期間: 2022/7/16(土)~9/25(日) 休館:月曜(祝休日の場合は開館し、翌平日休館 ただし8/1・8・15は開館) 時間: 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで) 会場: 大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(大阪市東住吉区長居公園1-23) 料金: [前売] 大人¥1600、高大生¥1300、小中生¥500 [当日] 大人¥1800、高大生¥1500、小中生¥700 ※高大生は要学生証 ※未就学児無料 問 : 06-4301-7285(大阪市総合コールセンター〈なにわコール〉 年中無休 8:00~21:00) URL: http://www.omnh.net/whatsnew/2022/05/_4_1.html
NATURE AQUARIUM EXHIBITION 2022 OSAKA/ネイチャーアクアリウム展 2022 大阪
NATURE AQUARIUM EXHIBITION 2022 OSAKA/ネイチャーアクアリウム展 2022 大阪
7月 23 – 9月 25 終日
NATURE AQUARIUM EXHIBITION 2022 OSAKA/ネイチャーアクアリウム展 2022 大阪
大阪・なんばスカイオにて、関西初となるネイチャーアクアリウム展を開催。「ネイチャーアクアリウム」とは、水槽の中に石や流木、水草を用いて自然の美しさと生態系の仕組みを再現した水草レイアウト。会場では、アクアデザインアマノ(ADA)の水景クリエイターが制作した最新のネイチャーアクアリウム作品や、3mの巨大アクアテラリウム、生態風景写真などを展示。“水と緑の小宇宙”といえる作品を通して、自然の美しさを感じ、生命の循環や自然環境を学べる「生きたアート展」となっている。 期間: 2022/7/23(土)~9/25(日) 時間: 11:00~18:00(入館は閉館の30分前まで) 会場: なんばスカイオ7F コンベンションホール(大阪市中央区難波5-1-60 南海なんば駅直結) 料金: [前売] 一般¥1300、中高生¥800、3歳~小学生¥700 [当日] 一般¥1500、中高生¥1000、3歳~小学生¥800 2歳以下無料 ※会期中は当日料金 会場販売となります ※中高生の方には年齢確認ができるものをご提示いただく可能性があります 問 : 06-6947-1912(テレビ大阪 事業開発センター/平日10:00~18:00) URL: https://www.tv-osaka.co.jp/event/nature_aquarium/
展覧会 岡本太郎
展覧会 岡本太郎
7月 23 – 10月 2 終日
展覧会 岡本太郎
岡本太郎《露店》1937/49年 ソロモン・R・グッゲンハイム美術館蔵(ニューヨーク) Ⓒ岡本太郎記念現代芸術振興財団 1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のテーマ館《太陽の塔》で知られ、今日でも幅広い世代の人々を魅了する芸術家・岡本太郎の芸術人生を振り返る大回顧展を開催。日本では約40年ぶりの公開となる《露店》をはじめ、現在に残る希少な初期作品全4点をまとめて鑑賞できる、貴重な機会となっている。 期間: 2022/7/23(土)~10/2(日)月曜休館 ※9/19(月祝)を除く 時間: 10:00~18:00(入館は17:30まで) 会場: 大阪中之島美術館 4階展示室(大阪市北区中之島4-3-1) 料金: 一般¥1800、高大生¥1400 中学生以下無料 ※日時指定制(30分ごと)を導入。当日券は会場で販売いたしますが、混雑状況により入場をお待ちいただく場合や、当日券の販売が終了している場合があります 問 : 06-4301-7285(大阪市総合コールセンター) URL: https://taro2022.jp/
チームラボ ボタニカルガーデン 大阪
チームラボ ボタニカルガーデン 大阪
7月 29 2022 – 4月 30 2023 終日
チームラボ ボタニカルガーデン 大阪
「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」長居植物園 ©チームラボ 2022年4月1日にリニューアルオープンした長居植物園で、アート集団「チームラボ」による夜の常設展示がスタート。夜になると光り輝きはじめ、風や雨、人に押されたりすると光が強まり音色を響かせるOvoid(卵形体)、大池に浮遊するランプ、森の中で描かれる炎など…約24万㎡、約1200種類の植物が生い茂る植物園の空間を生かし、自然現象や人の存在でインタラクティブに変化するアート空間が広がる。 期間: 2022/7/29(金)~常設 ※第2・4月曜定休、 8/8(月)は営業 時間: 19:30~22:00(入場は21:00まで)※開催時間はシーズンによって異なります 会場: 長居植物園(大阪市東住吉区長居公園1-23) 料金: 大人(高校生以上)¥1600、子ども(小・中学生)¥500、障がい者割引 ¥800、未就学児無料 問: 06-6699-5120(10:00~18:00)/お問い合わせフォーム https://forms.gle/zxRdLQrWngEhvQda7 URL: https://www.teamlab.art/jp/e/botanicalgarden/
ひらめきスタジオSPARK 謎解き脱出ゲーム「梅星銀行5億円事件の真相」「勇者と魔王と復活の石板」
ひらめきスタジオSPARK 謎解き脱出ゲーム「梅星銀行5億円事件の真相」「勇者と魔王と復活の石板」
8月 1 2022 – 1月 15 2023 終日
ひらめきスタジオSPARK 謎解き脱出ゲーム「梅星銀行5億円事件の真相」「勇者と魔王と復活の石板」
京都大学謎解き制作団体「ハードナッツ」監修、関西最大級の謎解き脱出ゲーム施設が8/1(月)より天保山マーケットプレース2Fにオープン! 謎解きゲームは、下記の2作品をはじめ、初級から上級まで、約15種類の様々な難易度の体験型謎解き脱出ゲームをご用意。子どもも大人も楽しめる謎解きに挑戦しよう! 「梅星銀行5億円事件の真相」 (制限時間 50分/所要時間 約80分/プレイ料金 1人¥3300) 2015年11月1日0時32分、梅星銀行天保山支店の金庫から現金5億円が盗まれる事件が発生。犯人の手がかりが見つからぬまま、事件から6年の月日が流れ、迷宮入りするかと思われた矢先、事件が動き出す――! 君たち「特殊部隊IQ」は、事件の真相を突き止めることが出来るのか! 「勇者と魔王と復活の石板」 (制限時間 45分/所要時間 約80分/プレイ料金 1人¥3300) 勇者が魔王を倒した30年後のお話――。魔王の息子は、「復活の石板」を使って魔王を復活させようとしていた。果たして勇者ハドナは魔王復活を阻止することが出来るのか。すべての謎を解き明かし、世界を救え! ※内容は変更する場合がございます 期間: 2022/8/1(月)~ 2023/1/15(日)※延長の可能性あり ※完全屋内施設 休館:2023/1/10(火)・11(水)、天保山マーケットプレース休館日に準ずる 時間: 10:00~22:00 会場: 天保山マーケットプレース 2F(大阪市港区海岸通1-1-10) 料金: ¥1100~¥3300(コンテンツによって料金変更あり)※予約サイトはこちら 問 : info@hiramekistudio-spark.jp URL: https://hiramekistudio-spark.jp/
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
スイスク~淀川を学び、淀川アンバサダーになろう!~ 00:00
スイスク~淀川を学び、淀川アンバサダーになろう!~
8月 13 @ 00:00
スイスク~淀川を学び、淀川アンバサダーになろう!~
クルーズ船「ひまわり」の船内で、水辺の歴史、生き物、まちづくり、防災、観光船の5つのテーマについて学ぶ、船上スクール「スイスク」。各テーマに沿った、その分野の専門家が講師をつとめ、実際に川を間近に見ながら講義を行う。様々な角度から淀川について学ぶことで、水辺がもっと面白くなるかも!? ①水辺の歴史 【講師】大阪城天守閣 元館長 松尾信裕氏 ②水辺の生き物【講師】淀川環境委員会 委員 河合典彦氏 ③水辺のまちづくり【講師】大阪ガスネットワーク(株) 都市魅力研究室 室長 山納洋氏 ④水辺の防災【講師】国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所 ⑤観光船あれこれ【講師】大阪水上バス 船舶業務部 課長 中村良博ほか ※全5講座・1講座だけの受講も可・5講座全て受講すると「大阪水上バス公認 淀川アンバサダー」認定書をプレゼント 期間: 2022/6/4(土)、7/23(土)、7/30(土)、8/13(土)、9/17(土)、10/15(土)、11/26(土) 時間: 午前の部:10:00~12:10 / 午後の部:13:30~15:40 会場: 八軒家浜船着場(大阪市中央区天満橋京町1-1) 料金: 一般 ¥3600(2回目以降 ¥3240) 小学生 ¥1800(2回目以降 ¥1620) 問: 06-6942-6699(大阪水上バス 予約センター/ 10:00~16:00) URL: https://suijo-bus.osaka/cruiselist/detail.php?seq=222
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
渡邉真弓写真展「そこに ある」
渡邉真弓写真展「そこに ある」
8月 31 – 9月 26 終日
渡邉真弓写真展「そこに ある」
日常をモチーフに「時の有限性」「薄れゆく記憶」を考察する、札幌在住の写真家・渡邉真弓の写真展を開催。展示:カラー約30点(予定)、映像1点 期間: 2022/8/31(水)~9/26(月) 毎週火曜休館 時間: 10:00~18:00(最終日は14:00まで) 会場: 富士フイルムイメージングプラザ大阪 ギャラリー(大阪市中央区難波2-2-3 御堂筋グランドビル2F) 料金: 無料 問 : なし URL: https://imagingplaza.fujifilm.com/osaka/gallery/220831/index.html

PR

   

今月のマルシェ

イベントカレンダー

相互リンク

ページ上部へ戻る