《読者プレゼント》11月11日公開『あちらにいる鬼』の試写会を5組10名様にプレゼント!

 

11月11日(金)より全国公開! 瀬戸内寂聴、井上光晴、そしてその妻――。男女3人の特別な関係を、井上光晴の長女で直木賞作家の井上荒野が綴った傑作小説を待望の実写化。映画『あちらにいる鬼』の試写会を5組10名様にプレゼント!

©2022「あちらにいる鬼」製作委員会

《試写会日時》
11月2日(水)18:40開場/19:00開映 (上映時間139分)
《会場》
なんばパークスシネマ シアター【1】(大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス8階)
《ご招待数》
5組10名様(ハガキ1枚につき2人様招待)
《エントリー受付》
10月19日(水)~26日(水)正午まで
《エントリーフォーム》
https://forms.gle/ZKXfaNG5334zCTsd6

※ご応募に際しての注意事項※
応募者の中から抽選のうえ、当選者を決定いたします。当選のご連絡はハガキの発送をもってかえさせていただきます。ハガキの発送は10月26日中に行います。いただいた個人情報は当プレゼントキャンペーン以外に利用することは一切ございません。

作品情報
直木賞作家・井上荒野による、父である作家・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の特別な関係を描いた傑作小説「あちらにいる鬼」を、主演・ 寺島しのぶ、豊川悦司、共演に広末涼子を迎え、廣木隆一監督・荒井晴彦脚本にて映画化。昨年11月、満99歳で波乱の人生を全うした作家・僧侶の瀬戸内寂聴。1960年代から人気作家・瀬戸内晴美として活躍した彼女が出家した背景には、同業者で妻子ある井上光晴との恋があった。出会うべくして出会い、互いにのめり込んでいくふたりと、全てを承知しながら心を乱すことのない男の妻。「あちらにいる鬼」は、同志にも共犯にも似た不思議な3人の関係を、光晴の長女、井上荒野が書き上げたセンセーショナルな物語。
公式サイト:https://happinet-phantom.com/achira-oni/

11/11(金)より、大阪ステーションシティシネマほか全国ロードショー!

関連記事

PR

   

今月のマルシェ

イベントカレンダー

読者プレゼント

読者プレゼント

相互リンク

ページ上部へ戻る