9/1(木)~3(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映スケジュールなど変更となる場合がございますので、事前に各劇場サイトにてご確認のうえお出かけください。

9/1(木)

ブレット・トレイン【R15+】

伊坂幸太郎の小説を原作に、ブラッド・ピットが主演を務めたミステリー・アクション。世界一運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超高速列車“ゆかり号”でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが、次から次へと“ゆかり号”に乗ってくる殺し屋たち。彼らに狙われ、降りたくても、降りられない! やがて明らかになる乗り合わせた10人の過去と因縁。そして京都で待ち受ける世界最大の犯罪組織のボス=ホワイト・デス、思いもよらない展開が連続する――! 監督は『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ。脚本:ザック・オルケウィッツ
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / TOHOシネマズ梅田 / TOHOシネマズなんば / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ / イオンシネマ シアタス心斎橋 

9/1(木)

この子は邪悪【PG12】

「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017」準グランプリ受賞作品を映画化した、予想外のストーリーと想定外のラストが待ち受ける、世にも奇妙な謎解きサスペンス。かつて一家で大きな交通事故に遭った事で、心に傷を負った主人公・花を南沙良が演じるほか、花と心を通わせる少年・純を大西流星(なにわ男子)、植物状態から目を覚ました花の母を桜井ユキ、脚に障害を負った花の父を玉木宏が熱演。監督・脚本を『ノイズ』『ネメシス』で脚本を手掛けた新鋭・片岡翔が務める。第42回ポルト国際映画祭のファンタジー部門で審査員スペシャルメンションを獲得。
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ 
(C)2022「この子は邪悪」製作委員会

9/1(木)

さかなのこ

『南極料理人』『横道世之介』などの沖田修一監督が、さかなクン初の自伝的エッセイを映画化。主演をつとめるのは女優・のん。好きなことに一直線で、周囲の人々を幸せにする不思議な魅力にあふれた主人公ミー坊を性別の垣根を越え体現する。ミー坊の母を演じる井川遥、幼馴染みのヒヨを演じる柳楽優弥をはじめ、不良役の磯村勇斗や岡山天音、映画オリジナルのキャラクターのモモコを演じる夏帆など、実力派の俳優が脇を固める。
上映館: あべのアポロシネマ / TOHOシネマズ梅田 / TOHOシネマズなんば / シネ・リーブル梅田
(C)2022「さかなのこ」製作委員会

9/2(金)

デリシュ!

18世紀のフランスを舞台に、世界に先駆けてレストランを開いた男性の奮闘を描く人間ドラマ。主人公のマンスロンに『グッバイ・ゴダール!』や『オフィサー・アンド・スパイ』のグレゴリー・ガドゥボワ、『記憶の森』でセザール賞主演女優を受賞したイザベル・カレがマンスロンと共に料理で公爵と対決する謎の女性ルイーズを演じる。監督・脚本:エリック・ベナール
上映館: 大阪ステーションシティシネマ 
(C)2020 NORD-OUEST FILMS-SND GROUE M6-FRANCE 3 CINEMA-AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA-ALTEMIS PRODUCTIONS

9/2(金)

地下室のヘンな穴

まさかの!? フランス映画No.1ヒット!『ラバー』『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』などのカンタン・デュピュー監督が、12時間進んで3日若返る不思議な穴のある家で暮らす中年夫婦を描いたコメディー。はたして、この不思議な穴がもたらすのは幸せか、それとも破滅か。人生が激変してしまった夫婦がたどる後戻り不可能な運命とは――。出演:アラン・シャバ、レア・ドリュッケール、ブノワ・マジメル、アナイス・ドゥムースティエ
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / なんばパークスシネマ 
(C)ATELIER DE PRODUCTION – ARTE FRANCE CINEMA – VERSUS PRODUCTION – 2022

9/2(金)

彼女のいない部屋

彼女はどこへ向かっている? 彼女の行動の理由は? フランスの地方都市らしい。彼女は車を走らせている。彼女は家族を捨てて家出をしたのだろうか。バラバラのピースが突然つながる瞬間、涙が堰を切る。マチュー・アマルリック監督が挑戦した感動的なモンタージュの傑作。主演は本作で2022年のセザール賞女優賞にノミネートされたヴィッキー・クリープス。夫役にアリエ・ワルトアルテ。
上映館: シネ・リーブル梅田
(C)2021 – LES FILMS DU POISSON – GAUMONT – ARTE FRANCE CINEMA – LUPA FILM

9/2(金)

霧幻鉄道 只見線を300日撮る男

東日本大震災3.11からわずか4か月後―福島県と新潟県に襲った集中豪雨は、両県を繋ぐJR只見線の鉄橋は押し流され、廃線の危機に晒された。地元住人らの応援団の中心となったのが、年間300日、只見線と奥会津の絶景を数十年撮り続けている郷土写真家・星賢孝だった。そんな只見線復旧の軌跡を辿るドキュメンタリー。監督:安孫子亘 ★9/10(土) 上映終了後 安孫子亘監督舞台挨拶予定
上映館: シネ・リーブル梅田

9/2(金)

失われた時の中で

写真家だった夫・グレッグの突然の死。その理由がベトナム戦争時の枯葉剤にあるのではと聞かされた妻・坂⽥雅⼦は夫の⾝に起こったことを知りたい⼀⼼でカメラを⼿に取り、ベトナムへ向かった。そこで目にしたのは戦後30年を過ぎてなお、枯葉剤の影響で重い障害を持って⽣まれてきた⼦どもたちと、彼らを愛しみ育てる家族の姿だった――。夫の死により、思いがけず映画監督として⼈⽣を歩むことになった坂⽥雅⼦監督による、『花はどこへいった』(2007)『沈黙の春を⽣きて』(2011)に続く、ベトナムの枯葉剤被害をテーマにした最新作にして集大成。
上映館: 第七藝術劇場
(C)2022 Masako Sakata

9/3(土)

山中貞雄監督 現存三部作

日本映画の最初の黄金期と呼ばれる戦前の日本映画界に彗星のように現れ、天才の名をほしいままにしながら、わずか二十八歳の若さで戦病死した映画監督・山中貞雄。現存する三作品すべてが4Kデジタル修復版となって鮮やかに蘇る!上映スケジュール:3(土)〜9(金)10:00『丹下左膳餘話 百萬両の壺』(1953年/出演:大河内傳次郎)、10(土)〜16(金)10:00『河内山宗俊』(1936年/出演:河原崎長十郎、中村翫右衛門、市川扇升、原節子)、17(土)〜23(金)10:00『人情紙風船』(1937年/出演:河原崎長十郎、中村翫右衛門、山岸しづ江、霧立のぼる)
上映館: シネ・ヌーヴォ

9/1(木)

特『刀剣乱舞-花丸-』~華ノ巻~

シリーズ初のアニメーション作品「刀剣乱舞-花丸-」は2016年に放送開始。2018年にはTVシリーズ2期となるアニメ「続『刀剣乱舞-花丸-』が放送され、“とある本丸”を舞台に、刀剣男士たちがひたむきに、ほがらかに過ごす日常が人気を博した。本作はアニメ「刀剣乱舞-花丸-」の新作で、雪月華の3部作として、劇場限定上映! 監督:野呂純恵、声の出演:増田俊樹、市来光弘、新垣樽助、逢坂良太、斉藤壮馬
上映館: TOHOシネマズ梅田 / TOHOシネマズなんば 

9/2(金)

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ

男性アイドルの育成をテーマにしたゲームソフトを原作とするアニメシリーズの劇場版。さあST☆RISHと一緒に、世界中に愛を届ける旅[ステージ]へと出かけよう! 監督:永岡智佳、声の出演:寺島拓篤、鈴村健一、谷山紀章、宮野真守、諏訪部順一、下野紘、鳥海浩輔
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ 

9/1(木)

スーパー戦闘 純烈ジャー 追い焚き☆御免

表向きはスーパー銭湯のアイドル「純烈」。しかし、彼らは純烈ジャーとなり、温泉の平和を守るため人知れず悪と戦い、今日もまた全国の温泉が何者かの手によって、次々と水風呂化されるという怪事件の真相を追っていた。すると、突然白川の後ろから見たことのない赤い女性が姿を現す。彼女の名は恵美梨。なんと白川の新しい赤の女神であった――。監督:佛田洋、出演:白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太、酒井一圭、
上映館: 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ 

9/2(金)

MIRRORLIAR FILMS Season4

“変化”をテーマに、俳優、映画監督、漫画家、ミュージシャンなど総勢36名が監督した短編映画をオムニバス形式で4シーズンに分けて公開するプロジェクト第4弾。『Good night PHOENIX』(監督:池田エライザ、出演:フリッツ リオほか)、『BEFORE/AFTER』(監督:GAZEBO、出演:川久保晴)、『女優iの憂鬱/COMPLY+-ANCE』(監督:齊藤工、出演:伊藤沙莉ほか)、『シルマシ』(監督:福永壮志、出演:伊東蒼ほか)、『名もなき一篇』(監督:藤井道人、出演:若林拓也ほか)、『星ニ願イヲ』(監督:真壁勇樹、出演:西田薫子ほか)、『おとこのことを』(監督:水川あさみ、出演:窪田正孝ほか)、『THE NOTES』(監督:村上リ子、出演:Dirk Rebeほか)、『バイバイ』(監督・出演:ムロツヨシ)
上映館: 梅田ブルク7 

9/2(金)

てぃだ ~いつか太陽の下を歩きたい~

都会で愛する人に裏切られ、生きていく事にに疲きってしまった一人の女性が、沖縄石垣島という離島での景色も素晴らしい場所で、離島ならではの人の温かさに触れ合い、 変化し成長する姿を描いたヒューマンサスペンス。監督:中前勇児、プロデューサー:鈴木秀人、脚本:印東由紀子、出演:馬場ふみか、中村静香、青柳翔、武田航平、今泉佑唯
上映館: なんばパークスシネマ 

9/3(土)~11(日)

アニマックス朗読劇『ハニーレモンソーダ』ライブビューイング

村田真優の人気コミック『ハニーレモンソーダ』の朗読劇をライブビューイングで。髪はレモン色、性格は“ソーダ”のように刺激的な人気者の三浦界を、今をときめく豪華声優陣総勢15名が日替わりで演じるほか、ヒロイン・石森 羽花を、総勢12名の実力派女性声優たちが演じ、魅力を最大限に引き出す。演出・脚本は自ら劇団『カミナリフラッシュバック』の主宰も務めるニシオカ・ト・ニール。
上映館: イオンシネマ シアタス心斎橋 

9/4(日)18:30開演

ミュージカル『刀剣乱舞』 鶴丸国永 大倶利伽羅 双騎出陣 〜春風桃李巵〜 ライブビューイング

ミュージカル『刀剣乱舞』 鶴丸国永 大倶利伽羅 双騎出陣 〜春風桃李巵〜の、大千秋楽ライブビューイング。出演:岡宮来夢(鶴丸国永役)、牧島輝(大倶利伽羅役)、岡幸二郎、唐橋充、後藤成貴(Wキャスト) 、田中悠貴(Wキャスト)ほか
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / TOHOシネマズなんば / 梅田ブルク7 / イオンシネマ シアタス心斎橋 

9/2(金)

WILD STYLE

DJ、ラップ、ブレイキン、グラフィティ、リアルな1982年ニューヨークの熱気が、ここにある――。「Lee」のサブウェイアートで有名なグラフィティライター、リー・キノネスをはじめ、当時のシーンの真っ只中にいた本物のライターやDJ、ダンサーたち…HIPHOP黎明期のリアルな空気感をそのままスクリーンで体感できる。監督:チャーリー・エーハン                                                                                                                                                                           シネ・リーブル梅田

9/2(金)

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3【PG12】

2021年9月6日にこの世を去った大スター、ジャン=ポール・ベルモンドの傑作選第3弾は、彼の多彩な魅力を全貌する、これまで以上に幅広いジャンルを集めた傑作ぞろい! 上映作品:『勝負をつけろ』(監督:ジャン・ベッケル)、『冬の猿』(監督:アンリ・ヴェルヌイユ)、『華麗なる大泥棒』(監督:アンリ・ヴェルヌイユ)、『ラ・スクムーン』(監督:ジョゼ・ジョヴァンニ)、『薔薇のスタビスキー』(監督:アラン・レネ)、『ベルモンドの怪盗二十面相』(監督:フィリップ・ド・ブロカ)、『パリ警視J』(監督:ジャック・ドレー)
上映館: テアトル梅田

9/2(金)

for you 人のために

2016年にオバマ元米大統領が広島訪問時に抱き寄せられた森重昭。彼は「原爆が投下された広島にアメリカ人もいた」という事実を40数年かけて調べあげ、被爆米兵たちの身元、遺品、遺骨を調べ上げ、遺族のもとに返却した。彼をそこまで動かしたものは何なのか――。また被爆しながらも救護活動を続けた外国人神父たち。広島原爆を通し、「人のために生きた人たち」に焦点をあて、生涯を追ったドキュメンタリー。監督:松本和巳
上映館: テアトル梅田

9/2(金)1週間限定上映

第15回 関西クィア映画祭 2022

多様な性のあり方を肯定し、「クィア」を切り口に「性」をテーマにした映像作品を上映する関西クィア映画祭。国内外の長編・短編作品を上映する。
上映館: シネマート心斎橋

9/2(金)2週間限定上映

アウトロダブル

『ボーダーライン』『ダブルドライブ』シリーズ最新作にして最終章。アベル(藤田玲)と純也(佐藤流司)が、久保寺(なだぎ武)と出会い運命が転がりだす――。純也が塚本(牧島輝)や池畑(中村太郎)に一杯喰わされ、金貸しの藤波(内浦純一)やケツ持ちの穴熊ダルマ(千原せいじ)からマトに掛けられる始末。そして、久保寺の一人息子・則夫(高橋怜也)をも巻き込んだ事態に、アベルは立ち向かうのであった――!監督:西海謙一郎
上映館: シネマート心斎橋

9/2(金)1週間限定上映

ブエノスアイレス 4Kレストア版【boidsound上映】

世界で愛される香港の名匠、ウォン・カーウァイ 監督作が4Kレストア! レスリー・チャンとトニー・レオンが傷つけ合いながらも愛し合う恋人同士を演じた。※当館での上映は、2Kでの上映となります
上映館: シネマート心斎橋

9/3(土)のみ上映

《電影祭》マンハント(字幕版)

中華映画上映イベント「電影祭」からのラインアップ。1976年に高倉健主演で映画化された西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を『レッドクリフ』シリーズのジョン・ウー監督が、チャン・ハンユー&福山雅治で再映画化。
上映館: シネマート心斎橋

9/6(火)~8(木)のみ復活上映

花様年華 4Kレストア版【boidsound上映】

世界で愛される香港の名匠、ウォン・カーウァイ 監督作が4Kレストア! トニー・レオンとマギー・チャンが互いに伴侶を持つ身でありながら惹かれ合う男女を演じた大人のラブストーリー。※当館での上映は、2Kでの上映となります
上映館: シネマート心斎橋

9/3(土)

遠くへ、もっと遠くへ【R15+】

いまおかしんじ監督が、新藤まなみ×吉村界人で贈る人間ドラマ。結婚5年目の人妻・小夜子は年上の夫との離婚を考えていた。ある日、小夜子が離婚後の住まいを探しているとき、不動産屋の男・洋平と知り合う。どんどん距離を縮めていき、見えない未来を求め、北に向けて二人旅を始めるのだった…。
上映館: シアターセブン

9/3(土)~9(金)

特集上映「今、パレスチナを知る」(3作品 日替上映)

映画作家・後藤和夫が20年ぶりにパレスチナを訪れ、当時取材した映像と現在のパレスチナを交錯させながら描いたプライベート・ムービー『傍観者あるいは偶然のテロリスト』、ジャーナリスト・古居みずえがガザで出会った女性ガーダを12年間に渡って記録した『ガーダ パレスチナの詩』、映画監督・若松孝二と足立正生がレバノン・ベイルートに向かい現地の赤軍派、PFLPと共同で製作した『赤軍―PFLP・世界戦争宣言』を上映。
上映館: シアターセブン

9/3(土)

戦争と女の顔【PG12】

日本でも話題の証言集「戦争は女の顔をしていない」(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ)を原案にした本作。巨匠アレクサンドル・ソクーロフの下に学んだ新鋭カンテミール・バラーゴフ監督が、1945年、第二次世界大戦後のレニングラードを舞台に、戦後、PTSDを抱えた元女性兵士の生と死の闘いを描く。出演:ヴィクトリア・ミロシニチェンコ、ヴァシリサ・ペレリギナ
上映館: シアターセブン

9/3(土)~9(金)

渓谷。その奥へ! 渓谷下りの達人たち

近年注目を集めているヨーロッパ生まれのスポーツアクティビティ、キャニオニング。究極の川遊びとして、日本でも愛好者が増えつつある。本作は、アジアで唯一国際キャニオニング協会のインストラクター資格を持つ田中彰が主催する渓谷ツアーに密着同行し、その魅力を伝えるスポーツドキュメンタリー。★連日上映後 松原保監督の舞台挨拶予定
上映館: シアターセブン

9/3(土)

WANDA/ワンダ

1970年ヴェネツィア国際映画祭最優秀外国映画賞を受賞し、世界中の映画人たちから「忘れられた小さな傑作」と賛美された、バーバラ・ローデン監督・脚本・主演のデビュー作にして遺作。崖っぷちを彷徨う女の、哀しいほど滑稽な逃避行を描いたロードムービー。日本では初の劇場公開となる。
上映館: シアターセブン

9/3(土)

ジャック・リヴェット映画祭【デジタルリマスター版】

フランス映画の魔術的ファンタジー作家・ジャック・リヴェットの中期の作品群で、『セリーヌとジュリーは舟でゆく』(74)をはじめ、『デュエル』(76)『ノロワ』(76)『メリー・ゴー・ラウンド』(81)『北の橋』(81)の全5作品を上映。
上映館: シネ・ヌーヴォ

9/3(土)

ONODA 一万夜を越えて

第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でのオープニング作品。旧陸軍少尉・小野田寛郎が、太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて約30年間の孤独な日々を過ごした実話を元に描いた人間ドラマ。遠藤雄弥と津田寛治のW主演で、フランスで出版された小野田少尉の自伝「ONODA 30 ans seul en guerre(原題)」(Bernard Cendoron 著)を原案に、アルチュール・アラリ監督が映画化。
上映館: シネ・ヌーヴォ

9/4(日)・9(金)のみ上映

『映画はアリスから始まった』公開記念 アリス・ギイ監督 短編集

世界最初期の映画監督として、クローズアップや着色、音の同期など多くの技法を開発し、1907年にアメリカに拠点を移すまでにフランスで400本以上監督したアリス・ギィの短編13作品(50分)を特別上映!
上映館: シネ・ヌーヴォ

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

   

今月のマルシェ

イベントカレンダー

読者プレゼント

読者プレゼント

相互リンク

ページ上部へ戻る