あべのハルカス美術館で『庵野秀明』展、開幕!

 

「庵野秀明展」

日本を代表する映像作家・庵野秀明の創作の秘密に迫る世界初の『庵野秀明展』が4月16日(土)からあべのハルカス美術館ではじまった。
以下は15(金)におこなわれたメディア内覧会の展示の様子。

展示解説:
三好寛氏(株式会社カラー 文化事業担当学芸員)
神村靖宏氏(株式会社グラウンドワークス 代表取締役)

■「庵野秀明をつくったもの」

第1章では、庵野秀明がクリエイティブな人格を形成するに至った幼少期からのアニメ・特撮・メカ趣味を紹介。
庵野氏が見て育ったアニメ・特撮年表や、仮面ライダー・特撮映画の映像とポスターなどが展示される。

撮影に使われた実際のウルトラマンなど特撮作品に使われた撮影用メカなど、アニメ・特撮関係の展示品が所狭しと並ぶ。

■「庵野秀明がつくったもの」

第2章では、アマチュア時代からアニメ雑誌に取り上げられるほどの存在感を放っていた庵野の現在までの創作を振り返る。



庵野が中学時代に書いた油絵や、DAICON FILMと組んで自主制作した『帰ってきたウルトラマン』の映像と撮影用ミニチュアといった貴重な代物も。


そのほか『超時空要塞マクロス』、『トップをねらえ!』、NHKで放映された大作『ふしぎの海のナディア』関連の資料展示も。庵野を一躍有名にした『新世紀エヴァンゲリオン』の展示では、当初のアニメシリーズ制作時に、作画担当者に制作したエヴァ頭部のフィギュアや『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に登場した第3村の模型の一部など、見どころたっぷり。

■「そして、これからつくるもの」


第3章では、公開が期待される『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』、両作品にまつわる資料と予告編映像を展示。また、庵野秀明が立ち上げたATAC(特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構)など、未来へ向けた継承のためのプロジェクトも紹介されている。


4/16(土)~6/19(日)「庵野秀明展」

期間: 2022/4/16(土)~6/19(日) 休館:4/18(月)、5/9(月)
時間: 火~金曜 10:00~20:00 月・土・日曜、祝日10:00~18:00 入館はいずれも閉館30分前まで
会場: あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階)
料金: [前売]一般¥1700、大高生¥1200、中小生¥300 [当日]一般¥1900、大高生¥1400、中小生¥500
問 : 06-4399-9050(10:00~17:00)
URL: https://www.annohideakiten.jp/

関連記事

PR

   

今月のマルシェ

イベントカレンダー

Twitterプレゼントキャンペーン

読者プレゼント

相互リンク

ページ上部へ戻る