9/13(月)~18(土) 元吉 烈 展 – ある遊郭の記憶 –

 


ニューヨーク在住の映像作家・元吉烈の写真展。被写体は大阪・飛田新地の東の外れにある一軒の廃屋「満すみ」。飛田新地が飛田遊郭と言われていた昭和4(1929)年に建てられ、その後は旅館、料亭として活用されたのち、1990年代後半に廃業し20年以上空き家のまま放置されている。そんな遊郭の歴史や妓楼建築の特徴を伝える「満すみ」を通して、文化や習俗を後世に伝えるべく出版された写真集『House of Desires ある遊郭の記憶』の写真作品を約20点展示。写真集もギャラリーで販売する。協力:蛙企画、グラフィックデザイナー:門馬翔
作家在廊日:13(月)・17(金)


期間: 2021/9/13(月)~18(土)※ 16(木)休廊
時間: 11:00~18:00 ※17(金)は19:00まで
会場: KAZE ART PLANNING(大阪市北区天満3-6-3 鉄道広告社ビル2F)
料金: 入場無料
問 : kaze.artplanning512@gmail.com
URL: https://web-gallerykaze.com/

1
【後期】土・日曜・祝日のみ 重要文化財 大阪城の櫓YAGURA特別公開
【後期】土・日曜・祝日のみ 重要文化財 大阪城の櫓YAGURA特別公開
7月 3 – 11月 28 全日
【後期】土・日曜・祝日のみ 重要文化財 大阪城の櫓YAGURA特別公開
重要文化財の古建造物、多聞櫓(たもんやぐら)・千貫櫓(せんがんやぐら)の内部を期間限定で特別に公開。明治維新の動乱にともなって起きた大火、第二次世界大戦における空襲など、災禍をくぐり抜け今日まで残った貴重な古建造物とともに、大阪城内にいくつも残る江戸時代の建物にも注目し、大阪城がこれまで歩んできた多彩で豊かな歴史に触れてみよう。 ※前期は新型コロナウイルス感染拡大防止のため一旦中止していましたが、再開します。新型コロナウイルス感染症の拡大状況や西の丸庭園整備等により臨時休止する場合あり。 期間: 2021/7/3(土)~11/28(日)期間中の土曜・日曜・祝日 時間: 10:00~16:30(チケット販売終了15:30、最終入場16:00) 会場: [チケット売り場]大阪城西の丸庭園前券売所(大阪市中央区大阪城2) 料金: [櫓共通券]多聞櫓・千貫櫓2棟分及び西の丸庭園の入場料大人¥700、小人(中学生以下)¥300 [セット券]多聞櫓・千貫櫓2棟分及び西の丸庭園の入場料+大阪城天守閣入館料大人¥1200 ※セット券の小人料金はなし 問 : 06-6755-4146(大阪城パークセンター) URL: https://www.osakacastlepark.jp/
ARS VITA ESTA 藝術は人生 〜 色彩画家の軌跡 〜
ARS VITA ESTA 藝術は人生 〜 色彩画家の軌跡 〜
7月 3 – 12月 13 全日
ARS VITA ESTA 藝術は人生 〜 色彩画家の軌跡 〜
「ARS VITA ESTA – VITA ARS ESTA (藝術とは人生なり、人生とは藝術なり)」を謳い、常に進化を続ける色彩画家・絹谷幸二。本展ではヴェネツィア留学時代に描かれた貴重なフレスコ画(壁画の古典技法)から、極彩色に彩られた最新の絹谷藝術までを時系列で展覧し、その軌跡を辿る。また、世界初の絵の中に飛び込む3D映像に加え、絹谷幸二氏自らが館内や東京のアトリエを案内するVR映像も併せて楽しんで。 アドリア海の珠宝・サンマルコ遠望 Jewel in the Adriatic Distant View of San Marco 期間: 2021/7/3(土)~12/13(月)火曜休館※但し祝日の場合は開館し翌平日が休館 時間: 10:00~18:00 金・土曜、祝前日は10:00~20:00(いずれも入館は閉館の30分前まで) 会場: 絹谷幸二 天空美術館(大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビルタワーウエスト27F ) 料金: 大人¥1000、中高大生¥600、小学生以下無料 問 : 06-6440-3760(開館時間内※火曜休館) URL: https://www.kinutani-tenku.jp/s_exhib/
ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」
ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」
7月 17 – 10月 10 全日
ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」
20世紀最高の物理学者と称される、アルバート・アインシュタイン(1879~1955)。20 世紀前半に相対性理論やブラウン運動の理論などを提唱、光電効果の理論的解明によって 1921年のノーベル物理学賞を受賞。その100 年記念として企画された本展は、アインシュタインの科学理論や日本とのつながりについて、国内外の貴重な資料や、体験装置、ゲーム、科学玩具を通して、子どもから大人まで楽しみながら学べる内容となっている。7/17(土)には本展の監修者が、見どころやアインシュタインの魅力を語る記念講演会を開催。また、6/4(金)から大阪市立科学館にて連動企画展「もっと知りたい!アインシュタイン」も実施される。 ※本展は、政府及び自治体等による新型コロナウイルス感染拡大防止のための各種ガイドラインに基づき実施します 期間: 2021/7/17(土)~10/10(日) ※休館日:7/19(月)・26(月)、8/2(月)・23(月)・30(月)、9/6(月)・13(月)・21(火)・27(月)、10/4(月) 時間: 9:30~17:00(入場は16:30まで) 会場: 大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(大阪市東住吉区長居公園1-23 花と緑と自然の情報センター2階) 料金: [前売]大人¥1300、高大生¥600、小中生¥300 [当日]大人¥1500、高大生¥800、小中生¥500 問 : 06-4301-7285(大阪市総合コールセンター/なにわコール) URL: https://www.ktv.jp/event/einstein/
夏の展示「慶長クロニクル〈1596-1615〉~波乱の20年~」
夏の展示「慶長クロニクル〈1596-1615〉~波乱の20年~」
7月 30 – 10月 6 全日
夏の展示「慶長クロニクル〈1596-1615〉~波乱の20年~」
文禄5年(1596)、秀吉自慢の伏見城を崩壊させる大地震が発生。これをきっかけに年号が「慶長」に改められた。大地震のあとにも慶長の役開戦、秀吉の死去、関ヶ原合戦、さらには大坂の陣と、大きな事件がつぎつぎと起こる。本展では、この慶長期の歴史と文化に光をあてて、波乱の世であった慶長の20年間を振り返る。 秀吉の言葉を家臣に伝える石田三成自筆書状 期間: 2021/7/30(金)~10/6(水) 時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪城天守閣3階展示室(大阪市中央区大阪城1-1) 料金: 天守閣入館料大人¥600、中学生以下無料 問 : 06-6941-3044(大阪城天守閣) URL: https://www.osakacastle.net/
企画展示「ここに本願寺があった頃」
企画展示「ここに本願寺があった頃」
7月 31 – 10月 7 全日
企画展示「ここに本願寺があった頃」
現在、JR京都駅前に東本願寺の大伽藍、その西側には西本願寺の大伽藍があるが、戦国時代には本願寺は一つで、現在の大阪城の場所にあった。今回の展示では、浄土真宗の宗祖親鸞以来の本願寺の歴史を紹介するとともに、「天下布武」を目指す織田信長の前に、10年もの長きにわたって立ちはだかった大坂(石山)本願寺時代にかかわる資料をご紹介。 大坂(石山)本願寺と織田信長の合戦の際、本願寺の僧侶が着用したと伝える独特の衣服「縮衣」 期間: 2021/7/31(土)~10/7(木) 時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪城天守閣4階展示室(大阪市中央区大阪城1-1) 料金: 天守閣入館料大人¥600、中学生以下無料 問 : 06-6941-3044(大阪城天守閣) URL: https://www.osakacastle.net/
第17回企画展「コスメチックス広告-広告にみる大正ロマンと昭和モダン」
第17回企画展「コスメチックス広告-広告にみる大正ロマンと昭和モダン」
8月 2 – 9月 30 全日
第17回企画展「コスメチックス広告-広告にみる大正ロマンと昭和モダン」
明治維新より、様々な技術の発展や都市形成とともに発展をみせた<広告メディア>。本展では、大正から昭和初期におけるクラブ化粧品の広告を通して、ロマンあふれるモダンな生活や文化を探る。また、日本近代広告史に名を残す創業者・中山太一が、当時先端の広告手法を用いて展開し、世間の注目を一身に集めた「クラブ式広告」もあわせてご紹介。 ※8月下旬よりYouTubeにて「企画展動画」配信予定 ※ギャラリートーク及びオンラインギャラリートークも実施(要事前予約/詳細はHPにて確認) 期間: 2021/8/2(月)~9/30(木) ※日曜・祝日及び、8/12(木)~14(土)・16(月)休館 時間: 1日5枠 ①9:30~10:30 ②11:00~12:00 ③13:00~14:00 ④14:30~15:30 ⑤16:00~17:00(事前予約制・1枠先着6名まで) 会場: クラブコスメチックス文化資料室(大阪市西区西本町2-6-11 タイヨービル1F) 料金: 入場無料 問 : 06-6531-2997(文化資料室直通) URL: https://www.clubcosmetics.co.jp/museum/
大河 紀 個展 「地鳴る絵画」
大河 紀 個展 「地鳴る絵画」
8月 28 – 9月 12 全日
大河 紀 個展 「地鳴る絵画」
マガジンハウス雑誌『POPEYE』をはじめ、挿絵や装画、広告PRビジュアルなどを手がける大河紀の大阪初となる個展を、北浜のNEW PURE+(ニューピュアプラス)で開催。本展は5月に東京で開催された個展の巡回展。色彩豊かで、どこかコミカル、しかしケミカル感のあるカラっとしたグラフィックだが、描かれる内容・テーマはどれも意味深で現代美術的なアプローチが魅力。 From the Exhibitor:空を越えるのが難しくなって、地面を見つめ直さざるを得ない。 この地面を愛したい。今日も地面の声がでかい。 瞬間的な今この時代、私が描くべきは、この地に立つ心を鼓舞させたいという意志です。 期間: 2021/8/28(土)~9/12(日)水曜定休 時間: 13:00~19:00 会場: NEW PURE + / 地下スペース Chika No Akichi(大阪市中央区淡路町1-1-4) 料金: 無料 問 : 06-6226-8574 URL: https://new-pure-plus.tumblr.com/
2
山王美術館 「生誕120年 荻須高徳 佐伯祐三展」 毎週木~日曜・祝日開館
山王美術館 「生誕120年 荻須高徳 佐伯祐三展」 毎週木~日曜・祝日開館
9月 2 2021 – 1月 30 2022 全日
山王美術館 「生誕120年 荻須高徳 佐伯祐三展」 毎週木~日曜・祝日開館
画家として生涯のほとんどをパリで過ごし、パリを中心としたヨーロッパの古い街角を独自のタッチで描き続けた荻須高徳の生誕120年を記念して、山王美術館のコレクション展を開催。また、荻須の3年先輩にあたり、その画業に多大な影響を与えた佐伯祐三の作品も併せて展示。明快で骨太な筆触で造形性に富んだパリの都市風景を描いた荻須高徳、画家としての生涯を、「描くこと」ただそれだけに捧げ、独特の荒々しいタッチでパリの街並みを描いた佐伯祐三。パリを愛し、パリに魅了された二人の画家による作品が並ぶ。 期間: 2021/9/2(木)~2022/1/30(日)の毎週木~日曜・祝日開館※休館:毎週月~水曜、12/27~1/1 時間: 11:00~17:00(入館は〜16:30) 会場: 山王美術館(大阪市浪速区湊町1-2-3 ホテルモントレグラスミア大阪22階) 料金: 一般¥1000 大・高校生¥500、小・中学生¥500(要学生証提示)※中学生以下、保護者同伴に限り2名様まで無料 問 : 06-6645-7111(代表) URL: https://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum/
3
4
千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」
千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」
9月 4 – 10月 24 全日
千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」
令和4年(2022)、聖徳太子(574~622)が没して1400年を迎えるにあたり、聖徳太子ゆかりの寺院では、聖霊会(しょうりょうえ)をはじめ太子の偉業を偲ぶ大規模な法会が催される。こうした100年に一度の節目にあわせて、太子信仰の中核を担ってきた大阪・四天王寺の所蔵品を中心に、日本各地から国宝8件(予定)、重要文化財41件(予定)を含む、総件数約180件の太子に関わる作品が集結。なぜ最澄や親鸞をはじめとする日本仏教諸宗の名だたる開祖・祖師は太子を篤く尊んだのか? 太子ゆかりの寺院はなぜ1400年もの長きにわたり参詣が絶えないのか? こうした聖徳太子にまつわる問いを解くべく、太子にかかわる美術の全貌を展示・紹介する。 期間: 2021/9/4(土)~10/24(日)月曜休館※9/20(月祝)は開館 ※展示替えあり(前期:9/4~26、後期:9/28~10/24) ※新型コロナウイルス感染症の流行状況により、入場制限等を行う場合があります 時間: 9:30~17:00(入館は16:30まで) 会場: 大阪市立美術館(大阪市天王寺区茶臼山町1-82 天王寺公園内) 料金: 一般¥1800、高大生¥1200 ※本展は市内在住65歳以上の方も一般料金が必要です 問 : 06-4301-7285(大阪市総合コールセンター) URL: https://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/taishi1400
5
6
7
〈後期〉森栄喜「シボレス|鼓動に合わせて目を瞬く」
〈後期〉森栄喜「シボレス|鼓動に合わせて目を瞬く」
9月 7 – 9月 25 全日
〈後期〉森栄喜「シボレス|鼓動に合わせて目を瞬く」
2020年にKen Nakahashi(新宿)にて発表された“森栄喜 シボレス”の2つのヴァージョンの巡回展を<前期><後期>に分けて開催。本展は、“シボレス”のドキュメントをリリースした大阪拠点の音楽アソシエーションimmeasurableが主催する。<後期>は新型コロナウィルス感染拡大防止の緊急事態宣言下の2020年3月から5月にかけて人通りがまばらな東京の夕刻の街中で行ったパフォーマンスを記録した映像作品で、未だ世界中で未曾有の事態が続くコロナ禍において自己と他者、個人と社会の境界などについての再考を促す作品となっている。 期間: 2021/9/7(火)~25(土)日・月曜定休 ※9/20(月祝)は18:00まで臨時営業 ※ご来場前に営業状況をホームページ等でご確認ください 時間: 12:00~19:00(土曜日は18:00まで、最終日は17:00まで) 会場: Calo Bookshop & Cafe(大阪市西区江戸堀1丁目8-24 若狭ビル5階) 料金: 入場無料 問 : 06-6447-4777(Calo Bookshop & Cafe) URL: http://www.calobookshop.com
8
9
10
11
middle of the mall by TREVOR ANDREW~ハイブランドとストリートアートの融合~
middle of the mall by TREVOR ANDREW~ハイブランドとストリートアートの融合~
9月 11 – 9月 26 全日
middle of the mall by TREVOR ANDREW~ハイブランドとストリートアートの融合~
元スノーボードオリンピック選手のアーティストTrevor Andrew(トレバー・アンドリュー)は、Gucciとのコラボレーションを筆頭に、様々なジャンルとストリートアートスタイルを融合させた作品で全世界に知られている。本展では、アトリエをイメージした空間や映像作品など、Trevorを作り上げている要素を感じられる演出のほか、彼の代表アートの1つである「GG」をモチーフにしたギャラリースペースにて作品を展示・販売。本展開催を記念したグッズのほか、心斎橋PARCO 1F THE WINDOW SHINSAIBASHIでは、Trevorが立ち上げたファッションブランド「REAL BUY」のアパレルも販売。 ※画像はイメージです 期間: 2021/9/11(土)~26(日) 時間: 11:00~20:00(入場は閉場30分前まで・最終日は18:00閉場)※感染症拡大防止等の観点から入場者数を制限しております。また、営業日時の変更及び休業となる場合がございます 会場: 心斎橋PARCO 14F PARCO EVENT HALL(大阪市中央区心斎橋筋1-8-3) 料金: 一般¥1000(税込)、学生¥700(税込) ※小学生以下無料 URL:https://art.parco.jp/
MISSISSIPPI「NIGHT ON EARTH」@POL
MISSISSIPPI「NIGHT ON EARTH」@POL
9月 11 – 9月 26 全日
MISSISSIPPI「NIGHT ON EARTH」@POL
画家・コミック作家 MISSISSIPPIの個展を開催。本展は、2021年5月に刊行した初となる画集「NIGHT ON EARTH」のローンチ(刊行記念展示)で、画集に収録した作品を中心に、2006〜2021年制作のペインティング作品を展示・販売。会場では、画集のほか、Tシャツ、缶バッジ、これまでに作ったzineなども販売。会場は、堀江のギャラリー・Pulp、北浜の本屋・FOLK old book store、音楽イベント企画・HOPKENで共同運営するGallery & Book,CD,Record shop 「POL」。 期間: 2021/9/11(土)~26(日)水・木曜定休 時間: 11:00~19:00 会場: POL(大阪市中央区谷町6-18-29 2F) 料金: 入場無料 URL: http://pol2020.jp/
ラボカフェスペシャル/ハイドン大學「ハイドンマラソン、振り返り企画<第2弾>」
ラボカフェスペシャル/ハイドン大學「ハイドンマラソン、振り返り企画<第2弾>」
9月 11 全日
ラボカフェスペシャル/ハイドン大學「ハイドンマラソン、振り返り企画<第2弾>」
日本センチュリー交響楽団がハイドンの交響曲全104曲の演奏に挑む「ハイドンマラソン」。今回は、これまでの演奏会の振り返りを含め、曲のこと・楽器のこと・リハーサルや演奏会のことなどを、講師役の2人が管楽器奏者・弦楽器奏者それぞれの立場からお話しする。交響曲の父といわれる音楽家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの音楽の魅力を改めて深く知り、じっくり楽しむための音楽講座「ハイドン大學」へようこそ! 期間: 2021/9/11(土)定員15名程度・要事前申込・先着順 ※オンライン視聴は申込不要 時間: 14:00~15:30 会場: アートエリアB1(大阪市北区中之島1-1-1京阪電車なにわ橋駅地下1階)当館ウェブサイトおよびFacebookライブにてオンライン配信あり(申込不要) 料金: 実来場観覧は¥500 ※日本センチュリー交響楽団定期会員及びハイドンマラソンのチケットをお持ちの方は無料/オンライン視聴は無料 問 : 申込: 06‐6848-3311(センチュリー・チケットサービス/平日10:00~18:00※緊急事態宣言中は平日12:00~16:00) その他の問い合せ:06-6226-4006(アートエリアB1/12:00〜19:00開館・月曜休館) URL: http://artarea-b1.jp/archive/2021/09111719.php
12
いけばなオンライン体験教室 03:37
いけばなオンライン体験教室
9月 12 @ 03:37 – 04:37
いけばなオンライン体験教室
日本の伝統文化「いけばな」未経験の小学生・中学生を対象に、気軽に参加できるオンライン体験教室を開催。おうちに届く季節のお花をつかって、オンラインで講師と一緒にいけばなをやってみよう! ※保護者の方と一緒にご参加ください。1世帯1回まで ※事前にいけばな体験セット(1人用花材、剣山、テキスト)をお届け。ハサミと器は各ご家庭でご準備をお願いします (C)公益財団法人日本いけばな芸術協会 いけばなオンライン体験教室 期間:2021/9/12(日)◀申込締切8/29(日) 10/31(日)◀申込締切10/17(日) 11/21(日)◀申込締切11/7(日) 2022/1/30(日)◀申込締切1/16(日) 時間: ①13:00〜13:45 ②14:00〜14:45 ③15:00〜15:45 ④16:00〜16:45 所要時間各約45分 会場: オンライン(Zoom) 料金: 無料 URL: https://nihonikebana.or.jp/online-ikebana/
13
元吉 烈 展 – ある遊郭の記憶 –
元吉 烈 展 – ある遊郭の記憶 –
9月 13 – 9月 18 全日
元吉 烈 展 - ある遊郭の記憶 -
ニューヨーク在住の映像作家・元吉烈の写真展。被写体は大阪・飛田新地の東の外れにある一軒の廃屋「満すみ」。飛田新地が飛田遊郭と言われていた昭和4(1929)年に建てられ、その後は旅館、料亭として活用されたのち、1990年代後半に廃業し20年以上空き家のまま放置されている。そんな遊郭の歴史や妓楼建築の特徴を伝える「満すみ」を通して、文化や習俗を後世に伝えるべく出版された写真集『House of Desires ある遊郭の記憶』の写真作品を約20点展示。写真集もギャラリーで販売する。協力:蛙企画、グラフィックデザイナー:門馬翔 作家在廊日:13(月)・17(金) 期間: 2021/9/13(月)~18(土)※ 16(木)休廊 時間: 11:00~18:00 ※17(金)は19:00まで 会場: KAZE ART PLANNING(大阪市北区天満3-6-3 鉄道広告社ビル2F) 料金: 入場無料 問 : kaze.artplanning512@gmail.com URL: https://web-gallerykaze.com/
14
15
鉄道芸術祭vol.10プレ企画 「リアルとフィクションから語る駅・鉄道の新たな魅力」
鉄道芸術祭vol.10プレ企画 「リアルとフィクションから語る駅・鉄道の新たな魅力」
9月 15 全日
鉄道芸術祭vol.10プレ企画 「リアルとフィクションから語る駅・鉄道の新たな魅力」
今秋の本番に向けた「鉄道芸術祭vol.10」プレトーク第三弾では、「駅・鉄道のコミュニティ機能」に着目。ゲストは、ゲーム「A列車で行こう」シリーズ公式ガイドブックの監修や、ネットメディアでの記事執筆など、鉄道ライターとして多くのメディアで活躍中の杉山淳一氏。鉄道シミュレーションゲームにおける「駅の役割」などクリエーションの世界での表現について、また現実の駅や鉄道のコミュニティ機能について、フィクションとリアルを交えた鉄道の新たな可能性を検証する。 期間: 2021/9/15(水)定員15名程度・申込不要・当日先着順 時間: 19:00~20:30 会場: アートエリアB1(大阪市北区中之島1-1-1京阪電車なにわ橋駅地下1階)当館ウェブサイトおよびFacebookライブにてオンライン配信あり(申込不要) 料金: 無料 問 : 06-6226-4006(アートエリアB1/12:00〜19:00開館・月曜休館) URL: http://artarea-b1.jp/archive/2021/09151713.php
16
17
絵画の証Ⅲ -東海版
絵画の証Ⅲ -東海版
9月 17 – 10月 16 全日
絵画の証Ⅲ -東海版
TEZUKAYAMA GALLERTYで個展「彫る絵画-三原色-」をひらくアーティスト鈴木淳夫が企画するグループ展を同時開催。鈴木自身の作品は、色層を重ねて彫刻で掘るというスタイルから、平面でありながらも立体彫刻的な要素もあるゆえに、「絵画とは?」という問題に直面し考察を続けてきた。本展は、このテーマについて改めて向き合う機会として、自らを含めた4名のアーティスト作品にフォーカスしている。出展アーティスト:浅野弥衛、国島征二、鈴木淳夫、山田純嗣 期間: 2021/9/17(金)~10/16(土)日・月曜、祝日休館 時間: 火~土曜12:00~19:00※初日の9/17は20:00まで営業 会場: TEZUKAYAMA GALLERY – VIEWING ROOM(大阪市西区南堀江1–19–27 山崎ビル2F) 料金: 入場無料 問 : 06-6534-3993 URL: https://tezukayama-g.com/
鈴木淳 個展「彫る絵画 -三原色-」
鈴木淳 個展「彫る絵画 -三原色-」
9月 17 – 10月 16 全日
鈴木淳 個展「彫る絵画 -三原色-」
TEZUKAYAMA GALLERTYでは2019年以来2回目となる鈴木淳夫(1977年愛知県生まれ)の個展を開催。自身の作品を「彫る絵画(Carved Painting)」と称し、幾重にもパネルの上に塗り重ねた絵具の層を彫刻刀で削り出すことで様々な図柄を描く作風で制作を重ねてきた。今回は白黒のモノクロームに統一した作品群を展示予定で、平面作品に加えて、実際に作品の表面から削り取った絵具片によって作られた立体作品も展示予定。 期間: 2021/9/17(金)~10/16(土)日・月曜、祝日休館 時間: 火~土曜12:00~19:00※初日の9/17は20:00まで営業 会場:TEZUKAYAMA GALLERY – MAIN GALLERY(大阪市西区南堀江1–19–27 山崎ビル2F) 料金: 入場無料 問 : 06-6534-3993 URL: https://tezukayama-g.com/
18
カシワイ個展「しずかなところ」
カシワイ個展「しずかなところ」
9月 18 – 10月 3 全日
カシワイ個展「しずかなところ」
北浜のFOLK old book store で、漫画や装画・イラストなど幅広く活躍するカシワイの個展を開催。今回の展示の絵をまとめた本やポストカードも販売予定。 期間: 2021/9/18(土)~10/3(日)月曜定休 時間: 平日13:00~20:00、土日祝13:00~18:00 ※9/20(月祝)・23(木祝)は13:00~20:00 会場: FOLK old book store(大阪市中央区平野町1-2-1) 料金: 入場無料 問 : 06-7172-5980(FOLK old book store) URL: http://www.folkbookstore.com/
企画展「商都慕情Ⅱ」—水のまち大阪を巡る-
企画展「商都慕情Ⅱ」—水のまち大阪を巡る-
9月 18 – 11月 14 全日
企画展「商都慕情Ⅱ」—水のまち大阪を巡る-
京都から大坂までの淀川両岸の風景を描いた絵巻(円山応挙筆)を、庭山耕園とその門人らが模写した「淀川両岸帖」をはじめ、館蔵品の絵画や錦絵を展示し、水都とよばれた大坂の情景を想起する。「淀川両岸帖」は当館が2020年に新たに収蔵し、本展が初公開となる。 期間: 2021/9/18(土)~11/14(日) 時間: 10:00~17:00(入館は~16:30) 会場: 大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館 企画展示室(大阪市北区天神橋6-4-20 住まい情報センタービル8階) 料金: 大人¥400※8階常設展・企画展どちらも入場可能/障がい者手帳等持参者(介護者1名含む)、大阪市内在住の65歳以上無料(要証明書原本提示) 問 : 06-6242-1170 URL: http://konjyakukan.com/
19
20
鉄道芸術祭vol.10プレ企画アーティストトーク「GDP THE MOVIE〜ギャラクティック運輸の初仕事〜を語る」
鉄道芸術祭vol.10プレ企画アーティストトーク「GDP THE MOVIE〜ギャラクティック運輸の初仕事〜を語る」
9月 20 全日
鉄道芸術祭vol.10プレ企画アーティストトーク「GDP THE MOVIE〜ギャラクティック運輸の初仕事〜を語る」
鉄道の創造性に着目した企画展「鉄道芸術祭vol.10」では、contact Gonzo(アーティストユニット)とdot architects(建築家ユニット)が、社会システム根幹をなす「経済」をテーマに、2ヵ年にわたるプロジェクトを展開。本番を迎える今年度は、「GDP THE MOVIE〜ギャラクティック運輸の初仕事〜」の名の下に、映画制作を通じて鉄道・経済のテーマに取り組む。アーティストトークでは、映画制作にまつわるアイデアなどGonzo dot partyの行く末を語り合う。 期間: 2021/9/20(月祝)定員15名程度・申込不要・当日先着順 時間: 14:00~16:00 会場: アートエリアB1(大阪市北区中之島1-1-1京阪電車なにわ橋駅地下1階)当館ウェブサイトおよびFacebookライブにてオンライン配信あり(申込不要) 料金: 無料 問 : 06-6226-4006(アートエリアB1/12:00〜19:00開館・月曜休館) URL: http://artarea-b1.jp/archive/2021/09201714.php
21
22
23
24
25
中之島スタディーズ「コロナ禍以降の”新たな賑わい”のあり方」
中之島スタディーズ「コロナ禍以降の”新たな賑わい”のあり方」
9月 25 全日
中之島スタディーズ「コロナ禍以降の"新たな賑わい"のあり方」
大阪市では、文化施設が集まる中之島・東部エリアを水都大阪にふさわしい新たな賑わい創出拠点となるよう、今春中之島通りを歩行者空間として整備。一方でコロナ禍は、集まることを阻害し、賑わいのあり方も変化を余儀なくされた。2025年万博を迎える大阪において、どのような賑わいの創出が可能なのだろうか。水都大阪コンソーシアム調査研究「中之島スタディーズ」のキックオフプログラムでは、大阪の舟運や屋外マーケットの事業者などが集い、中之島における新たな賑わいの可能性について、対話を繰り広げる。【登壇者】大江幸路(大阪水上バス株式会社/大阪シティクルーズ推進協議会)中野弘巳(御舟かもめ)間宮菜々子・三宅右記・河崎杏奈(北浜蚤の市)吉田公司(一本松海運株式会社)【進行】服部滋樹(graf)木ノ下智恵子(大阪大学共創機構)赤坂誠治(一般社団法人中之島まちみらい協議会事務局) 期間: 2021/9/25(土)定員15名程度・申込不要・当日先着順 時間: 15:00~17:00 会場: 中之島通り東部歩行者空間(屋外:京阪電車なにわ橋駅入口前)※雨天の場合はアートエリアB1(大阪市北区中之島1-1-1京阪電車なにわ橋駅地下1階)当館ウェブサイトおよびFacebookライブにてオンライン配信あり(申込不要) 料金: 無料 問 : 06-6226-4006(アートエリアB1/12:00〜19:00開館・月曜休館) URL: http://artarea-b1.jp/archive/2021/09251718.php
司馬遼太郎記念館連続講演会 01:36
司馬遼太郎記念館連続講演会
9月 25 @ 01:36 – 02:36
司馬遼太郎記念館連続講演会
年6回、前・後期3回ずつ、さまざまな分野から講師を招き、司馬遼太郎のことや専門分野のことなど自由に語る講演会。9/25(土)は日本歴史時代作家協会賞作品賞受賞『まむし三代記』など多数著書をもつ作家・木下昌輝氏による「大坂の笑いの歴史」。10/23(土)は2019年に共著『狼の義  新 犬養木堂伝』で第23回司馬遼太郎賞を受賞したノンフィクション作家・堀川惠子氏による「戦車そして輸送船――〝補給戦〟に見る日本陸軍」。11/20(土)は、大阪大学大学院医学系研究科名誉教授の医学博士・澤芳樹氏が「大阪における医学の発展~適塾から中之島4丁目未来医療国際拠点」をテーマに語る。 期間: 2020/9/25(土)・10/23(土)・11/20(土)定員80名・要申込・先着順 ※電話またはFAX(住所、氏名、電話番号を明記)で事務局まで。後日参加証をお送りします 時間: いずれも14:00~ 会場: 司馬太郎記念館ホール(東大阪市下小阪3-11-18) 料金: 3講座分で一般¥7500(友の会会員は¥6750)いずれも入館料含む※単独講座の聴講券ははありません 問 : 06-6726-3860(10:00~17:00) URL:https://www.shibazaidan.or.jp/event/index.php
26
27
28
29
30
クリエイティブアイランド中之島/大阪中之島美術館×アートエリアB1国際ミーティング「都市のアーカイブ ― その実践と創造的活用」
クリエイティブアイランド中之島/大阪中之島美術館×アートエリアB1国際ミーティング「都市のアーカイブ ― その実践と創造的活用」
9月 30 全日
クリエイティブアイランド中之島/大阪中之島美術館×アートエリアB1国際ミーティング「都市のアーカイブ ― その実践と創造的活用」
2022年2月に開館する大阪中之島美術館は、近年その重要性が語られている「アーカイブ」を、美術館の主要機能のひとつと位置づけ積極的に推進している。中核都市・大阪にある美術館にとって、アーカイブの活用を都市へと拡げていくこと、この場所における意義を形成していくことは、アーカイブの機能的な充実と並行して考えるべきことである。今回は水都大阪と同じ特性を持つ都市、シカゴとフランクフルトの実践を参照しつつ、国内外の専門家とともに議論を展開する。【プレゼンター】Nathaniel Parks(シカゴ美術館アーカイブ・ディレクター)、Katja Leiskau(ドイツ建築博物館アーカイブ部長)※いずれも収録映像での出演【ディスカッサント】五十嵐太郎(建築史・建築批評家・東北大学大学院教授)、渡部葉子(慶應義塾大学アート・センター教授)【モデレーター】植木啓子(大阪中之島美術館学芸課長)、木ノ下智恵子(大阪大学准教授・アートエリアB1運営委員) 期間: 2021/9/30(木)先着15名程度・申込不要・当日先着順 時間: 19:00~21:00 会場: アートエリアB1(大阪市北区中之島1-1-1京阪電車なにわ橋駅地下1階)当館ウェブサイトおよびFacebookライブにてオンライン配信あり(申込不要) 料金: 無料 問 : 06-6226-4006(アートエリアB1/12:00〜19:00開館・月曜休館) URL: http://artarea-b1.jp/archive/2021/09301722.php

関連記事

PR

   

今月のマルシェ

イベントカレンダー

相互リンク

ページ上部へ戻る