12/4(金)・5(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映終了日は劇場によって異なりますので、公式サイトまたは劇場HPにてご確認ください。

12/4(金)

魔女がいっぱい

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者、ロアルド・ダールのもうひとつの人気作「魔女がいっぱい」を、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキス監督が実写映画化。おしゃれで上品な美女の中身は誰より危ない凶悪な魔女だった!魔女の秘密の企みを知ってしまいネズミにされた少年の運命は―――?主演にアン・ハサウェイ。
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ
©2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

12/4(金)

燃ゆる女の肖像

18世紀のフランス、ブルターニュの孤島を舞台に望まぬ結婚を控える貴族の娘と、彼女の肖像を描く女性画家の鮮烈な恋を辿る追憶のラブストーリー。本国フランスでは早くから才能を評価され、本作が長編4作目となるセリーヌ・シアマ。主人公の2人をアデル・エネルとノエミ・メルランが演じる。第72回カンヌ国際映画祭で脚本賞とクィア・パルム賞を受賞。
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば
© Lilies Films.

12/4(金)

ミセス・ノイズィ

ささいなすれ違いから生まれた隣人同士の対立が、マスコミやネット社会を巻き込んで、やがて2つの家族の運命を狂わせてしまう様子を描いたサスペンスドラマ。天野千尋監督によるオリジナル脚本。出演は篠原ゆき子、大高洋子、宮崎太一、長尾卓磨、米本来輝、和田雅成、田中要次、洞口依子、風祭ゆきほか、人気ユニット「Foorin」のメンバー“ちせ”こと、新津ちせが主人公の娘役で出演。
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば
© 「ミセス・ノイズィ」製作委員会

12/4(金)

サイレント・トーキョー

名曲「Happy X-mas(War Is Over)」にインスパイアされた「アンフェア」シリーズの秦建日子による小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を映画化。聖夜の東京を突如襲った爆破テロに翻弄される国家と人々の姿を克明に紡いだクライムサスペンス。監督は「SP」シリーズの波多野貴文。事件の行方を握る登場人物たちに、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼。
上映館: OSCシネマ / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ
©2020 Silent Tokyo Film Partners

12/4(金)

ノッティングヒルの洋菓子店

ロンドン、ノッティングヒルに洋菓子店をオープンした3人の女性と男性シェフの奮闘を描いた人間ドラマ。ロンドンの大人気デリ「オットレンギ」が全面協力。洋菓子を通じたロンドンの今を見せる。出演はセリア・イムリー、シャノン・ターベット、シェリー・コン、ルパート・ペンリー=ジョーンズ。監督:エリザ・シュローダー
上映館: なんばパークスシネマ / テアトル梅田
© FEMME FILMS 2019

12/4(金)

ヒトラーに盗られたうさぎ

ドイツの絵本作家ジュディス・カーが、自身の少女時代の体験をもとにした自伝的小説「ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ」を、『名もなきアフリカの地で』のカロリーヌ・リンク監督が映画化。ヒトラーの恐怖政治から逃れるために、スイス・フランス・イギリスへ過酷な亡命生活を強いられる9歳の少女アンナの生き方を通して家族の絆を描く。
上映館: シネ・リーブル梅田
© 2019, Sommerhaus Filmproduktion GmbH, La Siala Entertainment GmbH, NextFilm Filmproduktion GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

12/4(金)

滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie

2006年春に「滝沢演舞城」としてスタートし、2018年6月まで通算公演705回上演された滝沢秀明主演の舞台「滝沢歌舞伎」。2019年には滝沢が演出を手掛け「滝沢歌舞伎ZERO」として新たに生まれ変わった舞台の新撮映像に加え、映画ならではの映像をも組み込みスクリーン上映。主演はジャニーズ若手グループ、Snow Man。監督:滝沢秀明
上映館: OSCシネマ / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ

12/4(金)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

1995年からテレビで放映されたSFアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。12年を経て、新たなファンのために作られた劇場版全4部作、2007年公開の第1部を4Dで上映。前半では過去の作品をベースに大胆なCG映像を加えてリビルド。クライマックスとなる「ヤシマ作戦」では過去と根底から異なる新作映像となる。原作・脚本・総監督:庵野秀明/監督:摩砂雪、鶴巻和哉
上映館: 梅田ブルク7 /TOHOなんば / あべのアポロシネマ

12/4(金)

AKIRA(DolbyCinema)【PG12】

1982年「ヤングマガジン」で連載が開始されたコミックを、原作者・大友克洋自らが監督を務め、1988年にアニメーション映画化。最高機密「アキラ」を中心に、暴走族の少年たちや軍隊がネオ東京で繰り広げる戦いを描き、当時では考えられない期間と労力、最高の技法を費やした伝説的作品をドルビーシネマで上映。
上映館: 梅田ブルク7

12/4(金)

バック・トゥ・ザ・フューチャー【PG12】

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮のもと、ロバート・ゼメキス監督によるSFアドベンチャーの大ヒット作で絶大な人気を誇る『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。公開35周年を記念して、マーティ=三ツ矢雄二、ドク=穂積隆信のTV放送版日本語吹替を4Kニューマスターで上映。高校生のマーティが30年前の過去にタイム・スリップ!両親の運命を修正し、元の時間に戻れるのか!?
上映館: なんばパークスシネマ

12/4(金)

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2【PG12】

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、ロバート・ゼメキス監督によるSFアドベンチャー『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。公開35周年を記念して、マーティ=三ツ矢雄二、ドク=穂積隆信のTV放送版日本語吹替を4Kニューマスターで上映。シリーズ全3部作の第2部で前作からの続編となる。将来に生じる危機を回避するためマーティは2015年の未来にタイムスリップ。未来世界での事件を解決するが…。
上映館: なんばパークスシネマ

12/4(金)

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、ロバート・ゼメキス監督によるSFアドベンチャー『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。公開35周年を記念して、マーティ=三ツ矢雄二、ドク=穂積隆信のTV放送版日本語吹替を4Kニューマスターで上映。前作から続くシリーズ全3部作の完結編。1885年にタイムスリップし、ドクを死の危機から救ったマーティだがデロリアンは故障。デロリアンを走らせるため、蒸気機関車を利用する手を思いつくが…。
上映館: なんばパークスシネマ

12/4(金)

100日間のシンプルライフ【PG12】

フィンランドのドキュメンタリー映画『365日のシンプルライフ』をベースに、価値観の異なる男2人の財産を賭けた勝負へと大胆に脚色。全ての家財道具を倉庫に預け、1日1つずつ必要なモノを取り戻し100日間生活するという前代未聞の勝負の行方をコミカルに描いたドイツ映画。主人公を監督・脚本も手掛けたフロリアン・ダーヴィト・フィッツが演じ、パートナー役にマティアス・シュヴァイクホファー。
上映館: シネ・リーブル梅田 / シネマート心斎橋

12/4(金)

完全なる飼育 étude【R15+】

監督・和田勉×脚本・新藤兼人による1999年の第1作以来、松田美智子の小説『女子高校生誘拐飼育事件』を原作に、孤独な少女と中年男の歪んだ純愛を描いた劇映画『完全なる飼育』シリーズの第9作。女性が青年を飼育するというこれまでのシリーズとは真逆の構図となり、全編台湾での撮影による極彩色で彩る新たな世界観で描かれている。
上映館: シネ・リーブル梅田

12/4(金)

ザ・プロム

メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、ケリー・ワシントンら豪華俳優陣に加え、注目の新人ジョー・エレン・ペルマンとアリアナ・デボースが出演、大ヒットミュージカルドラマ「glee/グリー」を手がけたライアン・マーフィー監督によるNetflixオリジナルのミュージカル映画。インディアナ州の田舎町を舞台に、同性の恋人とプロムに行きたい女子高生を応援するために、落ち目のブロードウェイスターたちが町に乗り込んできて…。
上映館: シネマート心斎橋

12/4(金)

ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者【R15+】

クリスマスに留守番を任された12歳の少年と彼のベビーシッターを任された年上のお姉さんの2人が過ごす家に起こる戦慄の異変、石が投げ込まれ、不審者があらわれ…。不審者の正体とは?ホラー版“ホーム・アローン”?!監督:クリス・ペッコーバー
上映館: シネマート心斎橋

12/5(土)

劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram

スマートフォン向け人気RPG「Fate/Grand Order」の全体構成を担当する奈須きのこが自らシナリオを手がけ、プレイユーザーに人気のエピソード・第六特異点を劇場アニメーション化した前編。物語の核心に迫るエピソードを、美しく、悲壮に描く。監督:末澤慧
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば / 梅田ブルク7 / あべのアポロシネマ

12/5(土)

あざみさんのこと 誰でもない恋人たちの風景 vol.2

孤独を埋め合わせるため性に奔放となる少女の姿を通して、ひとりの人間の心の移ろいを描く人間ドラマ。監督は『海辺の生と死』やシリーズ前作『誰でもない恋人たちの風景vol.1 愛の小さな歴史』などで男と女の揺れ動く情愛を描き続けてきた越川道夫。
上映館: 第七藝術劇場

12/5(土)

ある精肉店のはなし

大阪貝塚市で7代続く、牛の飼育から屠畜解体、販売をする精肉店を営む一家に密着。7代目の兄弟が父が受けてきた差別と向き合うなかで変化した意識や地域・家族のこと、102年の歴史に幕を下ろした屠畜場のこと、牛のいのちと全身全霊で向き合い「生」の本質を見続けてきた家族の一年を追ったドキュメンタリー。監督:纐纈あや
上映館: 第七藝術劇場

12/5(土)

淀川アジール さどヤンの生活と意見

20年前から大阪・淀川河川敷の掘っ立て小屋に暮らし、様々な人やモノや動物までもが集まってくる“さどヤン”のミニマム・シンプルライフを漫画を交えてユーモラスに描いたドキュメンタリー。さどヤンの生き方は、優しくて難しい。簡単で複雑、厄介で面倒だ。そのことに気づいた時、さどヤンの生き方は一つの示唆・啓示となる。監督:田中幸夫
上映館: シアターセブン

12/5(土)

トム・オブ・フィンランド【R18+】

「多様性」をテーマにした「よどがわダイバーシティ映画祭2020」上映作品。ゲイアートの先駆者として知られ、没後に評価されたフィンランドの国民的芸術家「トム・オブ・フィンランド」こと、トウコ・ラークソネンの数奇な半生を描いた伝記ドラマ。フィンランドで今最も注目を集めるドメ・カルコスキが監督を務めた。
上映館: シアターセブン

12/5(土)

田中徳三監督特集

プログラム・ピクチャーの黄金期を駆け抜けた映画監督、田中徳三の生誕100年を記念した特集上映。上映作品:『ドドンパ酔虎伝』『悪名』『続・悪名』『裁かれる越前守』『鯨神』「座頭市兇状旅』『悪名一番』『宿なし犬』『駿河遊侠伝・破れ鉄火』『悪名無敵』『新・兵隊やくざ』『脂のしたたり』『兵隊やくざ・俺にまかせろ』『ひき裂かれた盛装』『怪談雪女郎』「兵隊やくざ・強奪』『笹笛お紋』「秘録 怪猫伝』
上映館: シネ・ヌーヴォ

12/5(土)

種をまく人

オランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホの苦難に満ちた人生と、被災地に咲いていた一輪のひまわりから着想を得た、竹内洋介監督初長編作品。障がい者を抱える家族の苦悩と葛藤、そして10歳の少女が犯した罪とそれを取り巻く大人たちの姿を通し、人間の心の闇を残酷なまでに炙り出した人間ドラマ。
上映館: シネ・ヌーヴォ

12/5(土)

mama

伝説のゲイボーイとして知られる、名古屋在住の吉野ママこと吉野寿雄を描いたはるな愛の初監督作。撮影当時89歳の吉野ママが経営するゲイバーにトランスジェンダーのたけうち亜美とゆしん、俳優の田中俊介が訪れ、戦前・戦後を生き抜いた初めてのゲイであるママの生きざまを聞き出していく。
上映館: シネ・ヌーヴォ

12/5(土)

恋するけだもの

『ノロイ』『貞子vs伽椰子』の白石晃士監督による、2018年公開の自主製作短編『恋のクレイジーロード』を長編映画としてリブートした、西部劇タッチのバイオレンスアクション&青春群像ラブストーリー。ケダモノ青年とバケモノ女装男が出会い、血しぶき舞う恋がはじまる。主人公役に田中俊介、共演に宇野祥平。
上映館: シネ・ヌーヴォ

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

相互リンク

ページ上部へ戻る