10/2(金)・3(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映終了日は劇場によって異なりますので、公式サイトまたは劇場HPにてご確認ください。

10/2(金)

トロールズ ミュージック★パワー

『ボス・ベイビー』のドリームワークス・アニメーション最新作。トロール村の仲間たちが、歌って・踊って・ハグして幸せに暮らす、とびきりキラキラなミュージカル・アニメーションシリーズ第2弾。トロール王国を支配しようとするロック・トロールのバーブから世界中のハッピーを取り戻すため、ポップ村の女王ポピーと仲間たちの壮大な冒険がはじまる。監督は前作で共同監督を務めたウォルト・ドーン。
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ
A UNIVERSAL PICTURE©2020 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED

10/2(金)

浅田家!

様々なシチュエーションでコスプレして撮影、ユニークな《家族写真》を世に送り出した写真家・浅田政志の実話をもとに、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督がオリジナルストーリーで描く笑いと涙の人間ドラマ。東日本大震災を機に葛藤を抱えるも、写真が持つチカラを信じ家族を撮り続けた一人の写真家と、彼を支え続けた家族の絆。主演に二宮和也、共演に妻夫木聡、平田満、風吹ジュン、黒木華、菅田将暉。
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / あべのアポロシネマ
©2020「浅田家!」製作委員会

10/2(金)

フェアウェル

気鋭の映画製作スタジオA24最新作で、中国系アメリカ人のルル・ワン監督が自身の体験に基づき描いた人間ドラマ。余命わずかな祖母に会うため「嘘」の結婚式を口実にNYから中国に帰郷した家族が、時にぶつかり、励まし合いながら過ごす日々を描く。家族の在り方とそれぞれの生き方をリアルに細やかに映し出し、たった4館のスタートから全米TOP10入りの大ヒットを成し遂げた話題作。
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば
© 2019 BIG BEACH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

10/2(金)

ある画家の数奇な運命

長編映画監督デビュー作『善き人のためのソナタ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督が、現代美術界の巨匠、ゲルハルト・リヒターをモデルに苦悩と悲しみを希望と喜びに変えた半生を描いた人間ドラマ。美しい絵画とともに、ドイツの歴史の闇と芸術の光に迫る。
上映館: OSCシネマ
©2018 PERGAMON FILM GMBH & CO. KG / WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG

10/2(金)

BURN THE WITCH

「BLEACH」の久保帯人によるファンタジーアクション漫画「BURN THE WITCH」を劇場中編アニメーションとして映像化。ロンドンを舞台に、異形の存在であるドラゴンと相対する2人の魔女が縦横無尽に躍動。監督は『甲鉄城のカバネリ』などに参加した川野達朗。
上映館: OSCシネマ / なんばパークスシネマ
© 久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会

10/2(金)

劇場版BEM~BECOME HUMAN~【PG12】

2018年の「妖怪人間ベム」生誕50周年を記念し、2019年にリブート版として放送されたテレビアニメ「BEM」の劇場版。誰よりも人間らしく振舞い、誰よりも人間を助け、誰よりも人間になることを望んだベム、ベラ、ベロが辿り着いたものとは…。50年の時を経て、ついにその答えが明かされる。ゲスト声優として山寺宏一、水樹奈々、Kis-My-Ft2の宮田俊哉らが参加。監督:博史池畠
上映館: 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ
©ADK EM/BEM製作委員会

10/2(金)

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

敬意を込めて「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれた第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ。日本との知られざる関係を、日本人若手監督・田部井一真との不思議な交流を通じて描くドキュメンタリー。世界でいちばん心豊かな大統領が日本に贈ってくれた、あふれるほどの愛に満ちた感動のメッセージ。
上映館: 梅田ブルク7 / シネマート心斎橋
©2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

10/2(金)

ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン

ファッションの民主化や国籍を問わないモデル起用など、初めてずくめのモード界のパイオニアとして、激動の時代を駆け抜けた天才デザイナー、ピエール・カルダン。彼の波乱万丈な人生に初密着したドキュメンタリー。秘蔵映像や豪華ゲストによる証言を交え、98歳の今も現役で活躍するレジェンドのチャーミングな素顔と輝かしいレガシーに迫る。
上映館: なんばパークスシネマ / テアトル梅田
©House of Cardin – The Ebersole Hughes Company

10/2(金)

エマ、愛の罠【R15+】

『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』『ナチュラルウーマン』を手がけたチリのパブロ・ラライン監督が、ひとりの女性ダンサー・エマの奔放な愛の姿を大胆に描いたドラマ。3人の男女を手玉に取り、妖しい魅力で虜にしていくエマの真意は何なのか。不可解で奔放な行動の裏に隠された衝撃の真実とは。
上映館: シネ・リーブル梅田
© Fabula, Santiago de Chile, 2019

10/2(金)

ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)

世界一のサウンドが聴ける聖地として、マスターの菅原正二が生み出す“音”を求め、日本のみならず世界中から客が集う岩手県にあるジャズ喫茶「ベイシー」。菅原のインタビューを中心に、渡辺貞夫、坂田明ら世界的ミュージシャンによるベイシーでの生演奏や、阿部薫、エルヴィン・ジョーンズのライブ映像、さらに小澤征爾、鈴木京香ら各界著名人のインタビューを通して、ジャズ・オーディオの魅力に迫るドキュメンタリー。
上映館: シネ・リーブル梅田
©「ジャズ喫茶ベイシー」フィルムパートナーズ

10/2(金)

女王トミュリス 史上最強の戦士

紀元前550年頃に実在した中央アジアの遊牧民マッサゲタイ族の女王トミュリス。容姿端麗、頭脳明晰、カリスマ性を持ちあわせていたとされる彼女の激動の生涯と、地球上で初の規模となる異民族間の激しい戦いといわれたアケメネス朝ペルシアのキュロス大王を破った伝説の戦いを描く、カザフスタン製作の歴史アクションドラマ。WWC ホワット・ア・ワンダフル・シネマ2020 作品。
上映館: シネ・リーブル梅田
© 2019 SataiFilm, LLP

10/3(土)

おかえり ただいま

『ヤクザと憲法』『人生フルーツ』など傑作ドキュメンタリーを世に送り出してきた東海テレビドキュメンタリー劇場第13弾。帰宅途中の女性が拉致、殺害、遺棄された名古屋闇サイト殺人事件の深層に迫るドキュメンタリードラマ。事件発生直後からの取材によるドキュメンタリーと、事件前の母と娘の日々を斉藤由貴、佐津川愛美らによるドラマで構成。監督:齊藤潤一
上映館: 第七藝術劇場
©東海テレビ

10/3(土)

ぶあいそうな手紙

舞台はブラジル南部、ポルトアレグレの街。頑固で融通がきかず、視力を失いつつある78歳の独居老人が、偶然の出会いから手紙の読み書きを依頼した23歳の女性と交流深めていく様子を、可笑しくも温かく描いたハートウォーミングストーリー。主人公の老人を舞台の名優ホルヘ・ボラーニが演じる。ブラジル音楽のレジェンド、カエターノ・ヴェローゾの名曲「ドレス一枚と愛ひとつ」の使い方にも注目。
上映館: シネ・ヌーヴォ
© CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019

10/2(金)

小説の神様 君としか描けない物語

2020年版「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「2019ベストブック」の3冠を受賞し、本屋大賞にノミネートされた気鋭作家・相沢沙呼の小説「小説の神様」を、『HiGH&LOW』シリーズの久保茂昭監督が映画化。繊細で売れない小説家と、ドSな人気小説家の真逆な高校生ふたりが共作でベストセラーを目指すことに…。佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈がダブル主演。
上映館: 梅田ブルク7

10/2(金)

WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~ 第一章

MAGES.原作、サーフィンにすべてを賭ける若者たちの青春を描く、メディアミックスプロジェクト「WAVE!!」の劇場アニメ3部作第1弾。茨城県の大洗海岸で生まれ育った主人公が、転校生との出会いによってサーフィンを知る。それは、波乗りの魅力に憑りつかれた少年たちの、終わらない物語の始まりだった。監督:尾崎隆晴
上映館: 梅田ブルク7

10/2(金)

小さなバイキング ビッケ

スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンによる名作児童文学「小さなバイキング」シリーズをもとに、『SING/シング』『怪盗グルーのミニオン大脱走』のスタッフがオリジナルストーリーで描く冒険ファンタジーアニメーション。海賊の息子だが暴力嫌いで小さくて力の弱い少年ビッケが、母を救うために海賊長の父ハルバルたちと大海原へ―――。“夢を信じる勇気”と“家族の絆”をドラマチックに描く。監督:エリック・カズ
上映館: なんばパークスシネマ

10/2(金)

ドロステのはてで僕ら

人気劇団「ヨーロッパ企画」の劇団初となるオリジナル長編映画。彼らの短編映画「ハウリング」をリブート、合成を一切使わず全編長回し撮影でタイムトリップを映像化。劇団が得意としてきたまさに“時間SF映画”の決定版。原案・脚本は劇団代表の上田誠、監督は劇団の映像ディレクターである山口淳太が務める。
上映館: あべのアポロシネマ

10/2(金)

『男はつらいよ』シリーズ全50作品一挙上映

映像・音ともに劇場公開当時のオリジナルの状態を再現した『男はつらいよ 4Kデジタル修復版』。6/5(金)より全50作品を順次上映中。
10/2(金)~15(木)
第35作『男はつらいよ 寅次郎恋愛塾』(1985)マドンナ:樋口可南子
第36作『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』(1985)マドンナ:栗原小巻
10/9(金)~22(木)
第37作『男はつらいよ 幸福の青い鳥』(1986)マドンナ:志穂美悦子
第38作『男はつらいよ 知床慕情』(1987)マドンナ:竹下景子
10/16(金)~29(木)
第39作『男はつらいよ 寅次郎物語』(1987)マドンナ:秋吉久美子
第40作『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』(1988)マドンナ:三田佳子
10/23(金)~11/5(木)
第41作『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(1989)マドンナ:竹下景子
第42作『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(1989)マドンナ:後藤久美子
10/30(金)~11/12(木)
第43作『男はつらいよ 寅次郎の休日』(1990)マドンナ:後藤久美子、夏木マリ
第44作『男はつらいよ 寅次郎の告白』(1991)マドンナ:後藤久美子、吉田日出子
※10/30(金)以降も順次上映
上映館: OSCシネマ

10/2(金)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラ監督、Apple Original FilmsとA24が製作を手がけ、ラシダ・ジョーンズとビル・マーレイが父娘役を演じるコメディ。ニューヨークを舞台に、夫婦生活に疑いを抱いた娘が父とともに夫を尾行するうち、自分たち父娘の関係についてある発見をする。
上映館: シネ・リーブル梅田

10/2(金)

君の視線が止まる先に

2020年5月から6月にかけて、楽天TVで配信された韓国のBLドラマのディレクターズカット版を劇場公開。10代の青少年たちの爽やかで切ない青春を繊細に描いた純愛ラブストーリー。監督:ファン・ダスル/出演:ハン・ギチャン、チャン・ウィス、チェ・ヨンチョン、チョン・ジェヨン
上映館: シネマート心斎橋

10/2(金)

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話

2018年に中国で起きた飛行機事故を映画化。高度1万メートルを飛行中に操縦室のフロントガラスが破損し墜落の危機に陥る極限状態の中、乗客を守り抜いた機長やクルーたちの活躍を描く、中国版「ハドソン川の奇跡」と称された奇跡の物語。国民的英雄のリュー機長を演じるのは『マンハント』のチャン・ハンユー。監督は『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ。
上映館: シネマート心斎橋

10/3(土)

血筋

韓国・北朝鮮の他に、もう一つ存在する「中国朝鮮民族」。彼らの多くが韓国へ憧れ、韓国へ出稼ぎに行く。今まで注目されて来なかった中国朝鮮族を、「父と子」という個人的な物語で取り上げたドキュメンタリー。監督は本作でカナザワ映画祭2019新人監督グランプリを受賞した角田龍一。
上映館: 第七藝術劇場

10/3(土)

ふたつのシルエット

多くのアーティストから熱烈な支持を受けるjan and naomiの楽曲「dab♭」にインスピレーションを得て、竹馬監督が脚本を書き上げた恋愛ファンタジー。かつて恋人同士であった男女が思わぬ再会により懐かしむも、やがて時を超えて今の自分から、過去の相手とも会話を始め、そしてある「選択」を迫られるのであった・・・。主演に佐藤蛍と足立智充。
上映館: シアターセブン

10/3(土)

恋の墓

現代社会の恋愛模様をロマンス、ホラー、コメディなどジャンルの垣根を越えて浮き彫りにした、大恋愛ノスタルジックファンタジー。監督は『温泉しかばね芸者』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018の審査員特別賞を受賞するなど注目を集めた鳴瀬聖人。出演:小倉由菜、アベラヒデノブ、架乃ゆら
上映館: シアターセブン

10/3(土)

セルゲイ・ボンダルチュク 生誕100周年記念特集

世界映画史に燦然と輝くアカデミー賞受賞作『戦争と平和』で知られるソ連の映画監督、セル、ゲイ・ボンダルチュクの生誕100周年を記念。上映作品:『セルギーの神父』『祖国のために』『人間の運命』『ワーテルロー』『戦争と平和』第一部アンドレイ、第二部ナターシャ、第三部1812年、第四部ピエール
上映館: シネ・ヌーヴォ

10/3(土)

13月の女の子

2017年初演の同名舞台を改稿、『名前』の戸田彬弘監督により映画化。亡くなった友達を求めて世界線を超える、女の子達の純粋な友情を描いたSFファンタジー。出演は小宮有紗、TEAM SHACHIの秋本帆華、萩原みのりほか、茜屋日海夏、田野優花、北村優衣、酒井萌衣、石川瑠華、磯原杏華、大森莉緒、長谷川かすみ、愛菜、杉本愛莉鈴ら若手女優が共演。
上映館: シネ・ヌーヴォ

10/3(土)

どこへ出しても恥かしい人

ちあきなおみ、大島渚、中上健次らを魅了し、いまもなお歌手、画家、詩人としてカルト的人気を誇るアーティスト、友川カズキ。2010年夏に密着し、競輪に狂う日々と表現活動を記録したドキュメンタリー。監督:佐々木育野
上映館: シネ・ヌーヴォ

10/3(土)

8日で死んだ怪獣の12日の物語・劇場版

SNSにて樋口真嗣監督ら5人の監督が発動した、「怪獣の人形に願いを込めてコロナウイルスを倒そう」という趣旨のもと、リレー形式で動画をつなげていく「カプセル怪獣計画」。その番外編で、監督・岩井俊二、主演・斎藤工により全編ほぼリモートで撮影された配信動画の劇場版。出演は、のん、武井壮、穂志もえかに加え原案の樋口真嗣も登場。
上映館: シネ・ヌーヴォ

10/3(土)

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち

インディアンをルーツに持つミュージシャンたちが、いかにアメリカのあらゆるポピュラー音楽に影響を与えてきたか、そしてなぜ彼らの“音楽”は抹殺されたのか、真実を明かす音楽ドキュメンタリー。自らも先住民の血を引く元ザ・バンドのロビー・ロバートソンやブラック・アイド・ピーズのタブー、クインシー・ジョーンズ、マーティン・スコセッシ監督らの証言と貴重な映像で、インディアンたちの“失われた歴史”を綴る。監督:キャサリン・ベインブリッジ
上映館: シネ・ヌーヴォ

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. 登録されている記事はございません。

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る