7/17(金)・18(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映終了日は劇場によって異なりますので、公式サイトまたは劇場HPにてご確認ください。

7/17(金)

今日から俺は!!劇場版

金髪とトンガリ頭のツッパリコンビが巻き起こす騒動を描いた西森博之の人気漫画を福田雄一監督が実写化し、2018年に放映されたテレビドラマの劇場版。賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈らドラマ版キャストに加え、柳楽優弥、山本舞香、泉澤祐希、栄信が加わり、原作でも人気の高い「VS北根壊高校編」が描かれる。監督:福田雄一
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / あべのアポロシネマ
©森博之/小学館 ©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会

7/17(金)

ブリット=マリーの幸せなひとりだち

『幸せなひとりぼっち』の原作者フレドリック・バックマンによる小説「ブリット=マリーはここにいた」を映画化した、スウェーデン発の人間ドラマ。笑顔を忘れた主婦業一筋の主人公が、新天地で周囲の助けを得ながら人生に大切なことを見出していく姿を描く。北欧らしい街並みやインテリアなども見どころ。監督:ツバ・ノボトニー
上映館: OSCシネマ / なんばパークスシネマ
©AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

7/17(金)

悪人伝

近年の韓国映画界にあって異例の大ヒットを記録、『新感染 ファイナル・エクスプレス』のマ・ドンソク主演で描くヴァイオレンス・アクション。命を狙われるも一命をとりとめた凶悪なヤクザの組長と暴⼒的な問題刑事が共闘し、凶悪殺⼈犯を追い詰める!監督:イ・ウォンテ
上映館: 梅田ブルク7 / シネマート心斎橋
© 2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.

7/17(金)

グレース・オブ・ゴッド 告発の時

フランスを震撼させた神父による児童への性的虐待事件。80人以上もの被害者を出し、現在も係争中の一大事件の真相に迫るヒューマンドラマ。深いトラウマを抱え生きてきた男たちの告発のゆくえは──?鬼才フランソワ・オゾンが挑む、衝撃の実話。第69回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)受賞。出演:メルヴィル・プポー、スワン・アルロー、ドゥニ・メノーシェ
上映館: テアトル梅田
©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE

7/17(金)

パブリック 図書館の奇跡

ある公共図書館の元副理事がロサンゼルス・タイムズに寄稿したエッセイに着想を得て、名優エミリオ・エステベスが製作、監督、脚本、主演を務めたヒューマンドラマ。突然“命の避難所”となった公共図書館を舞台に、サプライズ満載の人間模様と奇跡の瞬間を描き、予測不可能なサプライズも盛り込んだ感動作。
上映館: なんばパークスシネマ / シネ・リーブル梅田
© EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

7/17(金)

リトル・ジョー

人を幸福にする特別な花として開発された、新種の植物“リトル・ジョー”がもたらす人々の変化と心の不安を描いた心理スリラー。主演のエミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞。日本人作曲家、故・伊藤貞司が手がけ、和太鼓や琴などの和楽器を使った雅楽と西洋のクラシックを融合し、怪しい世界へと誘う音楽にも注目。監督:ジェシカ・ハウスナー
上映館: シネ・リーブル梅田
© COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019

7/17(金)

WAR ウォー!!

インドで大ヒットを記録したスパイアクション。敏腕諜報部員の活躍を描き、アクション映画の限界に挑む。『ミッション:インポッシブル』『フェイス/オフ』など数多くのアクション映画のオマージュも満載で、主演はインドの次世代を担う2大スター、リティク・ローシャンとタイガー・シュロフ。
上映館: シネ・リーブル梅田
©Yash Raj Films Pvt. Ltd.

7/18(土)

あなたの顔

前作『郊遊 ピクニック』で商業映画からの引退を表明していたツァイ・ミンリャン監督によるドキュメンタリー。台北の街なかで見つけた一般の人々とリー・カンションが出演。若くはない13人の顔を極端なクローズアップで映し出し、顔が発する人びとの生きていく哀しみと歓びを見つめていく。音楽を手がけるのは坂本龍一。
上映館: 第七藝術劇場
© 2018 HOMEGREEN FILMS TAIWAN PUBLIC TELEVISION SERVICE FOUNDATION ALL RIGHTS RESERVED

7/17(金)

ライド・ライク・ア・ガール

オーストラリア競馬最高の栄誉・メルボルンカップ。強豪が集う3200メートルの難関に挑むのは女性騎手ミシェル・ペイン。前人未到の栄冠を手にしたミシェル・ペインの努力と挫折を重ねた半生を描く。ミシェル役には『ハクソー・リッジ』のテリーサ・パーマー、ミシェルの父役にはサム・ニール、女優としても活躍するレイチェル・グリフィスが長編映画初監督を務める。
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば

7/17(金)

J・エドガー

FBIの初代長官を務めたジョン・エドガー・フーバーの半生を、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演で描く伝記ドラマ。共演にジュディ・デンチ、ナオミ・ワッツ。英雄にしてスキャンダラスな噂がつきまとい、国を守るという大義名分のもと、大統領をはじめとする要人たちに関する極秘ファイルをもとに、彼が行なった“正義”とは何だったのか?
上映館: OSCシネマ

7/17(金)

「進撃の巨人」~クロニクル~

諫山創の大人気漫画作品「進撃の巨人」のテレビアニメシリーズのSeason1~3全59話を1本の映画にした再編集版。巨人の侵攻によって人類を守る壁が壊された日から、すべての巨人を駆逐すると誓った少年エレン・イェーガーの戦いと成長の軌跡を追う、入門編ともいうべき作品。
上映館: TOHOなんば / 梅田ブルク7

7/17(金)

八王子ゾンビーズ

2018年に上演された同名舞台作品を、脚本・演出を手がけた鈴木おさむが映画化。イケメンゾンビたちがボケて、笑って、ケンカして、何でもアリの大騒ぎ!夢に破れたダンサーとゾンビたちの“成仏”をかけた戦いがはじまる。出演は、舞台版に続き三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎ほか、松岡充、久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、小澤雄太。
上映館: 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ

7/17(金)

地獄の黙示録 ファイナル・カット

フランシス・フォード・コッポラ監督が、ベトナム戦争の闇を壮大なスケールで描いた戦争大作『地獄の黙示録』。製作40周年を記念して、コッポラ監督自身が望むかたちに再編集した最終版。新たにデジタル修復も施され最終版が本邦初公開!CGなしの衝撃を体感せよ!
上映館: 梅田ブルク7

7/18(土)

HYDRA

世界的に活躍するアクション監督、園村健介渾身の初監督作品。日本アクション界の実力派、三元雅芸を主演に迎え、監督が信頼する一流スタントマンたちを招聘した本格アクション。若い女性バーテンダーが切り盛りする中目黒のBar「HYDRA」に集う人々が、ある事件をきっかけに思いもよらぬ展開に巻き込まれていく。
上映館: シアターセブン

7/18(土)

どこへ出しても恥かしい人

ちあきなおみ、大島渚、中上健次らを魅了し、いまもなお歌手、画家、詩人としてカルト的人気を誇るアーティスト、友川カズキ。2010年夏に密着し、競輪に狂う日々と表現活動を記録したドキュメンタリー。監督:佐々木育野
上映館: シネ・ヌーヴォ

7/18(土)

うたのはじまり

窪田正孝の写真集やMr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を手がけてきた、ろうの写真家・齋藤陽道。ある日、息子への子守歌が生まれたことをきっかけに、嫌いだった「うた」と出会うまでを描いたドキュメンタリー。監督:河合宏樹
上映館: シネ・ヌーヴォ

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. 登録されている記事はございません。

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る