12/6(金)・7(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映終了日は劇場によって異なりますので、公式サイトまたは劇場HPにてご確認ください。

12/6(金)

ラスト・クリスマス

クリスマスの定番ソング、ワム!の「ラスト・クリスマス」に乗せて贈るとびきりロマンティックで切ないクリスマス・ストーリー。クリスマスショップで働くケイト(エミリア・クラーク)の前に突然現れた青年トム(ヘンリー・ゴールディング)。次第にケイトは彼に惹かれるが、ふたりの距離が近づけば近づくほど、なぜか手が届かない。実は、トムには驚くべき秘密があった……。監督:ポール・フェイグ、原案・脚本:エマ・トンプソン
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば
© 2019 UNIVERSAL STUDIOS

12/6(金)

午前0時、キスしに来てよ

「別冊フレンド」にて連載中の、みきもと凜の大人気コミック原作、国民的スーパースターと一般JKの“格差恋”をテーマにした青春ラブロマンス。スターを演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル、片寄涼太、女子高生役に橋本環奈。
上映館: OSCシネマ / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ
© 2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

12/6(金)

ルパン三世 THE FIRST

モンキー・パンチ原作「ルパン三世」を、日本のVFXの第一人者である山崎貴(『STAND BY ME ドラえもん』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』)が初の3DCGで描く劇場版新作アニメ。秘宝ブレッソン・ダイアリーをめぐり、パリ、メキシコ、ブラジル―かつてないスケールのお宝争奪戦が幕を開ける!
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / あべのアポロシネマ
© モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会

12/6(金)

ゴーストマスター【R15+】

三浦貴大×成海璃子主演。ホラー界伝説の鬼才トビー・フーパーをはじめ、数々のホラー映画、ジャンル映画への愛とオマージュが詰まった、青春、恋愛、スプラッター、サイバーパンク、アクション、SFとあらゆるジャンルを凝縮させた怪作。監督は本作の企画で第2回TSUTAYA CREATORS‘ PROGRAM 準グランプリを受賞し、長編デビューを果たした新星・ヤング ポール。
上映館: なんばパークスシネマ/ 第七藝術劇場(12/7~)
© 2019「ゴーストマスター」製作委員会

12/6(金)

人生、ただいま修行中

フランスで異例の200万人動員を記録、日本でも大ヒットし世界を涙と感動で包んだ『ぼくの好きな先生』のニコラ・フィリベール監督最新作。フランス、パリ郊外。“誰かのために働くこと”を選んだ看護師の卵たち。40人150日間の成長を見つめた感動奮闘ドキュメンタリー。
上映館: テアトル梅田
© Archipel 35, France 3 Cinéma, Longride -2018

12/7(土)~20(金)

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

世界で最も有名な図書館のひとつ、世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館の裏舞台に迫るドキュメンタリー。監督は2016年にアカデミー名誉賞を受賞した巨匠フレデリック・ワイズマン。第74回ベネチア国際映画祭 国際批評家連盟賞 受賞作品。
上映館: シネ・ヌーヴォ
© 2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved

12/7(土)~1/24(金)

生誕101年 川島雄三 乱調の美学

45年の生涯に51作品を残して早逝した鬼才の不敵な映画世界。「日本軽佻派」を自称し、“重喜劇”、スラップスティック、そしてウルトラモダンな文芸作の数々を濫作した、乱調の人・川島のレトロスペクティブ全29本一挙上映!
上映館: シネ・ヌーヴォ

12/7(土)~20(金)

凪待ち【PG12】

『孤狼の血』の白石和彌監督と香取慎吾が挑む、ギャンブル依存症の男の<暴力と狂気>を描く衝撃作。恋人を殺され、どん底で生きる男に、容赦ない絶望が襲い掛かる。共演に恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー。脚本:加藤正人
上映館: シネ・ヌーヴォ
© 2018「凪待ち」FILM PARTNERS

12/7(土)~20(金)

半世界

稲垣吾郎主演×長谷川博己×阪本順治監督最新作。40歳手前の男たちの友情や家族愛を描く、愛と驚きとユーモアが詰まった物語。
上映館: シネ・ヌーヴォ

12/6(金)

魔法少年☆ワイルドバージン

「30歳を超えた童貞が魔法使いになる」、そんな都市伝説が本当だったら…。全宇宙を巻き込んだ童貞ヒーロー達が大暴れするラブコメファンタジー。万年成績最下位の童貞保険営業マン、主人公の星村幹 夫役に前野朋哉。ヒロイン役に佐野ひなこ、ほか芹澤興人、「カメ止め」濱津隆之、斎藤工が出演。企画・脚本・監督は宇賀那 健一。
上映館: 梅田ブルク7

12/6(金)

“隠れビッチ”やってました。

3年間で振った男の数600人!男性のタイプに合わせたモテテクを駆使し、男性たちを次々と落としていく“隠れビッチ”のひろみ役に、映画初主演となる新人女優の佐久間由衣。恋人役に森山未來、友人でバイセクシャルのコジ役に村上虹郎など、個性派俳優らが集結。自信がない、素直になれない。だから、とことんチヤホヤされたい―リアルな本音におもわず共感!監督:三木康一郎、原作:あらいぴろよ
上映館: 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ

12/6(金)

夕陽のあと

母親であることを手放した女と、母親になると決心した女ー。家族のあり方が多様化する時代に、改めて親子の絆を問いかける骨太なヒューマンドラマ。出演:貫地谷しほり、山田真歩、永井大、川口覚、松原豊和、木内みどり、監督:越川道夫
上映館: シネ・リーブル梅田

12/6(金)

読まれなかった小説

作家志望の息子シナンと、賭け事が好きな教師の父。分かりあえないと思っていたふたりを繋いだのはシナンの書いた小説だった…。チェーホフ、ニーチェ、ドストエフスキーに捧げる、膨大な台詞と豊かな映像が描き出す“父と息子の軋轢と邂逅”。監督は『雪の轍』で第67回カンヌ国際映画祭パルムドール大賞を獲得、カンヌ8賞の他、世界中で93の賞に輝く世界的巨匠監督ヌリ・ビルゲ・ジェイラン。
上映館: シネ・リーブル梅田

12/6(金)

爆裂魔神少女 バーストマシンガール【R15+】

近未来、日本の何処かにある幻の街。臓器密売組織が支配し、異形の者たちが跋扈するスラム街を舞台に、片腕にマシンガン義手を装着した姉妹”マシンガール”の、血みどろの戦いが幕を開ける! 監督:小林勇貴
上映館: シネ・リーブル梅田 / シネマート心斎橋

12/6(金)

私のちいさなお葬式

ロシアの小さな村で気心の知れた友人と大好きな本に囲まれ充実した余生を送っていた73歳・元教師のエレーナ。突然の余命宣告を受け、自分で自分のお葬式計画に奮闘する姿を描く。本当に必要なのはお気に入りの料理と音楽、そして家族への愛。監督:ウラジーミル・コット
上映館: シネ・リーブル梅田

12/6(金)

M/村西とおる狂熱の日々【R15+】

「全裸監督」(主演:山田孝之)のモデルとなった「AV界の帝王」村西とおる。、バブル崩壊とともに転落し、借金苦に喘ぎながら再起を図っていた。本作は、逆境の中にも果てしなき挑戦に意欲を燃やす男の、1996年夏の北海道の撮影現場での悪戦苦闘の記録。
上映館: テアトル梅田

12/6(金)

一粒の麦 荻野吟子の生涯

日本で初めての女医、荻野吟子。医師だけでなく、社会活動家としても不屈の精神と大いなる愛に生きた波乱の生涯を待望の映画化。監督:山田火砂子、出演:若村麻由美、山本耕史、賀来千香子、佐野史郎
上映館: テアトル梅田

12/6(金)1週間限定公開

象は静かに座っている

29歳で命を絶った若き才能フー・ボー監督のデビュー作にして遺作。第68 回ベルリン国際映画祭 国際批評家連盟賞・最優秀新人監督賞スペシャルメンション、第55回金馬奨 作品賞&脚色賞&観客賞ほか多数受賞、世界を熱狂させた魂の234分。中国、炭鉱が廃れ世間に見放された小さな田舎町。年齢、性別も違う孤独な4人の男女の運命が交差するある1日の物語。
上映館: シネマート心斎橋

12/7(土)

台湾、街かどの人形劇

台湾の民間芸能のひとつ・布袋戯(ほていぎ)の人形遣いで人間国宝の陳錫煌(チェン・シーホァン)を追った10年の記録。 台湾布袋戯の伝統と継承、そして、逃れられない父と子の物語。監督は台湾ドキュメンタリー映画界の巨匠・楊力州(ヤン・リージョウ)。
上映館: 第七藝術劇場

12/7(土)

森達也監督 特集上映

最新作『i -新聞記者ドキュメント-』を手掛けた森達也監督、過去4作品を日替わり上映。上映作品:『A』(1998年/135分)、『A2 完全版』(2015年※原版2001年/131分)、『311』(2011年/92分)、『FAKE』(2016年/109分)
上映館: シアターセブン

12/7(土)

よどがわダイバーシティ映画祭2019

毎年12月、シアターセブンでは「多様性」をテーマに映画をセレクト上映。今年は全7作品を日替わり上映。上映作品:『トム・オブ・フィンランド』、『ナディアの誓い -On Her Shoulders』、『あなたの名前を呼べたなら』、『岬の兄妹』、『月はどっちに出ている』、『沈没家族 劇場版』、特別先行上映『ぼくと、彼と、』★12/13(金)・14(土)『沈没家族 劇場版』10:00の回上映後、加納土監督による舞台挨拶予定
上映館: シアターセブン

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. ①大阪オートメッセ2020【招待券 5組10名様】 会期:2020年2月14日(金)~16日(…
  2. 今夏大ヒットした、イルミネーション・エンターテインメントの最新作『ペット2』のBlu-ray…
  3. ① カラヴァッジョ展【招待券 5組10名様】 会期:2019年12月26日(木)~2020年2月1…

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る