6/21(金)・22(土)公開作品

 

6/21(金)・22(土)公開

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。その他の上映館は公式サイトでご確認ください。上映終了日は劇場によって異なりますので、公式または劇場サイトにてご確認ください。全国順次公開作品や過去作品等は、市内上映館での「上映初日」を「公開日」とします。

6/21(金)

パピヨン

『パシフィック・リム』チャーリー・ハナム×『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック競演。 作家アンリ・シャエールの脱獄映画の金字塔『パピヨン』を45年ぶりにリメイク。無実の罪を着せられた終身刑囚パピヨンの13年間に及ぶ命がけの脱獄劇!監督:マイケル・ノアー
上映館: OSCシネマ / TOHOなんば
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

6/21(金)

きみと、波にのれたら

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』の湯浅政明監督 最新作。海辺の街を舞台にした、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との、運命的な恋を描くラブストーリー。脚本に『若おかみは小学生!』の吉田玲子、声の出演:片寄涼太、川栄李奈
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

6/21(金)

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

世界で最も有名な図書館のひとつ、世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館の裏舞台に迫るドキュメンタリー。監督は2016年にアカデミー名誉賞を受賞した巨匠フレデリック・ワイズマン。第74回ベネチア国際映画祭 国際批評家連盟賞 受賞作品。
上映館:テアトル梅田
© 2017 EX LIBRIS Films LLC – All Rights Reserved

6/22(土)

マルリナの明日

インドネシアの荒野から放つ 超痛快”ナシゴレン・ウェスタン”!7人の強盗団から残酷に虐げられた美貌の未亡人マルリナが、自らの正義と明日をかけて復習の旅に出る―!「ロッテントマト」で驚異の98%を獲得し、国内外で数々の賞を受賞したインドネシア映画。
上映館: シネ・ヌーヴォ
CINESURYA – KANINGA PICTURES – SHASHA & CO PRODUCTION – ASTRO SHAW ©2017 ALL RIGHTS RESERVED

6/21(金)

ザ・ファブル

伝説の殺し屋“ファブル”ことアキラ(岡田准一)の、1年間の危険な休業生活を、世界基準のアクションと笑いで描いたエンターテインメントムービー。出演:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、原作漫画:南勝久、監督:江口カン
上映館: OSCシネマ / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ
©「ザ・ファブル」製作委員会

6/21(金)

X-MEN:ダーク・フェニックス

世界中でヒットを記録した『X-MEN』シリーズの第7弾となるアクション大作。
上映館: OSCシネマ / TOHO梅田 / TOHOなんば / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ

6/21(金)

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

ずっとすれ違ってきた父(吉田鋼太郎)と息子(坂口健太郎)がオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」を通して世界を共に旅をする—。ブログから広がった感動の実話、待望の映画化。
上映館: TOHO梅田 / TOHOなんば / あべのアポロシネマ

6/21(金)

パリの家族たち

カンヌ国際映画祭をはじめ世界各国で高く評価された『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』(14)のマリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督の最新作。パリで働く女性とその家族の“幸せ探し”と人生観を描く感動作。
上映館: シネ・リーブル梅田

6/21(金)

月極オトコトモダチ

アラサー女子編集者が、ひょんなことから出会ったレンタル”オトコトモダチ”を通じて、人類の永遠のテーマに挑む!悩める大人のための等身大ラブコメディ。出演:徳永えり、橋本淳、芦那すみれ、監督・脚本:穐山茉由
上映館: シネ・リーブル梅田

6/21(金)

明治東亰恋伽

明治時代にタイムスリップしてしまったヒロインが歴史上の偉人たちと出会い、恋に落ちる、タイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム“めいこい”待望の完全実写化。主演:伊原六花
上映館: シネマート心斎橋

6/22(土)

ある町の高い煙突

100年前の実話、日立鉱山の奇跡を描いた新田次郎の小説を映画化。命をかけて煙害と戦い、愛と誇りを守った若者達を描く。出演:井手麻渡、小島梨里杏、渡辺大、吉川晃司、仲代達矢
上映館: あべのアポロシネマ

6/22(土)

柄本家のゴドー

演劇ユニット“ET×2”を組む柄本 佑・時生兄弟。2014年、サミュエル・ベケットによる代表作『ゴドーを待ちながら』に挑んだ。2017年、父親であり名優・柄本明を演出に迎え、再びゴドーに挑戦する。その稽古場で山崎裕がカメラをまわしたドキュメンタリー。
上映館: 第七藝術劇場

6/22(土)

赤ちゃんの産声、オーケストラのチューニング音、国際基準周波数…世界に生きる人は、みんな「ラ」の音ではじまっているー。始まり、生まれ変わりをテーマに20代の揺れる心を描いた音楽青春映画。出演:桜田通、福田麻由子、笠松将、監督:高橋朋広
上映館: 第七藝術劇場

6/22(土)

青の帰り道

群⾺県前橋市と東京を舞台に、地元に残った者、夢を追って上京した者、それぞれの未来と過去を描く若者たちの青春群像劇。監督は『デイアンドナイト』の藤井道人。
上映館: 第七藝術劇場

6/22(土)

沈黙 立ち上がる慰安婦

「ぬちがふぅ(命果報)-玉砕場からの証言-」など朝鮮人犠牲者の声を記録してきた朴壽南(パク スナム)監督が、元・慰安婦の女性たちの闘いを撮ったドキュメンタリー。
上映館: シアターセブン

6/22(土)

HOMIE KEI チカーノになった日本人

アメリカ極悪刑務所を生き抜いた壮絶な人生を描くドキュメンタリー映画。7年に渡る取材を経て遂に完成!監督:サカマキマサ
上映館: シアターセブン

6/22(土)

かみさまとのやくそく~あなたは親を選んで生まれてきた~

シアターセブンのロングラン作品「かみさまとのやくそく」。胎内記憶をテーマにしたドキュメンタリー映画をアンコール上映。上映日程:6/23(日)~25(火)・7/28(日)~30(火) 11:00★6/25(火)・7/30(火) は、乳幼児・子ども連れ歓迎親子上映回
上映館: シアターセブン

6/22(土)

神楽鈴の鳴るとき

重要無形民俗文化財である「河口の稚児舞」をモチーフにした富士山河口湖映画祭準グランプリ脚本を映画化。原案・脚本は、スタジオジブリ出身の美術家として知られる増山修。稚児舞の少女を演じるのは、日本アカデミー賞新人俳優賞、濱田ここね。
上映館: シネ・ヌーヴォ

6/22(土)

芳華 Youth【PG12】

“中国のスピルバーグ”とも評される、巨匠フォン・シャオガンが、激動の70年代に懸命に生きる若者たちの美しく切ない青春の日々を描く。
上映館: シネ・ヌーヴォ

6/22(土)

私の20世紀

「心と体と」で2017年ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディ監督が1989年に手がけ、カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞した長編デビュー作。
上映館: シネ・ヌーヴォ

《上映館略称》
OSCシネマ=大阪ステーションシティシネマ
TOHO梅田=TOHOシネマズ 梅田
TOHOなんば=TOHOシネマズ なんば

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

PR

今月のマルシェ

イベントカレンダー

編集部より

  1. 《9月の読者プレゼント》 ●特別展「仏像 中国・⽇本」中国彫刻2000 年と⽇本・北魏仏から遣唐使…
  2. 「LIXILギャラリー/大阪」で現在開催中の企画展「椅子の神様 宮本茂紀の仕事」に行ってきました。 …
  3. 【インタビュー】『淵に立つ』の深田晃司監督が語る、最新作『よこがお』に込めた思いとは?(2019/6…

Facebook

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る