2017年8月29日〜11月26日 プラネタリウム 「秋の夜長に月見れば」

  • 2017/10/25
カルチャー 文化 芸能
いつ:
2017/08/29 – 2017/11/26 全日 Asia/Tokyo タイムゾーン
2017-08-29T00:00:00+09:00
2017-11-27T00:00:00+09:00

三日月、半月、満月…毎日形が変わり、望遠鏡でのぞくと、さらに面白い姿を見せてくれる月。秋の夜長に、専門スタッフの解説を聞きながらプラネタリウムに浮かぶ月をじっくりと眺めてみよう。※前半は今夜の星空解説

大阪市立科学館( 中之島)/ 投影時刻はHP(http://www.sci-museum.jp/)または☎で確認/¥600/月曜休(休日の場合は翌平日休)/

☎06-6444-5656

1
2018/5/21(月)~9/28(金) 「 グリコピアの30年」展
2018/5/21(月)~9/28(金) 「 グリコピアの30年」展
5月 21 – 9月 28 全日
2018/5/21(月)~9/28(金) 「 グリコピアの30年」展
グリコのおもちゃ4000点などグリコの社史資料を展示している江崎記念館の特別展。グリコピア神戸30周年を記念して同館の展示物と関連資料を展示。7/21(土)・22(日)は臨時開館し、親子対象の体験イベント(要予約)やクイズラリーを開催する。 江崎記念館(西淀川区歌島4-6-5)/10:00~16:00/無料(平日は要予約)/休館:日曜・祝日・第2・4・5土曜、8/11~19/☎06-6477-8257(予約の電話番号も同じ)
2018/6/1(金)~9/2(日) サイエンスショー スーパー磁石で大実験
2018/6/1(金)~9/2(日) サイエンスショー スーパー磁石で大実験
6月 1 – 9月 2 全日
2018/6/1(金)~9/2(日) サイエンスショー スーパー磁石で大実験
鉄にはくっつくけど、プラスチックや木にはくっつかない「磁石」。簡単な磁石の疑問を入り口に、その意外な性質を、スーパー磁石を使った実験で解き明かす、不思議で楽しいサイエンスショー。小さな磁石をたくさん集めて、スーパー磁石に近づけるとビックリすることが起こる…!?企画:大倉学芸員 大阪市立科学館 展示場3階 サイエンスショーコーナー(中之島4-2-1)/①11:00②13:00③14:00④15:00/要展示場観覧料¥400、高大¥300、中学生以下無料/各回定員約100名(先着順)/☎06-6444-5656(代表)
2018年6/1(金)~9/2(日) プラネタリウム「注目! 火星大接近」
2018年6/1(金)~9/2(日) プラネタリウム「注目! 火星大接近」
6月 1 – 9月 2 全日
2018年6/1(金)~9/2(日) プラネタリウム「注目! 火星大接近」
今年、15年ぶりに火星が地球にとても近づく「火星大接近」が起こる! 大接近の時の火星は、とても明るく輝いていて夜空で目立つため、望遠鏡があれば表面の模様を観察できる。季節によっ て見え方が変わる火星の様子を、専門スタッフの解説で分かりやすくご紹介。星空解説も楽しめる。 大阪市立科学館(中之島)/投影時刻はHP(http://www.sci-museum.jp/)または☎で確認/¥600/月曜休(休日の場合は翌平日休)8/13は開館/☎06-6444-5656
開催中 ~2018/11/30(金)  プラネタリウム「ファミリータイム」
開催中 ~2018/11/30(金)  プラネタリウム「ファミリータイム」
6月 25 – 11月 30 全日
開催中 ~2018/11/30(金)  プラネタリウム「ファミリータイム」
幼児から小学校低学年とその家族を対象にしたプログラムだから、おしゃべりしても大丈夫!「 今夜、見える星のおはなし」に加えて、6~7月は「七夕さま」、8月は「赤い星・火星」のお話も。みんなでわいわい楽しく星を見よう! 大阪市立科学館(中之島)/休館日を除き毎日投影。時刻はHP(http://www.sci-museum.jp/)または☎で確認/¥600(3歳以上中学生以下¥300)/月曜休(休日の場合は翌平日休)、臨時休館日あり/☎06-6444-5656
2018/6/27(水)~12/17(月) 梅田スカイビル誕生25周年記念特別展示 天空夢譚 ~驚天動地の空中庭園~
2018/6/27(水)~12/17(月) 梅田スカイビル誕生25周年記念特別展示 天空夢譚 ~驚天動地の空中庭園~
6月 27 – 12月 17 全日
2018/6/27(水)~12/17(月) 梅田スカイビル誕生25周年記念特別展示 天空夢譚 ~驚天動地の空中庭園~
梅田スカイビル誕生25周年を記念して、絹谷幸二 天空美術館では、絹谷幸二が取り組んだ大作、「梅田スカイビル」の絵画と彫刻両作品を初公開。美術・藝術力によって「人類を元気に!」を掲げてきた美のパワースポットが贈る天空からの夢物語。見る者を、豊麗な色彩と驚天動地のイメージ世界へと誘う。 絹谷幸二 天空美術館(梅田スカイビル タワーウエスト27階)/10:00~18:00(金土曜、祝前日は20:00まで) 入館は閉館30分前/¥1000(学生¥600、小学生以下無料)/休館:火曜(祝日の場合は翌平日)/☎06-6440-3760
2018/7/7(土)~9/2(日) 中之島香雪美術館 開館記念展 「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、 伝えた~」Ⅲ期 茶の道にみちびかれ
2018/7/7(土)~9/2(日) 中之島香雪美術館 開館記念展 「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、 伝えた~」Ⅲ期 茶の道にみちびかれ
7月 7 – 9月 2 全日
2018/7/7(土)~9/2(日) 中之島香雪美術館 開館記念展 「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、 伝えた~」Ⅲ期 茶の道にみちびかれ
中之島香雪美術館の開館記念展「珠玉の村山コレクション~愛し、守り、伝えた~」は、朝日新聞社の創業者・村山龍平(1850~1933)が収集した美術品の中から、約300点を選りすぐり、1年間5期にわたって紹介。第Ⅲ期展「茶の道にみちびかれ」では、村山が収集し、茶会で用いた茶道具約80点を紹介。尾形乾山の「色絵立葵文透鉢」や、千利休の「茶杓」など、村山秘蔵の作品が一堂に展示される。 中之島香雪美術館(中之島フェスティバルタワー・ウエスト4F)/10:00~17:00(入館は~16:30)/月曜休館(月曜が祝日の場合は翌火曜休)/¥900/☎06-6210-3766 尾形乾山「色絵立葵文透鉢」(江戸時代、18世紀)
2018/7/13(金)~9/2(日)  木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-
2018/7/13(金)~9/2(日)  木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-
7月 13 – 9月 2 全日
2018/7/13(金)~9/2(日)  木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-
2014年から2016年にかけて全国8会場を巡回し大きな話題を呼んだ「木梨憲武展×20years INSPIRATIONー瞬間の好奇心ー」から2年。今年6月、自らも得意とするストリートカルチャーの発信地、イギリス・ロンドンでの個展開催を実現するなど、アーティストとして高い評価を受ける木梨憲武。本展では、ロンドンで披露した新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど、表現方法に縛られない作品の数々を展示する。 大阪文化館・天保山(海遊館となり)/10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)/¥1500、大高¥1300、中小¥500/休館日なし/☎050-5542-8600(ハローダイヤル8:00~22:00) REACH OUT 2018年©NORITAKE KINASHI
2018/7/21(土)~10/14(日) プーシキン美術館展 ー旅するフランス風景画
2018/7/21(土)~10/14(日) プーシキン美術館展 ー旅するフランス風景画
7月 21 – 10月 14 全日
2018/7/21(土)~10/14(日) プーシキン美術館展 ー旅するフランス風景画
珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、初来日となるクロード・モネの《草上の昼食》をはじめ、ロラン、ブーシェ、コロー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーらによる風景画65点が国立国際美術館に集結! 神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリの喧騒、果ては想像の世界に至るまで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れをご紹介。音声ガイドは水谷豊、コラム解説を上坂すみれが務め、情緒あふれる風景画の世界へと誘う(¥550)。 国立国際美術館(中之島4-2-55)/10:00~17:00(金・土曜は21:00まで)入場は閉館30分前まで/¥1500/月曜休館※ただし8/13・9/17・24・10/8は開館、9/25(火)は休館/☎06-6447-4680(代) クロード・モネ《草上の昼食》1866年 油彩・カンヴァス ⒸThe Pushkin State Museum of Fine Arts, Moscow.
2018/7/21(土)~10/21(日) 特別展「きのこ! キノコ! 木の子! ~きのこから眺める自然と暮らし~」
2018/7/21(土)~10/21(日) 特別展「きのこ! キノコ! 木の子! ~きのこから眺める自然と暮らし~」
7月 21 – 10月 21 全日
2018/7/21(土)~10/21(日) 特別展「きのこ! キノコ! 木の子! ~きのこから眺める自然と暮らし~」
カラフルなきのこ、かわった形のきのこ、突然現れるきのこ、ちょっと怖い毒きのこ。「きのこ」は学校では教えてもらえない、不思議な生き物として多くの人々の興味を誘う存在。そんなきのこを、フリーズドライ標本、精密な絵画、先人の研究などを通してじっくり学び、楽しみ、鑑賞できる特別展を開催。 大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール 花と緑と自然の情報センター2階(長居公園1-23)/9:30~17:00(入館は~16:30)/¥500(本館とのセット券は¥700)/月曜休館(ただし月曜日が休日の場合はその翌日休)※8/13(月)は開館/☎06-6697-6221
2018/7/21(土)~9/2(日) 特別展「大大阪モダニズムー片岡安の 仕事と都市の文化ー」
2018/7/21(土)~9/2(日) 特別展「大大阪モダニズムー片岡安の 仕事と都市の文化ー」
7月 21 – 9月 2 全日
2018/7/21(土)~9/2(日) 特別展「大大阪モダニズムー片岡安の 仕事と都市の文化ー」
今年は、大阪市中央公会堂が開館して100年の節目の年で。大大阪時代の幕明けを告げるこの名建築の実施設計を手掛け、大阪の都市計画を指導した建築家・都市計画家の片岡 安(1876~1946)の仕事を通して、大大阪時代の建築群と都市景観を展望する試み。また大大阪時代の都市美を描いた絵画を紹介し、近代大阪における美術・文化を再評価する。 ※会期中、展示替えあり大阪くらしの今昔館8階企画展示室(天神橋筋六丁目駅3番出口直結)/10:00~17:00(入館は~16:30)/特別展のみ¥300(常設展+特別展¥800)/火曜休館※7/24(火)は臨時開館/☎06-6242-1170
2018/7/28(土)~9/17(月祝) 明治維新150年 NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」
2018/7/28(土)~9/17(月祝) 明治維新150年 NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」
7月 28 – 9月 17 全日
2018/7/28(土)~9/17(月祝) 明治維新150年 NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」
NHK大河ドラマ「西郷どん」と連動し、明治維新のヒーロー・西郷隆盛ゆかりの品や、同時代の歴史資料などを紹介する特別展。3度の結婚、2度の島流し、極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男・西郷は、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い「革命家」へと覚醒し、徳川幕府を転覆させた。だが、肖像写真は一枚も残っておらず、意外にもその生涯は謎に満ちている。そんな西郷の人間像と、彼が生きた時代を約200件の貴重な資料から浮き彫りにする。 大阪歴史博物館6階 特別展示室/9:30~17:00(入館は閉館の30分前)、会期中の金曜日は20:00まで開館/¥1300(常設展+特別展は¥1770)/火曜休館(8/14は開館)/☎06-6946-5728 石川静正筆 西郷隆盛肖像画 個人蔵 鹿児島県歴史資料センター黎明館保管
2018/8/17(金)~10/20(土) 大阪検定ポスター展 2018
2018/8/17(金)~10/20(土) 大阪検定ポスター展 2018
8月 17 – 10月 20 全日
2018/8/17(金)~10/20(土) 大阪検定ポスター展 2018
JR西日本、大阪メトロ、近鉄、南海、阪急、京阪、阪神、阪堺、北急、大阪モノレールの約80の駅で、1駅1問の“おもろいポスター”を掲示。今年はポスターの人気投票もWeb上で行う。10/21(日)「第10回 なにわなんでも大阪検定」の今年のテーマ「大阪の万博」にちなみ、万博関連の問題も多く盛り込んでいる。 府内約80駅/掲示駅や詳細はこちら(https://www.osaka-kentei.jp/poster/poster2018/)/☎06-6944-6323 「大阪検定ポスター展2018」より
2018/9/1(土)~11/25(日) 特別展「高麗青磁―ヒスイのきらめき」
2018/9/1(土)~11/25(日) 特別展「高麗青磁―ヒスイのきらめき」
9月 1 – 11月 25 全日
2018/9/1(土)~11/25(日) 特別展「高麗青磁―ヒスイのきらめき」
高麗王朝建国1100周年にあたる平成30年。本展覧会では、東洋陶磁美術館所蔵の高麗青磁を中心に、国内の代表作も加わって高麗青磁の至玉の名品約250件が一堂に会し、「祈り」と「喫茶文化」、「飲酒文化」を切り口に高麗青磁の新たな魅力をご紹介。さらに今回は、近代につくられた高麗青磁の再現品も併せて展示し、当時の人々の高麗青磁にたいする熱狂と再現への努力の様子を伝える。東洋陶磁美術館としては約30年ぶりに満を持して開催する高麗青磁の一大特別展、お見逃しなく。 大阪市立東洋陶磁美術館(中之島・なにわ橋駅下車すぐ)/9:30~17:00(入館は閉館の30分前)/¥1200/月曜休館、但し9/17、9/24、10/8は開館、9/18(火)、9/25(火)、10/9(火)は休館/☎06-6223-0055
2018/9/1(土)~30(日) FOLK old bookstore 約50人のブックカバー展
2018/9/1(土)~30(日) FOLK old bookstore 約50人のブックカバー展
9月 1 – 9月 30 全日
2018/9/1(土)~30(日) FOLK old bookstore 約50人のブックカバー展
9月で8周年を迎える、北浜のFOLK old bookstore。5年ぶり架空の書店の架空のブックカバー展を開催! 参加作家はスケラッコ、タダユキヒロ、ユツカ・バッファロー、鈴木裕之など約50人の人気作家が参加、販売もあり。9/8(土)にはレトロ印刷JAMのシルクスクリーン体験(13:00~18:00/予約不要・随時受付/¥1000+素材費)、22(土)にはラッキーオールドサンのLIVEも開催(19:00/¥2000+1Dri)!10月は台湾、11月は東京へ巡回予定。 FOLK old book store B1F(平野町1-2-1)/月~金曜13:00~20:00、土日曜13:00~18:00/入場無料/期間中無休/☎06-7172-5980
2
3
4
2018/9/4(火)~9(日) 表具師×現代作家によるイベント「九×9」
2018/9/4(火)~9(日) 表具師×現代作家によるイベント「九×9」
9月 4 – 9月 9 全日
2018/9/4(火)~9(日) 表具師×現代作家によるイベント「九×9」
天王寺公園内にある日本庭園・慶沢園で、「伝統的な表具」に焦点をあて、若手現代作家の作品を「掛軸」や「屏風」に見立て展示。また、現役の建具職人、たたみ職人等を迎えたトークイベントほか、8(土) 13:00からは、アーティストのCDジャケットを手がけたり、アパレルブランドの監修など幅広く活躍する現代作家・小澄源太によるライブペイントも。 天王寺公園 慶沢園内 長生庵/9:30~16:30(最終日は~16:00)/慶沢園入園料¥150、小中¥80、未就学児無料/☎06-6631-1451(平日8:30~17:30)
5
6
7
2018/9/7(金)~8(土) OSAKA女性活躍推進 ドーン de キラリ フェスティバル2018
2018/9/7(金)~8(土) OSAKA女性活躍推進 ドーン de キラリ フェスティバル2018
9月 7 – 9月 8 全日
2018/9/7(金)~8(土) OSAKA女性活躍推進 ドーン de キラリ フェスティバル2018
セミナーや合同企業説明会、相談会など、女性の活躍を応援するイベントを多数開催。9/7(金)のメインシンポジウムでは、スペシャルゲストのタレント・なるみを迎え、お仕事・子育て体験談をお話しする(13:30~15:15/無料)。ほかにも、女性農業家や女性起業家などが出展する物産展「キラリマルシェ」(9/8)や、親子で楽しめるキャンドル作りや紙芝居といったイベントも! ドーンセンター/大阪府立男女共同参画・青少年センター(大手前1-3-49)/10:00~20:30(イベントにより異なる)/無料/☎06-6210-9321
8
2018/9/8(土)~24(月・振休) 画業50年“突破”記念 永井GO展
2018/9/8(土)~24(月・振休) 画業50年“突破”記念 永井GO展
9月 8 – 9月 24 全日
2018/9/8(土)~24(月・振休) 画業50年“突破”記念 永井GO展
マンガ界の鬼才・永井豪の画業50年突破を記念し、デビュー作から最新作まで、貴重な直筆マンガ原稿、カラーイラストなど600点以上を紹介。「マジンガーZ」や「デビルマン」の世界観をイメージしたエリアや、秘蔵資料、初公開のイラスト作品など、永井豪が創り出したイマジネーションの世界を存分に味わえる。また、展覧会を記念して、永井豪デビューまでの秘話を、貴重な描き下ろしでマンガ化! 展覧会でのみの公開、お楽しみに。 大阪文化館・天保山(海遊館となり)/10:00~17:00(入館は30分前まで)/¥1500(高大¥900、小中¥500)/会期中無休/☎050-5542-8600(ハローダイヤル) © 1967-2018 Go Nagai / Dynamic Production
2018/9/8(土)~25(火) ふわふわシナモロール展 お空でうまれた不思議な子犬、シナモンの物語…
2018/9/8(土)~25(火) ふわふわシナモロール展 お空でうまれた不思議な子犬、シナモンの物語…
9月 8 – 9月 25 全日
2018/9/8(土)~25(火) ふわふわシナモロール展 お空でうまれた不思議な子犬、シナモンの物語…
昨年デビュー15周年を迎え、サンリオ人気キャラクターコンテストで2年連続ナンバー1を獲得したシナモンのフォトジェニックな展覧会を関西初開催! 「ふわふわ」をテーマに、ふわふわ体験コーナー、フォトスポット、ヒストリーや貴重なラフ原画を中心に、シナモン誕生の裏舞台にも迫る。8(土)・9(日)①11:00②14:00③16:00(各回30組)には、シナモン グリーティングも実施。参加には入場券と整理券が必要。整理券は当日会場にてグッズを税込¥3000以上購入の方に先着順で配布、定員になり次第終了(1人1枚限り)。そのほか、シナモロール素焼き人形ワークショップも連日開催(有料/材料がなくなり次第終了)。 大丸心斎橋店 北館14階イベントホール/10:00~20:00(20:30閉場)最終日は17:30(18:00閉場)/¥800、小中¥500、未就学児無料/☎06-6271-1231(代表) ©2001, 2018 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO.SP590578
9
2018/9/9(日) 犬コト★キッズ いのちを学ぶセミナー ~犬たちが教えてくれるコト~
2018/9/9(日) 犬コト★キッズ いのちを学ぶセミナー ~犬たちが教えてくれるコト~
9月 9 全日
2018/9/9(日) 犬コト★キッズ いのちを学ぶセミナー ~犬たちが教えてくれるコト~
犬に関する楽しいクイズやゲームで、はじめてのワンちゃんと仲良くなる方法までわかっちゃう!犬を飼っている人も飼っていない人も、もっと「犬が好き」になる体験型イベントを開催。家族で犬と暮らす楽しさ・難しさ、そして命の大切さを知ろう。 大阪ECO動物海洋専門学校(西区新町1-32-1)/14:00~15:30/参加費無料/☎0120-06-1270/対象:年長~小学生/WEBにて要事前予約(https://www.hcced.jp/news/2018/07/18/180718-2/)
2018/9/9(日) 第六回 文学フリマ大阪
2018/9/9(日) 第六回 文学フリマ大阪
9月 9 全日
2018/9/9(日) 第六回 文学フリマ大阪
自費出版の書籍、ホチキスで綴じたコピー誌、手製本の書籍、CDや電子書籍、豆本など、また純文学からSF、児童文学からアイドル評論と、形態・ジャンルもさまざまに、出店者が文学作品を自ら手売りする文学作品展示即売会。見本誌コーナーやブースで作品を手に取ったり立ち読みしたりして、気に入ったものは自由に購入。作り手と読者が直接コミュニケートできるのも魅力。 天満橋OMMビル2階展示B・Cホール(各線天満橋駅直結)/11:00~17:00/入場無料/☎090-1478-0096
10
11
2018/9/11(火)~30(日) プラネタリウム「今夜の星空トピックス」
2018/9/11(火)~30(日) プラネタリウム「今夜の星空トピックス」
9月 11 – 9月 30 全日
2018/9/11(火)~30(日) プラネタリウム「今夜の星空トピックス」
秋は星空を楽しむベストシーズン。秋の夜空を見上げたら、秋の星座だけではなく、夕方には夏の星座、明け方には冬の星座も楽むことができる。今年9月の夕方西の空では金星と木星が明るさを競い、よいの南の空では夏に大接近を迎えた火星がまだ見ごろ、9/24(月・振休)は中秋の名月と、見どころいっぱいの星空をスタッフが気ままにご案内。プラネタリウムで徹夜気分の星空解説を楽しもう。 大阪市立科学館/休館日を除き毎日投影。時刻はHP(http://www.sci-museum.jp/)または電話で確認/¥600(3歳以上中学生以下¥300)/月曜休(休日の場合は翌平日休)/☎06-6444-5656 大阪市立科学館はリニューアル等のため、9/3(月)より展示場・サイエンスショーを休止、12月からプラネタリウムを含む全館を休館します。リニューアルオープンは2019年4月を予定。
12
13
2018/9/13(木)~29(土)木金土のみ 長谷川義史絵本原画展『ぼんやきゅう』
2018/9/13(木)~29(土)木金土のみ 長谷川義史絵本原画展『ぼんやきゅう』
9月 13 – 9月 29 全日
2018/9/13(木)~29(土)木金土のみ 長谷川義史絵本原画展『ぼんやきゅう』
大川を望む絵本ギャラリー空色画房で、『ぼんやきゅう』(絵・長谷川義史/文・指田和/ポプラ社)の原画20点を展示。岩手県釜石市で、東日本大震災後に途絶えていた「盆野球」の優勝旗が見つかった……。津波で、ほとんどの住宅が流されてしまった鵜住居地区では、毎年お盆になると、必ず故郷に集まって、行われる野球大会「盆野球」があった。亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、そんな「盆野球」復活のものがたり。 空色画房(菅原町1-5)/13(木)~29(土)の木金土曜12:00~19:00のみ開廊(最終日は17:00まで)/入場無料/☎06-6365-6650
14
2018/9/14(金) 増山実トークライブ 『波の上のキネマ』発刊記念イベント
2018/9/14(金) 増山実トークライブ 『波の上のキネマ』発刊記念イベント
9月 14 全日
2018/9/14(金) 増山実トークライブ 『波の上のキネマ』発刊記念イベント
放送作家であり、『勇者たちへの伝言』『空の走者たち』などの小説作家でもある増山実『波の上のキネマ』(集英社)発行記念トークイベント。かつて、南の島の密林の中にあった映画館を舞台に、絶望の「闇」に「光」を照らす物語。作品の中に登場する映画の話や創作秘話をたっぷりとお届け。また、今回だけのスペシャル映像も上映。きっと、新たな驚きの「物語の扉」が開くはず。司会・聞き手:二村知子 隆祥館書店8階多目的ホール(安堂寺町1-3-4)/19:00/¥3500(参加費+書籍代)/トークのみも同料金)※当日は+¥500/要予約・事前振込制/☎06-6768-1023
2018/9/14(金)~10/13(土) 栗棟美里個展「Still Remained」 ルシア・タロヴァ個展「Island of Time」
2018/9/14(金)~10/13(土) 栗棟美里個展「Still Remained」 ルシア・タロヴァ個展「Island of Time」
9月 14 – 10月 13 全日
2018/9/14(金)~10/13(土) 栗棟美里個展「Still Remained」 ルシア・タロヴァ個展「Island of Time」
メインギャラリーでは、神戸を拠点に活動する栗棟美里の3度目となる個展を開催。SNSなどから溢れる情報過多の現代社会に焦点を当て、美・芸術の本質の探求をテーマに写真と映像作品を発表。ビューイングルームでは、日本初個展となるスロバキア人作家ルシア・タロヴァとの競演もあわせて楽しんで。 テヅカヤマギャラリー(南堀江1‒19‒27 山崎ビル2F)/火~土曜12:00~19:00/無料/日・月曜、祝日休館/☎06-6534-3993
2018/9/14(金)~10/21(日) HERBISで見つける、ていねいな暮らし
2018/9/14(金)~10/21(日) HERBISで見つける、ていねいな暮らし
9月 14 – 10月 21 全日
2018/9/14(金)~10/21(日) HERBISで見つける、ていねいな暮らし
元「暮しの手帖」編集長、エッセイストである松浦弥太郎氏をスペシャルゲストに招いたイベントを開催。松浦弥太郎氏がセレクトした商品を、館内に展示。また著書「100の基本」の中の言葉パネルも館内各所に展示する。9/24(月・振休)14:00~は、館内で松浦氏によるトークショーも開催! ハービスPLAZA/PLAZA ENT館内各所(梅田2-5-25)/11:00~20:00/無料/☎06-6343-7500(代)
15
2018/9/15(土)~11/4(日) 展覧会「太陽の塔」
2018/9/15(土)~11/4(日) 展覧会「太陽の塔」
9月 15 – 11月 4 全日
2018/9/15(土)~11/4(日) 展覧会「太陽の塔」
今年3月に約48年ぶりに内部一般公開がスタートし、再び注目を浴びている、岡本太郎が作り上げた「太陽の塔」。本展では、1992年の改修工事の際に取り外された、直径約11メートルの初代「黄金の顔」が登場! 間近で万博当時の「黄金の顔」を見ることができる。また、地階の“失われた展示空間”を3次元で再現、テーマ館全体の根源を表現した展示を追体験できる。ほかにも「太陽の塔」に関連する作品と精巧な模型に加え、映像や音響など多彩なメディアを駆使し、岡本太郎の感性を大きなスケールで体感。展示室内は撮影可能、フォトスポットでは、巨大フィギュアと記念写真も! チケットプレゼントあり(→P11) あべのハルカス美術館(あべのハルカス16F)/火~金曜10:00~20:00、月・土・日曜、祝日10:00~18:00(入館はいずれも閉館30分前)/¥1200/休館9/18(火)/☎06-4399-9050
16
17
18
19
2018/9/19(水)~10/1(月) 陶工房アイボリー うつわ展
2018/9/19(水)~10/1(月) 陶工房アイボリー うつわ展
9月 19 – 10月 1 全日
2018/9/19(水)~10/1(月) 陶工房アイボリー うつわ展
京町堀のギャラリー「関西つうしん」で、陶芸家アイボリーによる毎年恒例の作品展。シンプルなデザインながら、ポップな器は、幅広い年代に人気で、毎年楽しみにしているファンも多い。豆皿、花器、カレー皿といろんな器のオーダーも可能。 雑貨・ギャラリー 関西つうしん(京町堀1-7-19富山ビル2F)/12:00~19:00(日曜は13:00-17:00)※最終日は17:00まで/入場無料/火曜休廊/☎06-6445-0561
20
21
22
2018/9/22(土)~2019/1/14(月) ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか
2018/9/22(土)~2019/1/14(月) ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか
9月 22 2018 – 1月 14 2019 全日
2018/9/22(土)~2019/1/14(月) ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか
ルーヴル美術館全8部門協力のもと、身近でありながら、奥深い“肖像”の傑作およそ110点が一堂に集結。3000年以上も前の古代メソポタミアの彫刻や古代エジプトのマスクから19世紀ヨーロッパの絵画・彫 刻まで、「記憶」のための肖像にはじまり、フランス皇帝ナポレオン、王妃マリー=アントワネットらによる「権力の顕示」のための肖像、人柄や個性を伝える肖像など、広範囲に及ぶ時代・地域の作品を展示し、「肖像芸術」の特質と魅力を浮き彫りにする。巨匠ヴェロネーゼによる肖像画の至宝《美しきナーニ》は27年ぶりに来日を果たす。チケットプレゼントあり(→P11) 大阪市立美術館( 天王寺公園内)/9:30~17:00(入場は閉館の30分前)/¥1600/月曜、12/28(金)~1/2(水)休館(月曜が祝休日の場合は翌火曜日休館。ただし12/25(火)は開館)/☎06-4301-7285(大阪市総合コールセンター)エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン《エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像》 1796年 Photo © RMN-Grand Palais(musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom
23
24
2018/9/24(月・振休) ココロもカラダも美しく 〈タカラジェンヌOGによる運動プログラム×健康メニュープチレッスン〉
2018/9/24(月・振休) ココロもカラダも美しく 〈タカラジェンヌOGによる運動プログラム×健康メニュープチレッスン〉
9月 24 全日
2018/9/24(月・振休) ココロもカラダも美しく 〈タカラジェンヌOGによる運動プログラム×健康メニュープチレッスン〉
タカラジェンヌOG紫友みれい氏をゲストに招き、特別な空間で特別な講師によるエクササイズと地元の食材を活かした特別な食事を楽しもう。料理の講師は、洋食レストラン&ケーキPetit Bois小林光成シェフ。楽しみながらココロもカラダも元気になれるヒントがいっぱい!ライフスタイルに合わせた健康寿命延伸に取り組もう。持ち物はヨガマットまたはバスタオル、運動できる服装と靴、水など飲み物(エプロンは貸出)。 ハグミュージアム(西区千代崎3丁目南2-59)/10:30~13:30/¥4000/☎072-671-4204(9:00~14:00)またはyamamoto-y@osakagas.co.jp/要申込・先着順
2018/9/24(月・振休)~29(土) 茶薗大暉 個展/ カペイシャス展覧会 #09
2018/9/24(月・振休)~29(土) 茶薗大暉 個展/ カペイシャス展覧会 #09
9月 24 – 9月 29 全日
2018/9/24(月・振休)~29(土) 茶薗大暉 個展/ カペイシャス展覧会 #09
capacious(カペイシャス)は、大阪府内の障がいのある人が制作する作品を紹介するプロジェクト。カペイシャスの個展形式第4弾としてご紹介する作家は、茶薗大暉(ちゃぞのだいき)。茶薗はモード系ファッションが大好きで、愛読しているファッション雑誌を片手に、自身も憧れるブランドのランウェイの様子をパステルで描き続けている。今回の個展では、近年とりくんでいる大型作品を含む新作たちをご紹介。 Calo Bookshop & Cafe(江戸堀1-8-24 若狭ビル5F)/12:00~19:00※最終日は17:00まで/入場無料/会期中は無休/☎06-7506-9338(事務局)
25
2018/9/25(火)・26(水) おてら終活祭
2018/9/25(火)・26(水) おてら終活祭
9月 25 – 9月 26 全日
2018/9/25(火)・26(水) おてら終活祭
あなたとお寺を結ぶ、2日間丸ごと終活祭。各宗派からお坊さん20名が勢ぞろい! 終活についての関心が高まる現代において、僧侶たちが集結し、「模擬葬儀」や「お坊さん終活よろず相談」「お坊さんぶっちゃけトーク」「お墓ツアー」など世間の終活とは一味違う終活イベントを企画。お葬式、お墓から、お布施の相談まで、あなたの終活、すべてお任せあれ。 浄土宗應典院(天王寺区下寺町1-1-27)/10:00~18:00頃・入退場自由/参加費無料(精進料理のみ有料)/☎06-6771-7641
26
27
28
2018/9/28(金)・29(土) ART&DIY FESTA 2018
2018/9/28(金)・29(土) ART&DIY FESTA 2018
9月 28 – 9月 29 全日
2018/9/28(金)・29(土) ART&DIY FESTA 2018
テーマは「Enjoy painting yourself!」。“ART”と“DIY”がコラボした日本で初めてのペイント体験型イベント、大阪初開催!ターナーの絵具や塗料を使ったワークショップや展示、特別ゲストを招いてのトークショーやステージパフォーマンスなど、子どもから大人まで、家族で参加してペイントを楽しむ2日間。 天満橋OMMビル2階展示ホール/9:30~17:00(29日は~16:00)/入場無料/☎06-6308-1212
29
30

最新号

オススメコンテンツ

  1. 2017年1月に開催されているマルシェ

    -2018年9月のマルシェ-

    大阪マルシェ ほんまもん (淀屋橋odona) 毎週水曜14:00~19:00 9/5…

黒田通信

  1. kuroda2
    がでます! 26日(水)には配布・配達開始です。 秋空の下、 自然体験やワークショップ、マ…

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る