7/8(金)・9(土)公開作品

 

上映館は大阪市内の映画館のみ表記。上映スケジュールなど変更となる場合がございますので、事前に各劇場サイトにてご確認のうえお出かけください。

7/8(金)

ソー:ラブ&サンダー

クリス・ヘムズワース演じる、雷神ソーの活躍を描く『マイティ・ソー』シリーズの第4弾。クリス演じるソーは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘のあと“ヒーロー卒業”を宣言し、自分探しに迷走していた。だが、全宇宙の神々滅亡を誓う“神殺し”のゴアが襲いかかり、絶体絶命! そこに救世主として現れたのが、ソー以上の力を持つ新たな“マイティ・ソー”に姿を変えた元恋人のジェーン(ナタリー・ポートマン)だった――。ソーとマイティ・ソー“2人の雷神”がタッグを組み、シリーズ最大の脅威ゴアに立ち向かう、破壊力2倍のロック・バトル・アドベンチャー! 監督は『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手がけたタイカ・ワイティティ。
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / TOHOシネマズ梅田 / TOHOシネマズなんば / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ / イオンシネマ シアタス心斎橋 
(C)Marvel Studios 2022

7/8(金)

神々の山嶺

作家・夢枕獏のベストセラー小説を、圧倒的な画力で世界中にファンを持つ谷口ジローが漫画化した「神々の山嶺」がついにフランスでアニメ化が実現。『ウルフウォーカー』の製作チームが、実写では再現不可能な命がけの登攀(とうはん)シーンを限界までリアルを追求し圧巻の映像で表現。登山史上最大の謎に迫る、究極の冒険ミステリー。日本語吹替版(声の出演):堀内賢雄、大塚明夫、逢坂良太、今井麻美、監督:パトリック・インバート
上映館: なんばパークスシネマ / シネ・リーブル梅田
(C)Le Sommet des Dieux – 2021 / Julianne Films / Folivari / Mélusine Productions / France 3 Cinema / Aura Cinema

7/8(金)

映画ざんねんないきもの事典

生き物たちの意外な生態を紹介し、アニメ、実写ドラマ化もされた人気児童書「ざんねんないきもの事典」シリーズをアニメ映画化。声優の花江夏樹、内田真礼、下野紘が主要キャラクターを務めるほか、ナビゲーターにムロツヨシ、伊藤沙莉。アニメーション制作はTVアニメ『ざんねんないきもの事典』も手掛けたファンワークス。監修:今泉忠明、監督・脚本:ウチヤマユウジ、監督:イワタナオミ、由水桂
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / イオンシネマ シアタス心斎橋 
(C)2022「映画ざんねんないきもの事典」製作委員会 (C)TAKAHASHI SHOTEN

7/8(金)

モエカレはオレンジ色

玉島ノンによる同名コミックを実写映画化。ぼっちのJK・萌衣(生見愛瑠)が恋をしたのは、超シャイで真面目な消防士・蛯原(岩本照・Snow Man)。不器用な2人の恋に思わず笑って、感情移入して、応援したくなる、胸キュンラブストーリー。監督:村上正典
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / 梅田ブルク7 / なんばパークスシネマ / あべのアポロシネマ 
(C)2022「モエカレはオレンジ色」製作委員会

7/8(金)

X エックス【R15+】

『ミッドサマー』のA24が仕掛ける真夏のエクストリーム・ホラー。1979年、テキサス。3組のカップルが映画の撮影に訪れたのは、史上最高齢の殺人夫婦が潜む家だった――。監督・脚本:タイ・ウェスト
上映館: TOHOシネマズ梅田 / TOHOシネマズなんば 
(C)2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

7/8(金)

リフレクション

ベネチア国際映画祭や東京国際映画祭で受賞を果たした『アトランティス』などで世界から注目されるウクライナの俊英バレンチヌ・バシャノビチ監督が、2014年に始まったロシアによるクリミア侵攻を背景に、戦争と平和、生と死、肉体と魂、そして贖罪など、さまざまなテーマを交えて描いた人間ドラマ。
上映館: シネ・リーブル梅田
(C)Arsenal Films, ForeFilms

7/8(金)

TELL ME ~hideと見た景色~

hideの実弟・松本裕士による著書「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)をもとに、『今日も嫌がらせ弁当』の塚本連平監督が、遺されたhideの音楽を弟と仲間たちが世に送り出す希望の物語を描く。hideの弟・松本裕士役を演じるのは、本作で映画初主演を果たす今井翼。hideの共同プロデューサーI.N.A.役に塚本高史。さらにhide役をロックギタリストのJUONが務める。
上映館: 梅田ブルク7 / イオンシネマ シアタス心斎橋
(C)2022「TELLME」製作委員会

7/8(金)

おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~

赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメ『おそ松さん』シリーズの放送開始6周年を記念した映画化第1弾。「食べるとどんな願いでも叶う」という伝説の果実を求めて6つ子たちが大冒険に出るという、完全新作のコメディ・アドベンチャー。脚本は「おそ松さん」全シリーズを手掛けた松原秀が務める。監督:小高義規
上映館: 大阪ステーションシティシネマ / なんばパークスシネマ 

7/8(金)

アルピニスト

命綱も使わずに次々と記録的な登頂を成し遂げながら、ほとんどその名を知られていないクライマー、マーク=アンドレ・ルクレールに密着したドキュメンタリー。監督はアウトドア・ドキュメンタリー映画のベテラン、ピーター・モーティマー。SNSを一切やらず、誰からの「いいね」も求めず、より困難な登頂に挑戦し続ける…マークの情熱とカリスマ性を、モーティマーは生き生きと描き出す。
上映館: 大阪ステーションシティシネマ

7/8(金)3週間限定上映

特『刀剣乱舞-花丸-』~月ノ巻~

本作はアニメ「刀剣乱舞-花丸-」の劇場版3部作の第2作。とある本丸に夏がやってきた。新たな刀剣男士も増え、さらににぎやかな日々を送っていた彼らに、審神者から伝令が言い渡される。それはなんと“3日間の休暇”だった! はじめての夏休み、忘れられない光景が心に刻まれてゆく――。監督:越田知明、脚本:猫田幸
上映館: TOHOシネマズ梅田 / TOHOシネマズなんば 

7/8(金)

希望と絶望 その涙を誰も知らない

2020年8月に公開したドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」の制作チームが手掛ける、日向坂46のドキュメンタリー第2弾。”約束の彼の地”として夢に見てきた、東京ドーム公演までの道のりに密着。苦悩と喜びが交差する、誰も知らない2年間の記録。監督:竹中優介
上映館: シネ・リーブル梅田

7/8(金)

破戒

被差別部落出身の小学校教師が、出身を隠して生きながらも悩み、新たな道へと歩み出す姿を描いた、島崎藤村の不朽の名作「破戒」を60年ぶりに映画化。主演・丑松役は間宮祥太郎、相手役に石井杏奈。脚本は『クライマーズ・ハイ』などの巨匠・加藤正人と『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』の木田紀生が担当し、監督を『発熱天使』『みみをすます』などの前田和男が務める。
上映館: 梅田ブルク7 

7/9(土)

「うたの☆プリンスさまっ♪ SHINING STAR STAGE -LOVE in DREAM- ENCORE」ディレイ・ビューイング

「うたの☆プリンスさまっ♪ SHINING STAR STAGE -LOVE in DREAM- ENCORE」2022年3月アンコール公演のディレイ・ビューイング。映画館の大スクリーンでST☆RISHとQUARTET NIGHTによる合同ライブを堪能できる。
上映館: イオンシネマ シアタス心斎橋 

7/8(金)

ビリーバーズ【R15+】

カリスマ的人気を誇る漫画家・山本直樹作品を、『愛なのに』『女子高生に殺されたい』の城定秀夫監督が実写映画化。とある孤島で生活をする二人の男と一人の女。ニコニコ人生センターという宗教的な団体に所属している3人は無人島で共同生活を送っていた。しかし、僅かなほころびから、徐々に互いの本能と欲望を暴き出してゆき…。出演:磯村勇斗、北村優衣、宇野祥平、毎熊克哉
上映館: なんばパークスシネマ / テアトル梅田

7/8(金)

ブロードウェイシネマ「ザ・ウィローズ The Wind in the Willows」

オリンピック開会式の映像監督と「オズの魔法使い」芸術監督・「不思議の国のアリス」演出家が放つ、大人気の英国ミュージカルが日本の映画館に登場。本作は、伝統あるロンドン・パラディウムで上演された演目を特別撮影し、日本語字幕スーパー付きでお届けする。
上映館: なんばパークスシネマ 

7/8(金)

三姉妹

『オアシス』での演技が今も語り継がれる名優ムン・ソリが、その脚本に感銘を受け、次女役で主演を務めるとともに共同プロデュースを買って出た本作は、現代を生きる烈しくもあたたかい三姉妹の絆の物語。共演は、長女役にドラマ『愛の不時着』で北朝鮮の人民班長役を演じ、強い印象を残したキム・ソニョン。三女役は『ベテラン』で映画デビューを果たしたチャン・ユンジュ。監督は、長女役キム・ソニョンの公私にわたるパートナーで、本作が長編第三作目となるイ・スンウォン。
上映館: シネ・リーブル梅田(6/24~上映中)シネマート心斎橋

7/8(金)

恋愛の抜けたロマンス【PG12】

『バーニング』『ザ・コール』のチョン・ジョンソと、Netflixドラマ「D.P」や映画『犯罪都市2』などのソン・ソックが共演! 恋愛抜きではじまった男女が贈る、もどかしくて曖昧な新感覚ラブコメディ。監督:チョン・ガヨン
上映館: シネマート心斎橋

7/8(金)1週間限定上映

《電影祭》雄獅少年 少年とそらに舞う獅子

中華映画上映イベント「電影祭」からのラインアップ。両親が出稼ぎに行ったまま、田舎に住む少年・阿娟(チュン)が獅子舞の演者となることを夢見て、不思議な縁で師匠と出会い、仲間らと獅子舞チームを結成し奇跡を起こす――。監督:孫海鵬(ソン・ハイペン)
上映館: シネマート心斎橋

7/9(土)

チロンヌプカムイイオマンテ 日川善次郎エカシの伝承による

人気漫画『ゴールデンカムイ』の監修者・中川裕が全訳、監修。1986年、75年ぶりにアイヌの幻の祭り「キタキツネのイオマンテ(霊送り)」が行われた。その様子を撮影したものをレストアし、35年ぶりに映画化。当時、祭祀を司った不世出の伝承者・日川エカシの祈りのすべてをアイヌ語に書き起こし、現代日本語訳を行い現代に蘇らせる。監督:北村皆雄
上映館: 第七藝術劇場

7/9(土)

ガザ 素顔の日常

地中海に面した美しいビーチ、サーファーやラッパーに普通の大学生たち――。軍事的な緊張状態に度々さらされ、人々が貧困にあえぎ「天井のない監獄」と呼ばれるガザ、それでも日常を力強く生きようとする人々の姿を捉えたドキュメンタリー。監督:ガリー・キーン、アンドリュー・マコーネル
上映館: 第七藝術劇場

7/9(土)

終わりが始まり【R15+】

夜の世界に染まった男たちを描いた本作。主人公・柏木役を演じるのは根本正勝。柏木が密かに想いを寄せる女性をマイコを演じるのは元AKB48の峯岸みなみ。監督:中前勇児
上映館:シアターセブン

7/9(土)

新人監督セレクション #1 逃避行の先で

シアターセブン「新人監督セレクション」では関西地区で劇場初公開となる新人監督のインディーズ作品を、作品テーマなどに基づいて2本ずつピックアップし、1週間の日替わり上映を実施(※初日のみ2作品上映)。#1のテーマは「逃避行の先で」。河辺怜佳監督『過ぎ行くみなも』と、鈴木冴監督『神様のいるところ』を上映。
上映館: シアターセブン

7/9(土)

チェコ・ファンタジー・ゼマン!

チェコ・アニメーションの巨匠カレル・ゼマンの初期から晩年に至る詩情とロマン溢れる代表作を一挙上映。上映作品:『鳥の島の財宝』『前世紀探検』『悪魔の発明』『ほら男爵の冒険』『狂気のクロニクル』『盗まれた飛行船』『彗星に乗って』『シンドバッドの冒険』『クラバード』『ホンジークとマジェンカ』
上映館: シネ・ヌーヴォ

7/9(土)

ザ・レッド・チャペル

『誰がハマーショルドを殺したか』『THE MOLE』など、飽くなき探求心と危険を顧みない行動力で世界の闇を白日の下に晒し続けるマッツ・ブリュガー監督のデビュー作で、北朝鮮を激怒させた幻の笑劇ドキュメンタリー。異文化交流と称して、2人のコメディアンと共に北朝鮮で偽りだらけの公演を決行…厚いヴェールに包まれた独裁国家北朝鮮の笑顔の裏側に迫る――!
上映館:シネ・ヌーヴォ

7/9(土)

THE MOLE

ごく平凡なデンマークの元料理人が、CIAさえ容易に情報を掴めなかった北朝鮮の国際的な闇取引のネットワークに潜り込み、その実態を赤裸々に暴いた衝撃のドキュメンタリー。10年間に及ぶ、欧米、アジア、アフリカの14ヵ国で撮られた映像で構成された本作は、ハリウッドのスパイ映画に匹敵するスリルとサスペンスを持ちながらも、分厚い謎のベールに覆われてきた北朝鮮による、複雑怪奇な武器取引の実情を具体的かつ克明に記録している。まさに正真正銘の“リアル”スパイ活動の実録であり、究極のサスペンス・エンタテインメント。監督は『誰がハマーショルドを殺したか』のマッツ・ブリュガー。
上映館: シネ・ヌーヴォ

7/9(土)

ミラクルシティコザ

桐谷健太主演、1970年と現代が沖縄市コザで交錯するタイムスリップ・ロックンロール・エンターテイメント。かつてベトナム戦争に向かう米兵たちを熱狂させた伝説のロックンローラーだった頃の祖父の身体に、孫の翔太の魂がタイムスリップしてしまう!?
上映館: シネ・ヌーヴォ

大阪市内映画館一覧

関連記事

PR

   

今月のマルシェ

イベントカレンダー

Twitterプレゼントキャンペーン

読者プレゼント

相互リンク

ページ上部へ戻る