【2017年7月特集】大阪の夏祭りカレンダー

1707top

大阪の夏まつりカレンダー

7/24(月)8:50~
鉾流神事

2日間にわたる祭の中で、一般の人も観覧できる最初の神事。8:30に行列が境内を出発、旧若松町浜から神職と神童が船で堂島川に漕ぎ出し、神鉾と、罪や穢れを託した形代を川に流す。
feature_鉾流神事

 

7/25(火)15:30~
陸渡御
「年に一度、神様に氏地の様子をご覧いただく」のが、陸渡御・船渡御の本来の意味。御神霊の乗った御鳳輦(ごほうれん)を中心に、催太鼓、地車、獅子舞など総勢3000人が連なり、境内から西天満、中之島を通って船渡御の奉安船乗り場まで約3kmを、約2時間かけて巡行する。
feature_陸渡御

 

7/25(火)18:00~
船渡御
陸渡御の列が天神橋まで戻ってきたら、そのまま船に乗って水上へ。やはり催太鼓が先導、御神霊をのせた奉安船をはじめお供の船らが川上に向けて出航する。一方、川上の飛翔橋付近からは、神様をお迎えする奉拝船が出航。かくして、約100隻の船団が夜の大川を行き交う、ならではの風景が約3時間にわたって繰り広げられる。
feature_船渡御

 

7/25(火)19:30~20:50
奉納花火
船渡御で水上を渡られる御神霊に供えた花火を、お相伴で見せていただく、というのが本来のスタンス。とはいえ、これだけの至近距離で計4000発、菅公にちなんだ梅鉢型のオリジナル花火や文字仕掛け花火など、エンタメ性は抜群だ。桜宮橋の上流と下流、2カ所で打上げ。さあ、どこで見ましょうか。

 

第32回 天神祭前夜祭 in OBP
催太鼓のからうす、地車囃子、子どもたちの獅子舞に天神祭囃子踊り。天神祭の「イイトコ」をぎゅっと凝縮して、クーラーの効いた室内で楽しめる恒例の前夜祭。正直、花火以外はだいたいココで見られます。夕暮れからのOBPかがり火で、祭への期待は最高潮に。
7/23(日)17:00~20:00/ツイン21 1Fアトリウム/入場無料/☎06-6941-0941
feature_OBP01 feature_OBP02

 

6/30(金)~7/2(日)
愛染堂勝鬘院 愛染まつり
大阪に夏を告げる、最初の夏祭。30日には、浴衣姿の愛染娘が駕籠に乗って谷町筋を練り歩く宝愛駕籠(ほえかご)パレードが(12:30~14:00頃)。17:30~の演芸大会や屋台は毎日開催。秘仏・愛染明王も開帳される。
地下鉄四天王寺前夕陽ケ丘駅5番出口2分/☎06-6779-5800

 

7/11(火)~14(金)
杭全神社 夏祭(平野郷夏まつり)
市内最大規模のだんじり祭。12日には9台のだんじりが南港通に勢揃い、合同曳行を行う。13日夕刻から深夜にかけて、9台が順に宮入りする様子は必見。14日の本宮には神輿の渡御などの神事が行われる。
JR平野駅7分/☎06-6791-0208
feature_杭全神社

 

7/13(木)・14(金)
難波八阪神社 夏祭
千日前~道頓堀~戎橋筋などミナミの真ん中を神輿・太鼓などの渡御が巡行。13日の宵宮には、勇壮な船渡御が道頓堀川を華やかに染め上げる(18:00~)。境内の「日本一の獅子舞台」では、獅子舞など芸能のほか餅まきも斎行。
地下鉄なんば駅5番出口6分/☎06-6641-1149
feature_難波八坂02 feature_難波八坂01

 

7/14(金)・15(土)
露天神社(お初天神) 夏祭
キタのど真ん中に巡行行列が! 14日18:00~は境内でだんじり囃子など。15日は12:30頃から役太鼓・舞獅子が宮出、阪神百貨店前、ハービス大阪、大阪駅、お初天神通、一部地下街まで巡行する。
各線梅田駅・東梅田駅3~5分/☎06-6311-0895
feature_露天神01 feature_露天神02

 

7/15(土)・16(日)
玉造稲荷神社 夏祭(玉造黒門越瓜食味祭)
玉造が生んだなにわ伝統野菜「玉造黒門しろうり」をにぎり寿司や巻寿司で味わえる屋台が登場(15日18:00~)。また、「上方笑いの父」と呼ばれた漫才作家・秋田實を偲んで奉納演芸も行われる(15日19:00~)。
各線森ノ宮駅・玉造駅7分/☎06-6941-3821
feature_玉造稲荷

 

7/21(金)~23(日)
坐摩神社 夏祭
21・22日は御神事太鼓の奉納(写真)、22・23日夕方は恒例のたそがれジャズコンサート(無料)を開催。21~23日の3日間、境内及
び神社会館5階で、毎年多くの人が訪れる、せともの祭を同時開催。茶碗供養、陶器市ほか、新しい陶器人形「藤娘」お披露目もあり。
地下鉄本町駅15番出口3分/☎06-6251-4792
feature_坐摩神社

 

7/22(土)・23(日)
今宮戎神社 こどもえびす
境内に雪遊び場が出現(両日17:00~21:00)。高さ2mの雪だるまをはじめ、ソリで遊べる雪の特大スロープも。こども宝恵駕籠で境内一周も楽しい。漫才師の登竜門・今宮戎マンザイ新人コンクールも開催(18:00~)。
南海今宮戎駅すぐ/☎06-6643-0150
feature_今宮こどもえびす

 

7/30(日)~8/1(火)
住吉大社 住吉祭
大阪の夏祭を締めくくる、大阪中をお祓いする祭。31日の夏越祓神事では、中世の装束姿の夏越女・稚児が茅の輪をくぐり無病息災を祈願(茅の輪くぐりは一般参加OK)。翌1日には堺の宿院まで神輿渡御が行われる。
南海住吉大社駅3分/☎06-6672-0753

 

関連記事

最新号のデジタルブック

オススメコンテンツ

  1. 映画・シネマ・ミニシアター

    -2017年9月の映画- 大阪で上映される今月のロードショー

    [注目映画] 新感染 ファイナル・エクスプレス 9月1日~ カンヌ国際映画祭やシッチェス…
  2. 2017年1月に開催されているマルシェ

    -2017年9月のマルシェ-

    大阪マルシェ ほんまもん (淀屋橋odona) 毎週水曜14:00~19:00 概ね近…

黒田通信

  1. kuroda2
    6月25日(日)に「大阪城トライアスロン」観戦してきました。 6月号特集でご紹介した、このビッグイ…

イベント検索

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る