2017年7月15日〜10月15日 瀬戸内海の自然を楽しむ ー生き物のにぎわいとその恵みー

カルチャー 文化 芸能

700を超える島々、海峡、複雑な海底地形がある瀬戸内海。本展では大阪市立自然史博物館が、瀬戸内海沿岸の博物館・水族館と連携し、5年をかけて行ってきた、多様で魅力的な自然の観察、調査をもとに、標本資料、地形模型、ハンズオンコーナーなどを展示。平成27年に泉南郡岬町に死亡漂着した全長約7メートルのザトウクジラ全長骨格標本も登場。
大阪市立自然史博物館(長居公園内)/9:30~17:00(入館は16:30まで)/¥500/月曜休館※8月14日開館/☎06-6697-6221

1
2017年7月15〜9月18日 中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA
2017年7月15〜9月18日 中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA
7月 15 – 9月 18 全日
2017年7月15〜9月18日 中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、小説『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーを手がける、イラストレーター中村佑介の15年を15のテーマで振 り返る「ベストアルバム」的大規模展覧会。会期中はサイン会や、8/12(土)には中村佑介×吉田豪トークショーなど著名人を招いてのイベントも開催。オリジナルグッズ販売あり。 あべのハルカス24階 大阪芸術大学スカイキャンパス/11:00-19:00(入場は閉館30分前)/¥800/休館日なし/☎06-6654-5557 ゲントウキ『幻燈名作劇場』© Dreamusic
2017年7月15日〜10月15日 瀬戸内海の自然を楽しむ ー生き物のにぎわいとその恵みー
2017年7月15日〜10月15日 瀬戸内海の自然を楽しむ ー生き物のにぎわいとその恵みー
7月 15 – 10月 15 全日
2017年7月15日〜10月15日 瀬戸内海の自然を楽しむ ー生き物のにぎわいとその恵みー
700を超える島々、海峡、複雑な海底地形がある瀬戸内海。本展では大阪市立自然史博物館が、瀬戸内海沿岸の博物館・水族館と連携し、5年をかけて行ってきた、多様で魅力的な自然の観察、調査をもとに、標本資料、地形模型、ハンズオンコーナーなどを展示。平成27年に泉南郡岬町に死亡漂着した全長約7メートルのザトウクジラ全長骨格標本も登場。 大阪市立自然史博物館(長居公園内)/9:30~17:00(入館は16:30まで)/¥500/月曜休館※8月14日開館/☎06-6697-6221
2017年7月21日〜10月4日 夏の展示 豊臣から徳川へと……
2017年7月21日〜10月4日 夏の展示 豊臣から徳川へと……
7月 21 – 10月 4 全日
2017年7月21日〜10月4日 夏の展示 豊臣から徳川へと……
戦国乱世に終止符を打ち、国内に平和と治安をもたらした豊臣秀吉。しかし豊臣の治世は長くは続かず、かわって徳川幕府が統治の実権をにぎる。豊臣から徳川へ――。体制の大転換期に展開した人間ドラマを、第一級の歴史資料で紹介する。 大阪城天守閣3階展示室(谷四)/9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)●夏の開館延長:2時間延長7月22日~8月20日(~19:00)、1時間延長8月21~27日(~18:00)/¥600/ ☎06-6941-3044
2017年8月19日〜10月15日 東アジア文化都市2017京都 アジア回廊 現代美術展
2017年8月19日〜10月15日 東アジア文化都市2017京都 アジア回廊 現代美術展
8月 19 – 10月 15 全日
2017年8月19日〜10月15日 東アジア文化都市2017京都 アジア回廊 現代美術展
日中韓の文化芸術の交流を目的とした国家プロジェクト「東アジア文化都市」のメインプログラム。京都市、中国の長沙(ちょうさ)市、韓国の大邱広域(てぐこういき)市、3都市のアーティスト25組が、世界遺産「元離宮二条城」と国の有形文化財でもある「京都芸術センター」を舞台に現代美術作品を展開。日本からは、草間彌生、今村源、やなぎみわらが参加。 二条城:8:45~17:00(最終入場は~16:30)入城は~16:00/¥600(要別途入城料金)/京都芸術センター:10:00~20:00/無料▶共通:会期中無休/☎075-661-3755(京都いつでもコール)
2017年8月26〜9月6日 黒沢理菜 個展「感情をなぞる」
2017年8月26〜9月6日 黒沢理菜 個展「感情をなぞる」
8月 26 – 9月 6 全日
2017年8月26〜9月6日 黒沢理菜 個展「感情をなぞる」
SUNABAギャラリーが日本橋から中崎町へ移転後初のこけら落としとなる黒沢理菜の個展。黒沢は京都市立芸術大学で漆芸を学ぶ現役の大学院生。今回なんと、自身の制作した球体関節人形に、漆 に貝殻や金粉で文様を描く蒔絵で加飾を施した。日本の伝統とアンダーグラウンドの共存する黒沢理菜の世界に触れてみよう。 SUNABAギャラリー(中崎西1-1-6吉村ビル302)/14:00~20:00(水曜~18:00)/入場無料/木・金曜休廊/☎080-6145-7977
2017年8月30日〜11月13日 特集展示 新発見!なにわの考古学
2017年8月30日〜11月13日 特集展示 新発見!なにわの考古学
8月 30 – 11月 13 全日
2017年8月30日〜11月13日 特集展示 新発見!なにわの考古学
大阪文化財研究所による市内の遺跡発掘調査の成果を、約300点の出土資料と発掘現場の写真パネルで紹介する。大坂城下町跡では、古代から海上交通の拠点であったことを裏づける古代の銭や、江戸時代の手工業の材料「スイギュウ」の角などが出土。 大阪歴史博物館8階 特集展示室(谷四)/9:30~17:00(入館は~16:30)/常設展示料金で観覧可能¥600(高大¥400)/火曜休館/☎06-6946-5728
2017年8月30日〜9月15日 インコと鳥の雑貨展
2017年8月30日〜9月15日 インコと鳥の雑貨展
8月 30 – 9月 15 全日
2017年8月30日〜9月15日 インコと鳥の雑貨展
“インコと鳥”をテーマに、約20名のイラストレーターやハンドメイド作家らによる、1万点以上の作品が東急ハンズ梅田に大集合!期間中は1日限りのオーダーの受注会や、作家による実演もあり、鳥好きにはたまらない人気企画。 東急ハンズ梅田店(大丸梅田店内10F Dゾーン)/10:00~21:00(日曜、祝日10:00~20:30)/入場無料/☎06-6347-7188
2017年9月1日 昭和星人
2017年9月1日 昭和星人
9月 1 全日
2017年9月1日 昭和星人
「昭和」にスポットを当てたトークイベント。浅尾典彦、藤井大介、下井健次が、あの頃の流行った、変身ブーム、懐かCM、お笑い、プロレス、歌謡曲、マンガ、テレビ、お菓子、学校のことなどを喋り尽くすおニューな企画。懐かしグッズの展示もあるかも。何が飛び出すかは当日のお楽しみ! シアターセブン(十三)/19:30/¥2000/☎06-4862-7733
2
2017年9月2日〜10月1日 特別陳列「土佐光起 生誕400年 近世 やまと絵の開花ー和のエレガンスー」
2017年9月2日〜10月1日 特別陳列「土佐光起 生誕400年 近世 やまと絵の開花ー和のエレガンスー」
9月 2 – 10月 1 全日
2017年9月2日〜10月1日 特別陳列「土佐光起 生誕400年 近世 やまと絵の開花ー和のエレガンスー」
室町時代には日本の伝統的な絵画様式「やまと絵」の大流派であった土佐派。本展では、江戸時代に土佐派中興の名手といわれた土佐光起の生誕400年を記念して、光起とその子・光成らを中心とする土佐派作品約50点から、雅やかな「和」の情趣にみちた近世やまと絵の魅力を紹介する。 大阪市立美術館 南館2階(天王寺)/9:30~17:00(入館は~16:30)/¥700(高大¥400)/休館:月曜(9/18開館)、9/19(火)/☎06-4301-7285(大阪市総合コールセンター)
2017年9月2日〜10月5日 おかだよしたか 絵本原画展
2017年9月2日〜10月5日 おかだよしたか 絵本原画展
9月 2 – 10月 5 全日
2017年9月2日〜10月5日 おかだよしたか 絵本原画展
数々の賞を受賞し、大人のファンも多い関西弁絵本「うどんのうーやん」の生みの親・岡田よしたか氏。本展では近年の3作品「もう あかん!」、「オニのきもだめし」の原画を展示。期間中に発売になる「すすめ かいてんずし」の原画も登場! 9/23(土祝)、10/1(日)19:00~は岡田氏による読み聞かせも!!絵本カフェ holo holo(なんば)/平日11:00~19:30、土日祝11:00~18:30/毎週火曜・第3水曜定休※9/10・15・25は15:00閉店/閲覧無料(飲食は有料)/☎06-4396-8778
3
2017年9月3〜18日 茶の木カバン展
2017年9月3〜18日 茶の木カバン展
9月 3 – 9月 18 全日
2017年9月3〜18日 茶の木カバン展
阿倍野のレトロビルの一室に入るギャラリーMoiで、パッチワーク柄の色鮮やかなハリスツイードの定番バッグから革小物まで、3年目の「茶の木カバン」展を開催。秋のお出かけが楽しくなる、出会いを見つけに行こう。 ギャラリーMoi (阿倍野 昭南ビル207号室)/12:30~18:00(最終日は~17:00)/入場無料/月・木曜定休/☎090-1585-1043
4
5
6
7
8
2017年9月8〜19日 ナカノカナ作品展「縫々王国2017」
2017年9月8〜19日 ナカノカナ作品展「縫々王国2017」
9月 8 – 9月 19 全日
2017年9月8〜19日 ナカノカナ作品展「縫々王国2017」
「ファンタジーは人生を豊かにする魔法」とする人形作家・ナカノカナ。ボタンの目を持つウサギのぬいぐるみたちが活躍する「縫々王国」創作5周年を記念して、アニバーサリー作品展を開催。人形作品のほか、本や雑貨も展示販売。ユーモラスなファンタジー世界“ヌイヌイワールド”へようこそ。 雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた(谷六)/12:00~19:00(日・祝日、最終日は~18:00)/入場無料/水・木曜休廊/☎06-6763-3905
9
10
11
12
2017年9月12〜30日 檀上遼 台湾旅行記「声はどこから」 写真展
2017年9月12〜30日 檀上遼 台湾旅行記「声はどこから」 写真展
9月 12 – 9月 30 全日
2017年9月12〜30日 檀上遼 台湾旅行記「声はどこから」 写真展
日本人の父と台湾生まれ香港籍の母をもつ神戸出身の檀上遼が、台湾での留学生活を、みずみずしい文章と写真で綴った「馬馬虎虎」から2年。この夏、友人と共著で出版した2冊目の台湾旅行記「声はどこから」は、台湾東部を中心とした十日間の旅の記録。新著刊行に合わせて、本書に収められた写真を展示する。 Calo Bookshop & Cafe(肥後橋)/12:00-19:00(土曜-18:00)最終日は-17:00/入場無料/日・月曜定休※9/18(月祝)は18:00まで営業/☎06-6447-4777
13
14
15
16
2017年9月16〜24日 いしの朝個展 SHE
2017年9月16〜24日 いしの朝個展 SHE
9月 16 – 9月 24 全日
2017年9月16〜24日 いしの朝個展 SHE
インディーズ出版物などニッチな本のセレクトショップ「シカク」移転跡にオープンしたギャラリー「ハッカク」で、海外で多数の展示を行う水彩画家・いしの朝の国内初個展を開催。繊細で儚げなタッチの水彩画の数々を展示・販売する。 雑貨とギャラリー ハッカク(中津3-17-12)/13:00~19:00/入場無料/火・水曜定休/☎080-4010-6203
2017年9月16日 第23回おたのしみ会クレマチス 骨董の楽しみ方 味わい方
2017年9月16日 第23回おたのしみ会クレマチス 骨董の楽しみ方 味わい方
9月 16 全日
2017年9月16日 第23回おたのしみ会クレマチス 骨董の楽しみ方 味わい方
阪急三番街・古書のまちにて、美術古書籍とギャラリーのお店「リーチアート」を経営する廣岡功氏を講師に迎え、骨董品の本物の見極め方や最近の美術業界の動向、相場などを業者の目から くわしくご紹介。あわせて、昔懐かしい着物や小物も展示する。 花外楼北浜本店(北浜1-1-14)/11:00~13:30/¥10000(税・サ込、飲み物代別)/☎06-6231-7214
17
2017年9月17日 「読書で離婚を考えた。」出版記念 トークで夫婦を考える。
2017年9月17日 「読書で離婚を考えた。」出版記念 トークで夫婦を考える。
9月 17 全日
2017年9月17日 「読書で離婚を考えた。」出版記念 トークで夫婦を考える。
芥川賞作家・円城塔とホラー作家・田辺青蛙夫婦による共著「読書で離婚を考えた。」刊行記念イベント。お互いを理解するため本を勧めあううち、2人の仲はどんどん険悪に…なぜか?ゲストに花房観音・吉村智樹夫婦を迎え、2組の作家夫婦の「本の読み方」「夫婦のかたち」を考えるトークイベント&サイン会。 ロフトプラスワンウエスト(宗右衛門町)/17:30/¥2500(要1オーダー¥500以上)/☎06-6211-5592(16:00~24:00)
18
19
20
2017年9月20日 おうぎの会
2017年9月20日 おうぎの会
9月 20 全日
2017年9月20日 おうぎの会
日本舞踊家・山村若静紀が各界のスペシャリストを招くトークショー。9月のゲストは、大阪大学医学部教授の仲野徹氏。著書やエッセイ等を多く手がけ、書評サイトHONZのレビュアーとしても活躍する、人呼んで“世界一おもろい細胞学者”。趣味は義太夫という仲野氏と、本好きの若静紀氏の対談は、刺激と笑いがたっぷり!恒例の上方舞も披露。 創元社ビル4階セミナールーム(淡路町4-3-6)/19:00~20:30/¥2500※先着50名/☎06-6231-9090
21
22
2017年9月22日 「 大阪ソースダイバー」&「いっとかな あかん神戸」刊行記念講演会
2017年9月22日 「 大阪ソースダイバー」&「いっとかな あかん神戸」刊行記念講演会
9月 22 全日
2017年9月22日 「 大阪ソースダイバー」&「いっとかな あかん神戸」刊行記念講演会
下町文化としてのソースを通して大阪(+神戸・京都)の街と店を考察した「大阪ソースダイバー」の著者・堀埜浩二氏と曽束政昭氏、「いっとかなあかん店大阪」に次いで「いっとかなあかん 神戸」を上梓した江弘毅氏の刊行記念トークイベント。「ミーツ」など関西の媒体で、街場の店を書いてきた3人が、大阪・神戸・街と店もの語り、街場の店について書くということの真髄を熱く語る! 阪急グランドビル26階会議室/18:15/チケット¥1000(チケットは紀伊國屋書店梅田本店1番カウンターにて販売)/☎06-6372-5821(サマータイム9:30~22:00)
23
2017年9月23日〜12月3日 国際巡回企画展「イセコレクション ー世界を魅了した中国陶磁」
2017年9月23日〜12月3日 国際巡回企画展「イセコレクション ー世界を魅了した中国陶磁」
9月 23 – 12月 3 全日
2017年9月23日〜12月3日 国際巡回企画展「イセコレクション ー世界を魅了した中国陶磁」
世界でもっとも注目される美術品コレクターの一人・伊勢彦信氏。氏のコレクションの真髄といえる中国陶磁の数々を紹介する国際巡回企画展を、パリの国立ギメ東洋美術館と大阪市立東洋陶磁美術館の2館で開催。ギメ東洋美術館で展示された74点をもとに、伝統と現代を併せ持った感性によって収集された戦国時代から清時代までの中国陶磁を、重要文化財2点を含めた88点でご紹介。 大阪市立東洋陶磁美術館(中之島)/9:30~17:00(入館は~16:30)/¥900(高大¥550)/休館:月曜(10/9開館)、10/10(火)/☎06-6223-0055 黒釉刻花牡丹唐草文梅瓶
24
25
26
27
28
29
30
2017年9月30日〜10月4日 椎木かなえ個展「報せ」
2017年9月30日〜10月4日 椎木かなえ個展「報せ」
9月 30 – 10月 4 全日
2017年9月30日〜10月4日 椎木かなえ個展「報せ」
NY、ソウル、香港、台北と、世界各地でのフェアを経験し、今年3月には作品集「同じ夢~Same Dream~」(アトリエサード)を刊行した椎木かなえの個展。近年の作品にしばしば描かれる電 話機のモチーフが示す「報せ」は、吉兆か凶兆かそれとも…。椎木の幻想世界を堪能しよう。 SUNABAギャラリー(中崎西1-1-6吉村ビル302)/14:00~20:00(水曜は~18:00)/入場無料/水・金曜休廊/☎080-6145-7977

関連記事

最新号のデジタルブック

オススメコンテンツ

  1. 映画・シネマ・ミニシアター

    -2017年9月の映画- 大阪で上映される今月のロードショー

    [注目映画] 新感染 ファイナル・エクスプレス 9月1日~ カンヌ国際映画祭やシッチェス…
  2. 2017年1月に開催されているマルシェ

    -2017年9月のマルシェ-

    大阪マルシェ ほんまもん (淀屋橋odona) 毎週水曜14:00~19:00 概ね近…

黒田通信

  1. kuroda2
    6月25日(日)に「大阪城トライアスロン」観戦してきました。 6月号特集でご紹介した、このビッグイ…

イベント検索

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る