2017年9月 シネ・ヌーヴォ/シネ・ヌーヴォX(九条)

映画・シネマ・ミニシアター

海の彼方

9/2~

1930年代、石垣島へ渡った台湾移民。台湾人とも日本人とも認められず時代に翻弄されたある一家の3世代にわたる人生と記憶の軌跡。88歳になる玉木玉代おばあは、長年の願いだった台湾への里帰りを果たすがー。監督:黄インイク

ミツバチのささやき

9/4~

フランコ独裁政権下で撮られた本作は、一人の少女が体験する、現実と空想の世界を描く。監督:ビクトル・エリセ

エル・スール

9/4~

内戦の記憶に囚われたスペイン、〈南〉の町から〈北〉の地へと引っ越す家族。8歳のエストレリャが過ごした“かもめの家”での暮らしが語られる…。監督:ビクトル・エリセ

荒井晴彦映画祭 70になった全身脚本家

9/2~

最新作「幼な子われらに生まれ」など数多くの名作を手がける脚本家荒井晴彦氏を関西に招き、氏の多彩な側面について捉えていく映画祭。シネ・ヌーヴォをメイン会場としてその膨大な作品群から11本の映画上映。上映後ゲストと荒井氏のトークも多数企画。

ひだまりが聴こえる(アンコール)

9/9~

難聴の大学生・航平と親友・太一の切なくも爽やかな友情を描く、文乃ゆき原作漫画を実写化。出演:多和田秀弥、小野寺晃良、三津谷亮ほか。監督:上條大輔

9/16~

「あん」の河瀨直美監督と永瀬正敏が再びタッグを組んで贈る、ラブストーリー。映画の音声ガイドの仕事に就く美佐子(水崎綾女)は、視力を失いゆく天才カメラマン雅哉(永瀬正敏)と出会う。劇中映画「その砂の行方」も上映。

2017優秀映画鑑賞会

9/16~20

「秋津温泉」(1962)、「心中天網島」(1969)、「少年」(1969)、「復習するは我にあり」(1979)

松山善三 高峰秀子 夫婦で歩んだ映画人生

9/16~

詳細は劇場HPにてご確認ください

水面のあかり

9/23~

ある大学で行われた催眠実験、前世の記憶を取り戻した雑誌記者あかり(加藤千果)。失われた記憶を辿って、あかりは京都の大山崎へ。監督:渡辺シン

関連記事

最新号のデジタルブック

オススメコンテンツ

  1. 映画・シネマ・ミニシアター

    -2017年9月の映画- 大阪で上映される今月のロードショー

    [注目映画] 新感染 ファイナル・エクスプレス 9月1日~ カンヌ国際映画祭やシッチェス…
  2. 2017年1月に開催されているマルシェ

    -2017年9月のマルシェ-

    大阪マルシェ ほんまもん (淀屋橋odona) 毎週水曜14:00~19:00 概ね近…

黒田通信

  1. kuroda2
    6月25日(日)に「大阪城トライアスロン」観戦してきました。 6月号特集でご紹介した、このビッグイ…

イベント検索

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る