2017年10月13〜15日 OFFICE SHIKA PRODUCE VOL . M 不届者

7

俳優として15年のキャリアを持ち、音楽界を今も尚、牽引し続ける松岡充(SOPHIA/MICHAEL)、朝井リョウ原作 舞台「何者」の演出、秋元康プロデュース劇団の脚本・演出と、話題作に次々と起用され演劇界を牽引する丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)がタッグを組んだ「VOL.M」第一作。松岡充演じる「徳川吉宗」の生涯と近年横行する「保険金詐欺」を題材に、江戸と平成、二つの時代を自
在に行き交い、時空を超えた不届者たちによる不届きな舞台を上演。
サンケイホールブリーゼ/13日19:00、14日①13:00②18:00、15日13:00/S¥6800、A¥5800、U-22¥4500/☎03-6265-8518(オフィス鹿)

1
2017年9月29日 Bratto coyote 「イット・ファインズ・キャッツ・アン ド・ドッグス」(~10月1日)
2017年9月29日 Bratto coyote 「イット・ファインズ・キャッツ・アン ド・ドッグス」(~10月1日)
9月 29 – 10月 1 全日
2017年9月29日 Bratto coyote 「イット・ファインズ・キャッツ・アン ド・ドッグス」(~10月1日)
「やめとけって!どうせ伝わるわけないんやから!」田舎町の平凡な街風家には、平凡な家族と平凡な犬と猫が暮らしていた。ある日、探偵が街風家の猫・サクラを捜しにやって来て、時を同じくして、サクラが失踪。大騒ぎする街風家の面々。人間と犬と猫、交わることのできない者たちの奮闘を描く。新生Bratto coyoteの待望の新作はホームドラマチックコメディ! 大阪市立芸術創造館(旭区)/ 29日19:00、30日①14:00②19:00、10月1日①13:00②17:00/¥3300/ [問]info@brattocoyote.com
2017年9月30日 謎の変奏曲(~10月1日)
2017年9月30日 謎の変奏曲(~10月1日)
9月 30 – 10月 1 全日
2017年9月30日 謎の変奏曲(~10月1日)
フランスの劇作家シュミットの最高傑作!橋爪功、井上芳雄が演じる、ある二人の男たちの軽妙なやりとりと緊張感のある会話は時におかしく、時に切なく、スリリングな展開によって二人の立場は変化していく、心理ゲーム。一人の女性を中心とした男たちの物語は、やがて衝撃的なクライマックスへ!翻訳:岩切正一郎、演出:森新太郎 サンケイホールブリーゼ(西梅田)/30日①13:00②17:30、10月1日①13:00/ ¥8800/☎06-6341-8888(11:00~18:00)
2017年10月1〜31日 道頓堀ZAZAお笑いライブ
2017年10月1〜31日 道頓堀ZAZAお笑いライブ
10月 1 – 10月 31 全日
2017年10月1〜31日 道頓堀ZAZAお笑いライブ
30分500円で楽しめるお笑いライブを、くいだおれ太郎人形が目印の地下劇場「道頓堀ZAZAPOCKET’S」で毎日開催!大阪を中心に活動している勢いのある、おもろい芸人たちを集めた、コスパの良いお笑いライブ。フリー大阪観光にもうってつけ。漫才あり!コントあり!の若手芸人によるお笑いライブが間近で見られるのはここだけ! 道頓堀ZAZA POCKET’S(中座くいだおれビル地下1階)/①11:30②12:30③13:30④14:30⑤15:30/¥500/10月は無休/☎06-6212-3005
2
3
4
5
6
2017年10月6日 Music Stage アンサンブル・ウィーン=ベルリン
2017年10月6日 Music Stage アンサンブル・ウィーン=ベルリン
10月 6 全日
2017年10月6日 Music Stage アンサンブル・ウィーン=ベルリン
卓越した技術と音楽性で世界じゅうの音楽ファンを楽しませ続けている、名門オーケストラの首席奏者たちによる木管五重奏団。多彩な曲目で、このジャンルの名曲を贈る。ツェムリンスキー:ユモレスク、バルトーク:ルーマニア民俗舞曲BB68、ヒンデミット:小室内音楽op.24‐2、リゲティ:6つのバガテルほか いずみホール(大阪城公園)/19:00/S¥7000、A¥5000、学生¥3500/☎06-6944-1188(10:00~17:30日祝休業)
7
2017年10月7〜15日 わ芝居~その壱「カラサワギ」
2017年10月7〜15日 わ芝居~その壱「カラサワギ」
10月 7 – 10月 15 全日
2017年10月7〜15日 わ芝居~その壱「カラサワギ」
歌舞伎、文楽、狂言、落語界との交流があるわかぎゑふが、故桂吉朝師匠と温めていた構想を13回忌を迎えるにあたり実現。わかぎゑふ新作人情噺を「芝居バージョン」と「落語バージョン」で別々に上演。ひとつの噺がどう転ぶか?新感覚の本格的小型時代劇。落語:桂吉弥、笑福亭銀瓶、芝居:リリパットアーミーⅡ劇団員ほか、企画・制作玉造小劇店 ウイングフィールド(東心斎橋2-1-27周防町ウイング6F)/土日祝①14:00②18:00、平日③19:00(落語:7・9・14日②、8日①、13日③芝居:7・9・14・15日①、8日②、10~12日③)/¥4000/☎06-6944-3380
2017年10月7〜9日 大阪城本丸薪能2017
2017年10月7〜9日 大阪城本丸薪能2017
10月 7 – 10月 9 全日
2017年10月7〜9日 大阪城本丸薪能2017
かがり火が幻想的に彩る大阪城天守閣を背景に、秀吉が愛したといわれる能を楽しむ特別な3日間。演目は7日:能「羽衣」(観世清和)、狂言「末広がり」(野村萬斎)、半能「石橋」(大槻文藏、大槻裕一)、8日:狂言「呼声」(野村萬斎)、能「俊寛」(大槻文藏)、能「大江山」(大槻裕一)、9日:半能「井筒」(大槻文藏)、狂言「棒縛」(野村萬斎)、能「大会」(大槻裕一) 大阪城本丸広場特設能会場/各日18:00~20:30予定/VIP¥15000、S¥10000/☎0570-200-888(キョードーインフォメーション10:00~18:00)※雨天時の中止及び決行については当日14時に公式HPにて発表、中止の際は当日大槻能楽堂にて振替公演を実施
2017年10月7日 せんば鎮守の杜芸術祭・音楽祭2017 (船場deオペラ)
2017年10月7日 せんば鎮守の杜芸術祭・音楽祭2017 (船場deオペラ)
10月 7 全日
2017年10月7日 せんば鎮守の杜芸術祭・音楽祭2017 (船場deオペラ)
坐摩神社境内を舞台に、今年で12回目を迎える船場deオペラ。昼は地元の音楽団体・若手オペラ歌手による音楽祭、夜の芸術祭は、関西を代表する若手実力派によるオペラ&バレエのかがり火コンサート「椿姫」を上演。境内で開催中のマルシェも楽しめる!船場まつり2017(P09)関連プログラム。 坐摩神社(本町)/音楽祭12:00~16:30、芸術祭18:00~20:30/音楽祭入場無料、芸術祭¥3900/☎06-6251-4792(坐摩神社)
8
9
10
11
2017年10月11日 マイバックペイジズ講談会
2017年10月11日 マイバックペイジズ講談会
10月 11 全日
2017年10月11日 マイバックペイジズ講談会
“講談”という“気持ちいい語り芸”、「知らないことを知る」たのしみがココにある!玉田玉秀斎による3ヶ月に一度の講談会。今回のネタは「無筆の出世」ある一人の男。働き者だが、無筆者。そ の為に危うく命を落としそうになるものの、何とか命を長らえた、その後の人生や如何に…。 洋服屋 セントオーディン(京町堀1-13-2藤原ビルディング2F)/19:00/¥2500(1Dri+おつまみ付)/☎06-6459-2377
12
13
2017年10月13〜15日 OFFICE SHIKA PRODUCE VOL . M 不届者
2017年10月13〜15日 OFFICE SHIKA PRODUCE VOL . M 不届者
10月 13 – 10月 15 全日
2017年10月13〜15日 OFFICE SHIKA PRODUCE VOL . M 不届者
俳優として15年のキャリアを持ち、音楽界を今も尚、牽引し続ける松岡充(SOPHIA/MICHAEL)、朝井リョウ原作 舞台「何者」の演出、秋元康プロデュース劇団の脚本・演出と、話題作に次々と起用され演劇界を牽引する丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)がタッグを組んだ「VOL.M」第一作。松岡充演じる「徳川吉宗」の生涯と近年横行する「保険金詐欺」を題材に、江戸と平成、二つの時代を自 在に行き交い、時空を超えた不届者たちによる不届きな舞台を上演。 サンケイホールブリーゼ/13日19:00、14日①13:00②18:00、15日13:00/S¥6800、A¥5800、U-22¥4500/☎03-6265-8518(オフィス鹿)
2017年10月13〜15日 人形劇団クラルテ第116回公演 「ハムレット」
2017年10月13〜15日 人形劇団クラルテ第116回公演 「ハムレット」
10月 13 – 10月 15 全日
2017年10月13〜15日 人形劇団クラルテ第116回公演 「ハムレット」
人形劇団クラルテが、デンマーク国王の死から始まる王子ハムレットの苦悩を描くシェイクスピアの名作「ハムレット」を近鉄アート館で上演。人形芝居だからこそ表現できる世界、人間の本質、生と死。命を持たない人形の表情に動きに感情が浮かび上がる。 近鉄アート館(あべのハルカス近鉄本店ウイング階8階)/13日19:00、14日15:00、15日①11:00②15:00/¥4000(65歳以上¥3500、U-25¥3000)未就学児入場不可※事前予約は¥500引き/☎06-6685-5601(10:00~17:30 日祝休)
2017年10月13日 ミステリーな落語会
2017年10月13日 ミステリーな落語会
10月 13 全日
2017年10月13日 ミステリーな落語会
今年4月に天満天神繁昌亭で行われた「ミステリー落語会」第二弾。とある、孤島のお屋敷に招待された落語家たち。謎の人物Xの指示により、笑わさないと死を迎えると言う、死の落語会が開催され…と言う、ストーリーに乗っ取って、落語会が進行。それぞれの落語と、合間の小芝居を楽しめる異色の落語会。出演:桂米紫、桂しん吉、桂小鯛、月亭天使ほか。 天満天神繁昌亭(南森町)/19:00/¥2500、大学¥2000、小中高¥1500/☎06-6333-4800(留守電・ファックスのみ)
14
2017年10月14日 咲くやこの花コレクション 「女義太夫の会 はじめての義太夫ワ ークショップ」
2017年10月14日 咲くやこの花コレクション 「女義太夫の会 はじめての義太夫ワ ークショップ」
10月 14 全日
2017年10月14日 咲くやこの花コレクション 「女義太夫の会 はじめての義太夫ワ ークショップ」
歴代の咲くやこの花賞受賞者による咲くやこの花コレクション。日本が誇る伝統芸能 義太夫(語りと三味線)を、気軽に楽しめる、初心者向けの体験講座。三味線の貸し出しもあり。講師は、太夫の竹本住蝶、竹本雛子、三味線の豊澤住輔、豊澤雛文。 SPACE9(あべのハルカス近鉄本店ウイング館9階)/①13:00(三味線コース)②15:00(語りコース)/①¥3000、②¥2000、①②共¥4500/☎06‐6372‐6707(平日10:00~17:30)
2017年10月14日 東西名流舞踊鑑賞会
2017年10月14日 東西名流舞踊鑑賞会
10月 14 全日
2017年10月14日 東西名流舞踊鑑賞会
上方と江戸、それぞれの風俗や情景を描いた作品を通じて舞踊の魅力に迫る東西名流舞踊鑑賞会。今年の秋も国立文楽劇場に日本舞踊界の第一線で活躍する東西の名手が国立文楽劇場に集う。上方四流(井上、楳茂都、山村、吉村)と東京を代表する舞踊家の競演をお楽しみに。 国立文楽劇場(日本橋)/①13:00②16:30/¥6700、学生¥4700、①②セット¥11400/☎0570-07-9900(国立文楽劇場チケットセンター)
15
2017年10月15日 法村友井バレエ団創立80周年公演 『赤き死の舞踏』『騎兵隊の休息』 『未来へ』
2017年10月15日 法村友井バレエ団創立80周年公演 『赤き死の舞踏』『騎兵隊の休息』 『未来へ』
10月 15 全日
2017年10月15日 法村友井バレエ団創立80周年公演 『赤き死の舞踏』『騎兵隊の休息』 『未来へ』
創立80周年記念公演は、エドガー・アラン・ポー原作“赤き死の仮面”をバレエ化、1956年初演のオリジナル作品『赤き死の舞踏』を奇才の振付家・篠原聖一氏による新振付でお届け。中世期におけるヨーロッパの貴族社会と民衆との対立、その底を流れるヒューマニズムを原作に忠実に表現。2003年のロシア公演で好評を博した「騎兵隊の休息」やスメタナの『モルダウ』(わが祖国)を創立80周年の祝祭曲として演出・構成する新作も。 フェスティバルホール(中之島)/S¥8500、A¥7500、B¥6500、BOX¥11000(全席指定・税込)/18:30/☎06-6231-2221(10:00~18:00)
16
17
2017年10月17〜23日 劇団子供鉅人「チョップ、ギロチン、 垂直落下」
2017年10月17〜23日 劇団子供鉅人「チョップ、ギロチン、 垂直落下」
10月 17 – 10月 23 全日
2017年10月17〜23日 劇団子供鉅人「チョップ、ギロチン、 垂直落下」
劇団子供鉅人の新作は、「仮面ライダードライブ」でヒロインを務めた“だーりお”こと内田理央と、「パーマ屋スミレ」出演の星野園美を迎え、プロレスを描いた演劇ではなく、演劇をプロレスで描く意欲作!女子プロレスラー、マンモス稲子はリングのコーナーポストから垂直落下し、謎の自殺を遂げた。彼女をめぐる女子レスラーたちの「生きること」への復讐と再生の物語。女子プロレスラーたちによる愛と涙の群像劇「戦う相手は人生だ!!!」。作・演出:益山貴司 HEP HALL(梅田)/17~20日19:30、21~23日14:00(21のみ19:00回あり)/¥4500/[問]contact@kodomokyojin.com
18
19
2017年10月19・20日 大阪フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会
2017年10月19・20日 大阪フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会
10月 19 – 10月 20 全日
2017年10月19・20日 大阪フィルハーモニー交響楽団 第512回定期演奏会
大阪フィルとは何度も名演を重ねてきたエリシュカ。今回で最後の来日となるマエストロが選んだのは、祖国チェコを代表する作曲家・ドヴォルザーク・プログラム。アメリカ大陸発見400年祭のために書かれた「テ・デウム」を聴けるのは貴重な機会。 フェスティバルホール(中之島)/両日19:00/A¥6000、B¥5000、C¥4000、25歳以下学生席¥1000、BOX¥7000(全席指定・税込)/☎06-6656-4890(大阪フィル・チケットセンター)
20
21
2017年10月21日 第24回おたのしみ会クレマチス
2017年10月21日 第24回おたのしみ会クレマチス
10月 21 全日
2017年10月21日 第24回おたのしみ会クレマチス
浪曲師・真山隼人、曲師・沢村さくらを講師に迎え、「浪曲とは」「浪曲師、曲師の役割について」などをレクチャー&浪曲1席を披露。浪曲界の若手のホープ真山隼人と、浪曲の曲師という枠を 飛び越えて他の芸能との共演などを試みる沢村さくらの組合せに、乞うご期待。 花外楼北浜本店/11:00~13:30/¥10000(税・サ込)食事代込み・お飲み物代別途/☎06-6231-7214
22
23
24
25
26
27
28
2017年10月28・29日 べろべろガンキュウ女2nd season vol4(13)「桜の園」
2017年10月28・29日 べろべろガンキュウ女2nd season vol4(13)「桜の園」
10月 28 – 10月 29 全日
2017年10月28・29日 べろべろガンキュウ女2nd season vol4(13)「桜の園」
今、最も関西で勢いのある劇団のひとつ「べろべろガンキュウ女」が、念願のチェーホフ作品を満を持して上演!“静か系エログロナンセンスを目指す”べろガンによる、若手劇団らしく、若い俳優を集めた、現代人の現代人による現代人のための「桜の園」を見よ! シアトリカル應典院(谷九)/28日①11:00②15:00③19:00、29日①12:00②16:00/¥3000/[問]beroberoeys@gmail.com
2017年10月28日 初心者のための上方伝統芸能ナイト
2017年10月28日 初心者のための上方伝統芸能ナイト
10月 28 全日
2017年10月28日 初心者のための上方伝統芸能ナイト
さまざまな上方伝統芸能のハイライトシーンを上演する人気の公演。10月は体験コーナーのかわりに「落楽」を実施。文楽人形と落語家が舞台の上でナイショのお話しをするという、ユニークな「文楽人形裏表噺」(作:小佐田定雄・くまざわあかね)。ほか演目: 「女道楽」内海英華、落語「豊竹屋」桂かい枝、文楽「伊達娘恋緋鹿子 お七火の見櫓の段」豊竹亘太夫・鶴澤清志郎・鶴澤清公・吉田一輔ほか 山本能楽堂(谷四)/18:00/正面¥4500、ワキ・2階¥3000/☎06-6943-9454
2017年10月28日 襲名二十周年記念 三代目林家染二独演会
2017年10月28日 襲名二十周年記念 三代目林家染二独演会
10月 28 全日
2017年10月28日 襲名二十周年記念 三代目林家染二独演会
「一度観たら忘れない!」笑いと心あたたまる落語で人気の林家染二。三代目を襲名して20周年の集大成公演!昼の部は「貧乏神」「胴乱の幸助」。夜の部は「幽霊の辻」「文七元結」。ゲストは音楽漫才めおと楽団ジキジキ、林家染吉。落語デビューの方にもおすすめ。 エルセラーンホール(ホテルエルセラーン大阪5階:堂島1-5-25)/①14:00②18:00/¥3500/☎06-7850-8848(11:00~18:00)
29
2017年10月29日 オオサカ・シオン・ウインド・オーケ ストラ 西村友正指揮者就任記念 第118回定期演奏会
2017年10月29日 オオサカ・シオン・ウインド・オーケ ストラ 西村友正指揮者就任記念 第118回定期演奏会
10月 29 全日
2017年10月29日 オオサカ・シオン・ウインド・オーケ ストラ 西村友正指揮者就任記念 第118回定期演奏会
“ダンスの競演”と題して、吹奏楽界からC.T.スミス「華麗なる舞曲」、P.スパーク「ダンス・ムーヴメンツ」の2曲を、クラシック界からS.V.ラフマニノフ「交響的舞曲」とオール・ダンス・プログラムでお贈りする。正指揮者西村とシオンとの初定期演奏会の熱い演奏に期待! ザ・シンフォニーホール(福島)/S¥5000、A¥4000、B¥3000、ペア¥7000(全席指定・税込)/14:00/☎0800-919-5508(フリーコール 日祝を除く10:00~17:30)
2017年10月29日 こども劇場 人形劇 「しろくまくんどこへ?」
2017年10月29日 こども劇場 人形劇 「しろくまくんどこへ?」
10月 29 全日
2017年10月29日 こども劇場 人形劇 「しろくまくんどこへ?」
子ども達が新しいことを発見していく喜び、友達が出来た時の喜び、その体験一つ一つを積み重ねてたくましく成長していく姿を描いた、心温まる人形劇作品。ファミリーで楽しもう。※3歳未満入場不可 大阪市立こども文化センター(西九条・クレオ大阪西内)/14:00~15:00/¥1000、3歳~中学生¥500(事前申込み、受付完了通知持参のうえ当日支払い)/☎06-6460-7800
2017年10月29日 流流10周年year 長野友美企画 「まひるまのHidden」
2017年10月29日 流流10周年year 長野友美企画 「まひるまのHidden」
10月 29 全日
2017年10月29日 流流10周年year 長野友美企画 「まひるまのHidden」
京都のシンガーソングライター長野友美による企画。2017年ミディレコードから発売された3rdアルバム「時のたてがみをつかんで」はレコーディング場所として流流が使用されている、その同場所でアルバム収録曲のライブ演奏をおこなう。その他トークコーナーなどもあり。出演:長野友美、松阪崇久、岡林りえ 流流(阿倍野区丸山通1-2-2)/15:00/¥2500(1Dri&プレゼント付)/☎06-6656-8184
30
31

関連記事

最新号のデジタルブック

オススメコンテンツ

  1. 映画・シネマ・ミニシアター

    -2017年10月の映画- 大阪で上映される今月のロードショー

    [注目映画] 光と禿 10月7日~ 新進気鋭の映画監督とアーティストのコラボレーションに…
  2. 2017年1月に開催されているマルシェ

    -2017年10月のマルシェ-

    大阪マルシェ ほんまもん (淀屋橋odona) 毎週水曜14:00~19:00 概ね近…

黒田通信

  1. kuroda2
    2017年7月11日(火)、九条の映画館シネ・ヌーヴォに、俳優・仲代達矢さんが緊急来館され、舞台挨拶…

大阪の天気予報

ページ上部へ戻る